運動会練習後に荒れた双子

私が子供の頃は運動会って秋だったけど、
最近の小学校って春のところが多いんですね。
ただいま、双子の通う小学校も運動会練習を毎日しております。

登校したらすぐに、赤白帽子をかぶって運動場へ~。
月曜日は朝礼からそのまま、一時間目も運動会練習へ突入!とか、
学年によっては二時間目も連続で!とか、
とにかく小学校のこの時期は運動会練習が多いです。

振り返れば、入学してすぐの5月。大変だったなぁ・・・・。



初めての運動会だったので
一年生の今頃は、家庭内で本当に大変でした・・・。
運動会練習のストレス?で、帰宅直後から二人とも大荒れ!で
寝室のカーテンは全て引きちぎられ、しばらくカーテン無しで生活するハメになりました。
二人が刺激しあってケンカもすさまじく、どうにもこうにも止められない状態でした・・・。

中でも一番荒れたのは、連絡ノートに
「ダンスは(二人には無理だったので)、皆の練習を体育館で一時間見学させました」
と書かれて帰ってきた日。

そもそも「模倣」ということ自体がとても難しい子達なので、
彼らにダンスなんて無理!なことは、私も、(当時の)担任の先生も分かっていたこと。

見学って、「見て学べる子がする」なら意味が有って良いワケで、
うちの双子には見て学ぶのは無理なんだから、その場を見学させる意味が無いのです。

多動で動きたがる子達を、無意味なダンス見学の為に「ここに居なくちゃダメ」と
一時間、体育館の隅に留めることは、私にはどうしても適切とは思えませんでした。
そんなことさせるぐらいなら、支援級の教室でプリントでもさせた方がずっと良い。

でも、
「現場の先生の数が足りなくて別行動させられなかったなら、それは仕方ない」と思い、
翌日、その点を確認してみたら、
先生は双子にそれぞれ一人ずつ、付き添ってもらえるという超有難い配置だったそうで。

えー、そんなに有難い人員配置を取ってくださっていたのなら尚のこと、
彼らにとっても有意義な一時間になるように
静かな教室で、落ち着いて別行動させて欲しかった!と思いました。


あらかじめ、もっときちんと担任の先生と私の間で
双子の運動会参加について細かく打ち合わせをしておけば良かった!
と、一年生の時は激しく後悔したものです。

だからこそ、二年生のこの時期はこんな記事を書きました。→ ☆


今年は双子の小学校生活も三年目。
今までで一番落ち着いて、この時期を迎えられています。

親も子も、経験の積み重ねが大事ですね(^-^)。


以下のいずれかのボタンを押して下さると、
私の更新のモチベーションがちょっぴりアップするかも知れません。(*^-^*)

いつも来て下さって、ありがとうございます。


にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村


自閉症児育児 ブログランキングへ



     
スポンサーサイト

テーマ: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) | ジャンル: 育児

今朝は泣き泣き登校・・・

今朝の次男は泣き泣き登校でした。
最近はすごく減っていたんだけどなぁ。

雨か!?
気圧のせいか!?

お口も体も、多動が激しい朝でした・・・。
家の中で走り回って、息があがる!って、ちょっとどうかと思うわ(+_+)。

GW明けたから、そろそろ運動会の練習も始まるしね。
これから毎日の小学校生活も大変になる。
がんばれー。

双子の帰宅を迎え撃つ私も、5月は毎日がちょっと大変になる・・・。
小学校でストレスを、ためてためて、帰ってくる双子。

双子がデイから帰宅する17:30には、
私は夕食の配膳まできっちり完璧に終わっていないといけません。
がんばれー、私(笑)。

その理由は、また時間がある時にでも書こう。

さて、今日は髪を切ってから、ゆっくり昼からの出勤だ(^^)/
行ってきまーす!


以下のいずれかのボタンを押して下さると、
私の更新のモチベーションがちょっぴりアップするかも知れません。(*^-^*)

いつも来て下さって、ありがとうございます。


にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村


自閉症児育児 ブログランキングへ



     

テーマ: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) | ジャンル: 育児

一年生の頃の悲惨な遠足

双子が入学したばかりの小学校一年生の5月の遠足は、
私も一緒に付き添った遠足でした。
私にとっては、思い出したくないほど嫌な思い出です。

新一年生と六年生のペア遠足。
遠足と呼ぶには物足りないほど短い距離の遠足。
目的地は、小学校から20分も歩いたら到着してしまう距離の公園でした(笑)。

だから、子供たちは10時前にはもう目的地に到着していて、
そこからお弁当まではフリータイム。

しかし、現地で遊ぶ物(例えばボールとか長い縄跳びとか)も
皆で遊ぶには満足な数を持ってきていなくて、
六年生もだるそうに「ねぇ、何したい~?」と一年生に問うも、
新一年生もどう答えてよいのか分からず「なんでもいい~」と言う始末。

まぁ、先生の適切な介入も無く、子供同士だけなら・・・そうなっちゃうよね(^_^;
先生~、もっと積極的に子供たちに関わって~!と思った私でした。

結局、時間を持て余し過ぎてしまって、
かなり前倒しではあるけれど、先生達の判断で11時前からお弁当タイムに。

双子はあっという間にお弁当を食べ終わってしまったものの、
だからと言って、勝手な自由行動は許されるはずも無く、
遠くに見える遊具の方に遊びに行きたくても、
「あっちに行ってはダメ」というルールだったので行けず・・・。

我慢ばかりを強いられた双子、お弁当後にストレス大爆発!!!

ついに双子が癇癪を起こして放り投げた私のバッグや、お弁当の包みが
空高く舞ったあの光景を、私は今でも忘れられません・・・。

結局、大パニックを起こして収拾つかなくなった状態の双子の首根っこを
情けなくて半泣きの私がひっ捕まえるような勢いで、
そんなこともあろうかと、念のために乗って来ていた車で
公園から自宅へ双子を連れて帰ったのでした。


あー、今、思い出しても、一年生の頃のあの遠足は本当に大変だったー!
もう二度とごめんだわ!



以下のいずれかのボタンを押して下さると、
私の更新のモチベーションがちょっぴりアップするかも知れません。(*^-^*)

いつも来て下さって、ありがとうございます。


にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村


自閉症児育児 ブログランキングへ



 

テーマ: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) | ジャンル: 育児

小学校の上履きを履くというハードル

双子が2歳児クラスから就学までの4年間お世話になった療育園は
裸足保育バンザイ!な園でした。

晴れた日は皆、(双子は雨の日も、でした)裸足で園庭を走り回っている園でした。
園庭に入った途端に履いていたサンダルを脱ぎ捨て、
背負っていたリュックも放り投げる双子でした・・・。
雨の日の園庭はドロドロのぐちゃぐちゃになるけど、双子は平気!
先生は一日に何度も、タライに水やお湯を張って、
双子のドロで汚れた足を洗ってくれました。

だから、小学校に入学するにあたっての心配事の一つに、
「上履きをちゃんと履いていられるか?」も有りました。

入学してみたら、案の定、すぐに上履きを脱ぎたがりました。
もちろん、靴下も。

一年生の時の支援級の担任のベテラン先生は怖い先生だったので
厳しく指導されたおかげで、一か月も経つとずっと履いていられるようになりました。

が、今度は上履きの消耗が半端ないことになりました。


普通なら、500円程度で安く買える上履きですが、
幅広甲高な双子の足にはそれが合わなかったので、
甲高を調整できる1,500円ぐらいのお高いヤツを履かせていました。

それが、一か月もたずにこんなふうになってしまうのです!
ババーン!


201706181040349f9.jpg
上から見ると、あんまり分からないけれど・・・・・・



20170618104007887.jpg
底がバックリ剥がれてる~!


なんでこんな状態になってしまうのかというと、
上履きの布とゴムの圧着部分を狙って、
ゆらゆらとロッキングさせた椅子の足をその部分に執拗に乗せるからでした・・・。

ですから一年生の一学期の間は、
ほぼ毎月、新しい上履きを買わなくてはなりませんでした。
毎月、上履き代が1,500円×二人分。(@_@)

普通の子なら、500円の上履きをサイズアウトするまで履いてくれるでしょうに。


一年生の二学期になる頃には、
上履きを履くことにも、椅子に座って授業を受ける学校生活にも慣れて、
入学当初のように一か月で上履きがダメになることは無くなりました。

あ~、良かった!

それでも、
三年生になった今でも、
3ヶ月スパンぐらいでは買い替えているんですけどね~(-_-メ)
すぐにボロボロにしてくるから!

ま、上履きが履けるようになっただけ、まぁいっか。


以下のいずれかのボタンを押して下さると、
私の更新のモチベーションがちょっぴりアップするかも知れません。(*^-^*)

いつも来て下さって、ありがとうございます。


にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村


自閉症児育児 ブログランキングへ



     

テーマ: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) | ジャンル: 育児

今日は逃走を阻止!

ここのところ、一週間ほど
登校直後の次男にほぼ毎日、逃走を図られていました。

行先は、支援級の教室からは最果ての図書室あたり。
次男を捜して迎えに行くのも疲れちゃう、最果て・・・。

図書室が閉まっていると、最寄りの六年生の教室に乱入してしまう次男。
次男乱入を受け、ざわついている六年生(笑)。
そんな中、疲れをにじませつつ、怒りオーラをまとって迎えに行く私。

廊下で六年生男子が私の顔を見て、
「あ、えっと、たいちゃんか、ようちゃんの、どっちか分からないけど
今日は6-2に居ます!」って教えてくれたりも。
すまないねぇ。

こんな毎日、もー、やだー( `ー´)ノ

昨日は私が捜しに行くのを止めたら、
六年生の担任の先生に付き添われて、支援級の教室まで帰ってきたそうです。


でも今日は、久しぶりに
昇降口~下駄箱~支援級の教室という普通の流れで、
脱走無しで、教室まで辿り着けました!

やったー!(ガッツポーズ)

「毎朝、図書室や六年生の教室に行く」というのが次男のコダワリになったら嫌だし、
明日以降も逃走させないように気をつけて付き添おう。


以下のいずれかのボタンを押して下さると、
私の更新のモチベーションがちょっぴりアップするかも知れません。(*^-^*)

いつも来て下さって、ありがとうございます。


にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村


自閉症児育児 ブログランキングへ



   

テーマ: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) | ジャンル: 育児