「いつもと違う」で不安になる

先週、家族でいつものファミレスに行きました。
サラダバーやドリンクバーが有って、双子もお気に入りの店です。

たまたまその時間は、店内がいつもより混んでいたようで
店員さんが通してくれた席はいつもと違っていました。
ちょっとした小部屋のようになっていて、
4人掛けテーブルが3つだけ有る、というスペースでした。

「そこからだとサラダバーやドリンクバーがちょっと遠いな・・・」とは思いましたが、
「混んでるなら仕方ないし、まぁ、いいか」と私と夫は了承しました。

しかし、双子は違ったようです。いつもと違う!( ゚Д゚)って思ってたよう。

二人ともいつもよりさらに落ち着きがない。
よって、メニューも選べない。
サラダやドリンクを取りに行くと、過去に座ったことのある席に座ろうとする(!)、等々。

何度「今日はこの席なんだよ」と教えても、ダメでした。

私とはす向かいに座っていた次男は、特に不安が強くて
テーブル越しに、私の手を握って離さない・・・(苦笑)。

次男のその目は切羽詰まっていて、必死に私に不安感を訴えかけているようでした。

あぁ、言葉で自分の気持ちを上手に表現できない子って辛いな。
言葉で伝えられたら、それだけでも少しは気持ちを消化できるのにね。
ヨシヨシしたり、手をぎゅっと強く握ったりして、次男を励ましてやりました。


他のテーブルが空くまで待つ、ということももちろん出来たけれど、
「静かに待つ」というのも苦手な子達です・・・。

それに、
「いつもと同じ店だって、いつもと違う席に通されることも有る」ということを
彼らも親も学ぶ、いい機会になりました。

きっと、次にまたあの席に通されたら
多分、その時は双子も落ち着いていつも通りに過ごせる気がします。
『あ、ココ、前にも座ったな』って。

もしくは「ココ、違う~!」って嫌がって、双子があの席を拒否するとか(苦笑)。
もちろん、それも良し!です。
選択できるってことも大事。

そうやって少しずつ、彼らの「いつもの」のバリエーションが増えていけば、
生活の質も上がるし、きっと今後も生きていきやすくなることでしょう。

「いつもの」を増やすにあたって発生してしまう彼らの不安感は・・・
うん! 私が生きているうちはなんとか受け止めよう~!o(^-^)o


明日は療育園の卒園児イベント♪
皆でいちご狩りに行く予定。楽しみです。(*^-^*)

いつも来て下さって、ありがとうございます。


にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村


自閉症児育児 ブログランキングへ



     
スポンサーサイト

テーマ: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) | ジャンル: 育児

見通しを持つ!

今年度の小学校の給食が早くも終了してしまいました。
終業式までは、短縮授業なので
下校後は弁当持参でデイサービスに行く日々の双子。

短縮授業の最初の日だった、先週の朝のこと。
私が朝からお弁当を作っているのをキッチンで確認する二人。
でも、最近は決してお弁当からはつまみ食いしなくなりました。偉いっ!

登校準備を終えて、さぁ、小学校行くよー!という段階で、
玄関にランドセルが用意されているのを見たとたんに、次男がパニクりました。

次男は泣きながら、ランドセルをリビングに持ってきてしまいます。

そして、それを見て焦った長男(小学校行く気まんまん)は、
リビングからランドセルをまた玄関に運びます。

パニクっている次男は、またランドセルをリビングに・・・。

えーっと・・・
このまま二人を放っておくと、延々とこれが続いてしまいそうな我が家(笑)。
なので、私が介入して強制終了!

「はい、小学校行きます!」と高らかに宣言する私。
次男はグズグズな状態で登校、となりました。



ここまでは先週も書いた内容ですが、今日はその続きの話を書きます。

先週の支援の失敗もふまえて、私は
三連休の最後の夜のうちに、子供達に予定を刷り込んでおこうと考えました。

ホワイトボードにひらがなで、

・ あさ8じ、しょうがっこうに いきます。
・ 11じ30ぷん、でいさーびすに いきます。
・ でいさーびすで おべんとうを たべます。

と書いて、寝る前の本人達に音読をさせてから臨んだ翌朝。

結果。

どっちの子もパニクリませんでしたー!\(^o^)/


親としては準備がちょっとだけ面倒だとしても、
これは、彼らにとっては、やってあげた方が良かった支援だったのね~!

長男よりも知的に遅れが大きい次男に合わせてやってみた支援だけれども、
長男にとっても「わかっているけど、より理解する」ということになり、
結果として、二人にとってもすごく良かったし、

何より、どっちの子もパニクらないで登校できて、私自身が楽でした!


自閉っ子達に『見通しを持たせる』ことの大切さを、とても実感した出来事でした。



以下のいずれかのボタンを押して下さると、
私の更新のモチベーションがちょっぴりアップするかも知れません。(*^-^*)

いつも来て下さって、ありがとうございます。


にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村


自閉症児育児 ブログランキングへ



     

テーマ: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) | ジャンル: 育児

限界でチーン・・・と無になる母

双子があまりにうるさくして私の限界点を超えると、
私の中の怒りメーターは振り切れて「チーン・・・」と無になります。

そうなると、双子がどんなに絡んできても相手にしない。
無表情で、スルー。
私はただ、黙々と家事を遂行するだけ。
子供達を完全無視です。

怒りメーターが振り切れてからの方が、仕事がはかどるはかどる!(笑)。

先日の朝も私はこの状態になって、
私はひたすら登校準備を進めておりました。

お口が多動の次男は、それでもめげずに
コマーシャルばっかり言って、私にも反応を求めてきます。

サワーズ、はちみつきんかんのど飴、のど黒飴などなどエンドレス状態。
「お前はノーベル(メーカー)の回し者かっ!?」と言いたくなりますけど、
そこはガマン、ガマン。
怒りメーターが振り切れてる私は、反応しません。


そしたら、次男が私の顔を下から覗き込んで

「・・・元気ですかー?」

ですって。


だ、だめだー!
ついつい、笑って反応してしまいました!(笑)。


ようちゃん。
ママは元気だけど、
君のお口の多動にちょっと疲れただけですよ。


以下のいずれかのボタンを押して下さると、
私の更新のモチベーションがちょっぴりアップするかも知れません。(*^-^*)

いつも来て下さって、ありがとうございます。


にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村


自閉症児育児 ブログランキングへ



     

テーマ: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) | ジャンル: 育児