急に、癌患者の家族になりました

私のブログには、夫よりも登場頻度の高い、実家の父。
これまでもちょくちょく、登場してきました。
私の自慢の父です。

双子が一番大変だった2~3歳の一年間、
心身を病んだ私と共に、双子もまとめて実家に引き取ってくれて、
私や実家の母と共に、
勝手が分からないながらも初めての「障害児育児」に奮闘してくれました。
双子も、優しいジイジが大好き!

そんな父が、数々の既往歴を抱え、
ふうふう言いながら、そして薬もたくさん飲みながら、なんとか迎えた73歳。
その誕生日の翌々日に、まさかの癌宣告。

初期ではなく、ギリギリ、手術は出来る・・・かな?という、進行ガン。
医師からは、余命宣告もあっさり受けました。


これ、もしも、弱っちい私だったら、
痛いのも苦しいのも断固嫌!だから、治療そのものを拒否するだろうなと思いました。

でも、さすが私の自慢の父は違った。
果敢にも、立ち向かって治療を受ける!とのこと。

そうか・・・。
父は弱っちい私とは違って、自分が楽になることよりも、
治療が辛くても痛くても、
生まれたばかりの甥や、これから生まれる姪のために
(もちろん、双子も含むでしょうけど)もう少し、頑張ってくれようとしているんだ!

強いなぁ。
私なんかよりも、父はうんと強い。

そんな父の決めたことだから、私は父の決断を支持しようと思います。
出来る限り、全力で協力したい。



双子に、父の病状や今後のことなど
理解させることはなかなか出来ないと思いますが、
今日は小学校を休ませて、
入院直前の貴重な時間を、大好きなジイジと一緒に過ごしました。

前日からジイジの家に行き、
いつものように一緒に夕食を食べ、お風呂に入り、眠る。
今日は、いつものようにジイジとスシローに行き、お寿司をもりもり食べ、
この夏休みにも行ったジイジの生家にも行きました。
yama3.jpg
稲刈りは済んでいました。こんな風景を眺めて、育った私の父。

双子は今日も「山、行ったね~!」と何度も言っていました。
残念ながら大好きな川は、雨の後で増水していたし、夏じゃないから入れず。
夏とは違って、今日は川に入れないということを納得させてあげられず、、
双子を大泣きさせてしまいました・・・。
川は、また来年ね。


ジイジとたくさんの楽しい時間を過ごした後、双子は帰りの車に乗ると決まって泣きます。
ジイジとの、しばしのさよならが悲しくて。

それでもいつもなら、実家を離れて数分で泣きやむのに、
今日は次男が、実家最寄りの高速道路のインターまでぐずぐずと
「ジイジ、行こう」「ジイジ、大好き」と長いこと泣いていました。


おそらく、次に双子がジイジに会う時には、総合病院で
ジイジは見たことが無いほどにずいぶん痩せてしまっていることでしょう。

今までみたいに一緒にスシローに行ったり、お風呂に入れるようになるまでは
きっと数か月はかかるでしょう。

双子がジイジの家に遊びに行ったって、ジイジが入院中で不在ということも有るはず。

今までとは色んなことがずいぶんと変化していくはず。

双子には、なんて言ったら分かってもらえるかな。
君達のジイジはうんと強いから、
君達を愛しているから、病気に立ち向かうんだ!ってこと。


20161005sushiro-.jpg



以下のいずれかのボタンを押して下さると、
私の更新のモチベーションがちょっぴりアップするかも知れません。(*^-^*)

いつも来て下さって、ありがとうございます。


にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村


自閉症児育児 ブログランキングへ



                         
スポンサーサイト

テーマ: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) | ジャンル: 育児