FC2ブログ

漢方薬を増やして様子見。

ようちゃんがなんだか冬にしては睡眠も情緒も不安定だったり、
それのあおりを食らって
たいちゃんの耳塞ぎやおどおどした態度が増えたことが気になって、
漢方薬(抑肝散)を今までの1.5倍にして様子を見ています。

一年半前。
抑肝散を飲み始める前は、漢方薬って西洋薬とは違って、
飲み始めてから効果を感じるまで日数がかかるかな?と思っていたのですが
ウチの双子には意外にも飲んですぐに手ごたえを感じたので、
きっとすごく体質に合っていたんだと思います。 ※過去記事→「漢方薬、飲んでみたら」

転院した時に薬剤師さんが言ったように、
双子の体重からしたら大人の一包(2.5g)も適正量ではあるのですが、
  ※関連過去記事→「病院の薬剤師さん」
 
なにせ抑肝散は飲み始めてすぐあれだけビシッと効果を感じただけに、
いきなりの二倍(大人の一包2.5g)に増やすのはちょっと心配で・・・。
とりあえず、今までの1.5倍でここ数日は様子を見ています。

今週は抑肝散を増やしたことで、少し情緒が安定しているように見受けられます。
たいちゃんの耳塞ぎが目立たなくなったし、
二人とも学習プリントの質、量ともに上がったように思います。
学校でも、二人とも先週よりも落ち着いて過ごせているようです。

今日の休み時間中、バランスボールに乗っているようちゃんの周囲に、
通常級から遊びに来ていた2年生たちが数人居たのですが、
それを離れたところから眺めながら、
「先週までのようちゃんだったら、そばに他の子が居ると手が出るんじゃないかと
ヒヤヒヤしてこんなふうには放っておけなかったけど、今週は安心して見ていられます」
と桜木先生。
ウチの双子、いつも本当にお手数をおかけする子達ですみません・・・。

抑肝散の処方はもともと医師から2倍で出されていたぐらいだから、
私が今回1.5倍にしたところで何も問題は無いんだけど、
次回の診察時には抑肝散増量の経緯とその結果を報告することにします。


以下のボタンを押して下さると、
更新する励みになります! o(^-^)o

いつも来て下さって、ありがとうございます。


にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村


自閉症児育児 ブログランキングへ



     
スポンサーサイト



テーマ: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) | ジャンル: 育児

病院の薬剤師さん

双子は去年、大変な苦労をして通院先を変えまして、
(転院の苦労話は過去記事にいくつも有ります)
今は大きな病院に二ヶ月に一回行って、お薬を処方してもらっています。

転院した際、「今までリスパダールと抑肝散を出されてました」と伝えたら、
リスパダールは今までの量でしたが、抑肝散は倍の量で出されてしまい、
帰宅後に「あらー」と困りました。

しばらくの間は、一袋の抑肝散を半分ずつに分けて飲ませていましたが、
やはりとても不便だったので、病院に電話して
「今回もらった抑肝散を次回に持参したら、分包してもらえますか?」と
確認することにしました。

薬剤部に電話がまわされて、電話に出たのが薬剤師の岩合さん(女性)。
岩合さんは実は以前の記事にも登場しています。→ 「ピルカッターの話」

岩合さんは私の話を聞いたうえで
「なるほど、そういうことですね。
ここからは薬剤部からの意見ですが、体重に対しての今回の抑肝散の処方は
決して多すぎるというものではありませんので、
差し支えなければそのまま一包服用されていっても良いかなと思います」
と言いました。

控え目に、でも
プロとして言うべきことは言うという彼女の姿勢に、私はとても好感が持てました。

私も
「はい、もちろん体重に対して処方が多すぎるとは思っていませんが、
西洋薬に比べるとやはり漢方は量が多くて飲みにくいですし、
うちの子達には今までの量で充分効果を得られていると感じているので、
やはり今後も今までの量で飲ませていきたいんです」と答えました。

「しかもウチは双子で、それぞれにちょうど半分に分けて飲ませるというのが
特に朝の忙しい時間にはなかなか手間かかかってしまって・・・」
と伝えると、岩合さんは
「あら、ウチも双子なんですよ。双子、大変ですよね。
小さいうちは大変ですけど、大きくなったら楽になりますから!」と
励ましてくれました。

私が苦笑しつつ
「薬剤師さんのところも双子なんですかー!
でも残念ながらウチの子達は二人とも障害児なんで(苦笑)、
大きくなってもそんなに楽にならないような気がします~(^_^; 」と言うと、

真面目に「それはそれは・・・私、大変失礼なことを申しました!」と
謝罪されてしまいました。
全然いいのにー(笑)。


そんな出来事があったせいもあり、
岩合さんにも私のことは知っていただけて、
その後も病院に行くたびに、とても誠実に対応してくださるのでありがたいです。
今まで出会った薬剤師さんが皆さんとても良い方ばかりなので、
私は薬剤師さんって素晴らしいお仕事だなぁと思うようになりました。


私は、どんな仕事でも自分の仕事にプロ意識を持って仕事をする人が大好きです。
自分自身もそうでありたいと思います。


薬剤師さん三部作はこれで、おーしーまいっ!



以下のボタンを押して下さると、
更新する励みになります! o(^-^)o

いつも来て下さって、ありがとうございます。


にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村


自閉症児育児 ブログランキングへ



     

テーマ: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) | ジャンル: 育児

耳鼻科の隣のお兄さん薬剤師さん

昨日はドラマ「アンサング・シンデレラ」を初めてリアルタイムで見ました。
今までは録画で一気見、してました。
このドラマ、面白いですよ。


ウチの双子のお薬は朝夕のリスパダールと抑肝散ですが、
これを二ヶ月分となると、お薬はかなりどっさりの量になるわけで
調剤薬局の窓口で処方箋を出して待つと、すんごく待たないとならないのです。
ということで、病院から調剤薬局に処方箋をFAXしておいてもらって、
数日後に私が出来上がった薬を受け取りに行く、というやり方にしていました。
ウチの双子の薬は量が多いから、
他のお客さんの合間合間に、ちょっとずつ分包していたのだそうです。
だから数日後の受け取りね。

転院した今は、大きな病院だから院内調剤なのです。だから待ち時間が長い。
病院の大きな分包機は、町の薬局の4倍ぐらいの速さらしいのですが、
大きな分包機でガシャンガシャンやってもらっても、それでも軽く40分は待つなー。

前回の記事の、小児科の隣の薬局にはリスパダールが置いてなくて、
調剤薬局ジプシーして、耳鼻科の隣の薬局に辿り着きました。

そこに居るおにいさん薬剤師さんも、とてもまじめな仕事ぶりの方で、
今は亡きジイジの薬についてまで、当時は相談に乗ってもらったりもしました。

今年の1月、私の大病疑惑の時も、
がんセンターから処方された処方箋を持って行ったら、
とても親身になって相談に乗ってくれました。

「この病気は症状によって、いくつものタイプの薬が有りますから、
処方薬が変更になった場合でも、
それがもしここに無ければ半日で取り寄せますから、安心してくださいね!」
って言ってくれて、とても心強かったなぁ。


私の知ってる薬剤師さんは、みんな良い人ばっかりです(*^-^*)
次の記事で、薬剤師さんシリーズは完結予定です。


来週のドラマ「アンサング・シンデレラ」も楽しみ☆



以下のボタンを押して下さると、
更新する励みになります! o(^-^)o

いつも来て下さって、ありがとうございます。


にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村


自閉症児育児 ブログランキングへ



    

テーマ: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) | ジャンル: 育児

小児科の隣のおじさん薬剤師さん

双子は児童精神科でリスパダールと抑肝散が処方されています。
きっと、一生、双子は
何かしらのお薬と付き合っていかなくてはならないのだと思っています。
だから、薬剤師さんともずっとお付き合いが続きます。

今やってるドラマ「アンサング・シンデレラ」は病院薬剤師のお話で、
いつも楽しく見ています。

今まで、三人の薬剤師さんとお付き合いがありました。
小児科のお隣の薬局の、おじさん薬剤師さんと、
耳鼻科のお隣の薬局の、お兄さん薬剤師さんと、
精神科病院薬剤師の、女性薬剤師の岩合さん。
どなたも仕事に責任感を持ってあたられているのを感じる薬剤師さんばかりで、
私は薬剤師という職業の方にとても良い印象を持っています。

小児科のお隣のおじさん薬剤師さんは、過去にもこのブログに登場してます。
小児科の処方箋を持って行くと、
「なにー、今日はどうしたの? 熱?」とかにこやかに訊きながら、
私の説明する子供の症状を、毎回ささっとメモされています。


6年ほど前のこと。
38.5℃の発熱している次男が家から脱走して、
警察出動までしてもらって大捜索して、
見つかったファミマまでパトカーで迎えに行って、
パトカーで自宅まで送ってもらって、
なんとか小児科の予約の時間にギリギリ間に合った!ということがありました。

診察後、おじさん薬剤師さんの薬局に処方箋を出しながら、
「もー! 今日はめっちゃ大変だったのー!
この子が38.5℃も有るのに大脱走して、大捜索の後、警察に保護されて、
パトカーで帰ってきて、小児科の予約時間ギリギリ間に合ったのー!」
と私が盛大に愚痴ったら、
おじさん薬剤師さんはいつものようににこやかに
「で、今の話、どこまでが冗談で、どこからがホント?」と言うもんだから
「ぜーんぶ、ホント!」と私がやや怒って答えると、ビックリしてました(笑)。

双子が大きくなって、最近はめっきり風邪もひかなくなり、
かかりつけの小児科にも滅多に行くことが無くなりました。


あのにこやかなおじさん薬剤師さんに会う機会も無くなってしまったけれど、
あの大変だった双子の幼児期のエピソードを、
半泣きだった私と一緒に、目を丸くして聴いて寄り添ってくれた人が居たという記憶は
今も私の心をあたたかくしてくれます。

あの薬局の前を車で通り過ぎるたびに、いつも思い出します。



以下のボタンを押して下さると、
更新する励みになります! o(^-^)o

いつも来て下さって、ありがとうございます。


にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村


自閉症児育児 ブログランキングへ



     

テーマ: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) | ジャンル: 育児

これ、すごく便利☆

子供たちの児童精神科、去年転院したのですが、
今度のところは大人の人も診る、入院病床もある大きな病院です。

そのせいか、薬もわりと遠慮無く(笑)がっつり出ます。

初診の時に紹介状を持って行き、
「あ、前の先生はロゼレムも出されてましたー」と医師にお伝えしたら、
「はーい、じゃあ出しておきまーす」と言われて、出されたのが
ロゼレムがっつり一錠。
抑肝散も大人の一包そのまま。

前の医師は、
抑肝散は半包、ロゼレム一錠を四分の一ずつの分包で処方してくれてて、
「ロゼレムは足りないなとお母さんが感じるようなら、足せばいいから」というやり方でしたので、
一錠丸々で出されてビックリしたのを覚えています。

抑肝散は最初は仕方なく私が半分ずつにして双子に投薬していたのですが、
やっぱり面倒くさくって、次に病院に行った時に半分に分包し直してもらうことにしました。

ロゼレム錠も分包してもらおうかと思ったけど、
そうすると院内処方の調剤待ちの時間がもーっと長くなっちゃうので迷っていました。

そしたら、先日ふらりと入った100均ですごーく良い商品を見つけちゃいました!
これです。
15960824120.jpeg ピルカッター。蓋の裏にカッターの刃が付いています。 

15960824660.jpeg 大きな粒でも小さな粒でも、半分に割れます。

先月からは、これでロゼレムを半分に割って、飲ませています。


病院の薬剤師さんにこれを見せてあげたら、
「こんな良いのが100均に有るんですか!?
これは良いことを教えていただきました。m(_ _)m 」
と感謝されました。

ただし、薬剤師さんに聞いた話では
薬によっては半分に割ってしまうことで
全く薬効が無くなってしまうものや、胃を荒らしてしまうものも有るそうなので、
ピルカッターを使う前に医師や薬剤師さんにご相談ください。


以下のボタンを押して下さると、
更新する励みになります! o(^-^)o

いつも来て下さって、ありがとうございます。


にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村


自閉症児育児 ブログランキングへ



     

テーマ: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) | ジャンル: 育児