後付けできる室内カギ

我が家は賃貸暮らしで、各部屋に鍵は付いていないのですが
時々、あぁ!鍵が欲しい!って思うこと、ありませんか?

夜勤明けの夫が寝室でゆっくり寝たいのに、
子供がジャマして寝られない~!

とか、

子供たちは寝室で寝るべき時間なのに、
居間に来たがる。
しかしさっきまで子供に激怒していたせいで
今夜はもう子供の顔も見たくない。
居間へのドアを閉ざして一人で晩酌したい!
(怒り疲れた私は、まさに今、この状態↑)

とか。


今日会った自閉育児ママが「部屋に鍵が欲しい~!」と嘆いていたので、
やはりウチと同じような状況で困っている家庭は、きっと少なくなさそう。

そんなお困りのアナタに、これをオススメします。
「かんたん在宅ロック」。


ガードロック かんたん在宅ロック 4367700ガードロック かんたん在宅ロック 4367700
()
ガードロック

商品詳細を見る


最初、慣れるまではちょっとコツが要りますが、
慣れたらほんの数秒で取り付けられます。

取り外しの際、土台の方の金具を下に落としてしまいやすいのですが、
これが足に当たると激しく痛いので要注意です。
私は、やりました(笑)。

こちらの商品、
今夜の私のように、
子供と離れて一人の空間を作り出したい方にはオススメです。




にほんブログ村 子育てブログ 双子へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村



                           
スポンサーサイト

自宅の脱走対策(3)

我が家に実際に取り付けた「留守わからん錠」をご紹介しようと思います。
毎日使用しているワケではありませんが、
昨日書いたみたいなケースでは、ちょいちょいお世話になっています。
もしもこの補助鍵が無かったら、非常に困る我が家です。



こちらを購入して、我が家の玄関ドアに取り付けました。


まずは、玄関の外から見るとこんな感じ。
結構、ボコッと出っ張ります。存在感あり。
すぐに慣れたけど。

moblog_cda16682.jpg


そして、ドアを開けて横から見たらこんな感じ。
ドア本体に、強力な両面テープでくっつけたような記憶が・・・。
あれ? それとも強力なマグネットだっただろうか?
記憶が早くも曖昧に・・・(*_*;
すみません。

moblog_c034e74a.jpg



次は、ドアを閉めて、家の中から見るとこんな感じ。

moblog_ff81103b.jpg


最後に、家の中からドアを開けて見るとこんな感じ。
ドアの枠部分に、黒いツマミをぎゅうぎゅうと締めて固定しています。

moblog_9a5e2fbe.jpg


あぁ、こんな我が家のちっちゃいしょーもない情報が
我が子の脱走に困っているどこかの誰かのお役に立てたら、とっても嬉しいのだけれど。



にほんブログ村 子育てブログ 双子へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村



                 

自宅の脱走対策(2)

我が家は、賃貸の集合住宅に住んでいます。
引っ越してきて、まだ一年ちょっと。

以前住んでいたマンションは、玄関ドアに鍵が二つ。
しかも、上の方の鍵は、大人の目の高さ。
当時のちびっこ達では到底手が届くはずもなく
安心していられましたが、
引っ越してきた今の玄関ドアには、
ひねって簡単に開けられてしまう鍵のみ。

玄関ドアに付いている普通の鍵だけでは、
確実に! 多動の双子が脱走してしまいます~。


転居する前の下見の段階で、「これはマズい!」と
対策を検討しました。

鍵って、引っ越したらもうすぐに直面する問題ですからね。
我が家においては、引っ越しの荷造り以前の最重要事項!(笑)

しっかり吟味して、吟味して、しつこく検討した結果
こちらの補助の鍵を取り付けました。

その名も「留守わからん錠」!(笑)



これに決めた理由。

1. もっと安価な取り付け、取り外しが出来るタイプの鍵では
  鍵が付いていれば不在、付いてなければ在宅ということ。
  在宅か不在か、外から見てバレバレ過ぎるところがNG。
  帰省のときとか、「留守でーす!」って主張し過ぎる(苦笑)。

私が購入したコレは
外から見ても、留守かどうかが分からないところが良かった!
その名の通り、留守が分からない「留守わからん錠」。


2. 玄関ドアにも壁にも、キズを付けなくて済むこと。

賃貸住宅にとっては、これも重要でした。


ちょっと購入を迷ったのは、
外から施錠したら、中からは絶対に!開けられないこと。

施錠している時に火事とかあっても、
ドアが絶対に開かないのって、想像するだけでも怖い・・・。


そういう人のためには「非常脱出機能付き」もありました。
気が利いてる~。でも2,000円アップ。


で、我が家のこの鍵を使うシーンをよく考えると、たとえば

・双子のどっちかが脱走した時などに、捜索に行く。
 とりあえず片方を自宅でキープしておきたい!

とか、

・どっちかが車で真剣にガン寝して起きない。
 とりあえず先にもう一人を自宅に連れて行き、
 車で寝ている方を後で迎えに行く。
 (これ、先週ありました)

とか、

・夫と子供を残して、夜に私がちょっと買い物に行く。
 子供が起きてても、夫はすぐに寝ちゃうので、危ない。
 外から補助鍵をかけてお出かけ。

とか、そんな感じ。

しかも、ウチ、一階なので
いざとなればベランダから脱出できますし(笑)。

というわけで、我が家は「非常脱出機能無し」のタイプを購入しました。



にほんブログ村 子育てブログ 双子へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村



              

実家の庭からの脱走対策

実家には、庭からの主な脱走経路が二つ、有ります。

ガレージに続く階段と、
庭から家の横を通って玄関に抜ける通路。

そのどちらも脱走対策は、
実家スタッフ(主に実家の父と妹)が頑張って作ってくれました。


まず、ガレージに続く階段上に
棒と網を使って、開閉可能な柵を。

庭から見たら、こんな感じ。

moblog_47ca8c73.jpg


ガレージ側から見たら、こんな感じ。

moblog_3802afdf.jpg

滅多にここを開閉することはありませんが、一応開閉可能。



そして、家の横から玄関に続く通路には、
ちょっと凝った竹の柵。
こちらはよく開閉します。

庭から見たら、こんな感じ。

moblog_8c476cc9.jpg


玄関側から見たら、こんな感じ。

moblog_502881f2.jpg

庭からは双子が開けられないように、
玄関側の少し離れたところに、釘が打ってあって
その釘に、紐をかけて、開かないようにしています。

最初は、竹を組んだだけの柵だったのですが、
双子が足をかけて乗り越えてしまうようになったので、
庭側にポリカーボネイトの波板を貼って、改良されたものです。


これらの対策は一つ一つ、
ああでもない、こうでもない、
これじゃあ突破される、じゃあこうしたらいいか、などと
実家の父が知恵を絞ってくれて、現在の形に落ち着いています。



にほんブログ村 子育てブログ 双子へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村



               

実家の門扉の脱走対策

双子が2歳~3歳の間、
私の負担が少しでも軽くなるようにと
私の実家に引き取られて、
双子共々、助けて貰っていました。

しかしそんなのお構い無しで、
戸建ての実家から、脱走しまくる双子。

おかげで、脱走の度ごとに
実家の「脱走対策」は充実?していくことになりました。

まずは、門扉。

moblog_b5ec0885.jpg

追加でワイヤーロックをかけ、
開閉する鍵部分は内側ではなく、
あえて外側へ。

こうすることで、
内側からは双子が開けにくくなるようになります。


moblog_9c7c132e.jpg


門扉の下からの
ハイハイしての脱走を防ぐために
下部には、グリーンのネットを張ってもらいました。



私が双子を面倒見てる間に、
脱走対策は実家の父と妹に、
色々と頑張ってもらいました。

何度も何度も、ホームセンターに走って
対策を講じるために、知恵を絞ってくれました。

とっても感謝しています。


にほんブログ村 子育てブログ 双子へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村