こんなに赤ちゃんみたいなのに・・・

身長115cm、体重23kgになった今でも
赤ちゃんみたいにしょっちゅう指しゃぶりをしているし、

私が「ママ、好き?」と聞くと
無表情に問答無用の条件反射で
覚えたそのままに「まま、だいしゅきー」って言うし、

私が「チューして」って言うと
それが家の中であろうと、外であろうと
恥もへったくれも無く、速攻でチューしてくれるし、

そんな、赤ちゃんみたいな、ウチの双子。


そんな子達でも、この春からは年長さん。
療育、最終年。

来年の春には、この子達も、小学生???


義務教育に移行する息子達が
今の私には全然、想像できないんですけど・・・。

だってこんなに、赤ちゃんみたいなんだもん。



にほんブログ村 子育てブログ 双子へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村



                                     
スポンサーサイト

通園一年目の交流保育

双子が通う療育園では、年に一度だけ
近隣の保育園にお出かけして行く「交流保育」の機会があります。

通園3年目の双子は、今回で3回目。

でも、毎年違う保育園に連れて行かれるし、
きっと彼らは毎回ドキドキしていることでしょう。


通園一年目の交流保育のことを思い出しました。

交流保育には母親は付いて行けないので、
通園最初の年の交流保育は、
保育園に私が車で双子を送って行って、
保育園から家までの帰り道を、泣きながら運転して帰ったなぁ・・・。


思えば
双子が健常児と同じ場に居た最後が、一歳半検診でした。

それ以来、ずっと療育生活だったので、
発達の差が更に大きくなってきている今、

初めての保育園に突然連れてこられて、
周りの健常児が言っている言葉も分からず、
彼らがやってる遊びの意味も分からない。

通園の担任も一緒には居るものの、
いきなり健常児の中に放り込まれる双子はどんなに不安だろう?と。

事実、いつもとは違う道を通って連れて行かれた保育園で
通園の担任に子供を引き渡す際、
道路にひっくり返って大暴れして泣いていました。

担任に「後はよろしく!」と、逃げるように帰ったものです。


双子の初めての交流保育を考えると、
保育園。彼らにとって、そこは初めてのシャバ。


双子を交流保育の保育園に送って、帰りは私一人。
保育園に残してきた彼らのことを思うと、泣けて泣けて仕方が無かったです。



これは通園一年目の、長男の作品(?)。
moblog_f2a01ec6.jpg


にほんブログ村 子育てブログ 双子へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村



  

ママの「お熱はかり歌」

先日、次男が高熱を出した際、
一日に何度も検温する必要がありました。

検温したくても、なかなかじっと静かにしてくれない次男を相手に
私は得意の「替え歌作戦」を決行!

Eテレの「みいつけた!」という番組で、
思考の8割が占められている息子達にアピールするのは
やはり、その番組の中の歌でしょう。

ということで、即興で替え歌を歌う私。

オフロスキー(というキャラ)の「おふろがスキー」という歌の替え歌。
元歌は、

  おふろに入ろう 毎日入れたらいいね
  気持ちがいいね あったかいね
  元気が出るね


それを私は替え歌で

  ♪お熱を測ろう 平熱だったらいいね
  お熱が高いと お薬刺すよ
  お尻に刺すよ♪




これ、園の先生の前で歌ったら

「カワイイ感じの歌なのに、
後半の歌詞が怖いですね~(笑)」と言われました。


次男はお熱が下がってからというもの、
元歌ではなく、替え歌を歌うようになってしまったことを
ちょっと心配しています・・・。


にほんブログ村 子育てブログ 双子へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村



  

ちゃわんむしのうた

Eテレで今、流れる「ちゃわんむしのうた」が大好きな長男。
「茶碗蒸し」と「茶碗に付く虫?」を掛けた、鹿児島の方言の歌。

長男は、
いつも決まったシーンで、いつも決まったものを指さし、
いつも決まった言葉を言う。

moblog_07850af9.jpg

茶碗から飛び出す大きな目玉を指さして

「しめじー、しめじー」

と言う。

彼には、この大きな目玉が、シメジに見えているようです(笑)。


そして、それが終わると
サビの部分は『トランポリンで跳ぶ!』と決めているようで、
急いで小走りでトランポリンに向かう長男。

これが今の彼の、小さな可愛い「マイルール」。



にほんブログ村 子育てブログ 双子へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村



                

おままごと好きが高じて・・・

双子が2歳代に通った、週に一度のグループ療育では
最初の20分間ぐらいは「自由遊び」でした。

先に来ていて待っている先生達は、
積木やら、おままごと道具やら、ボールやら
とにかく子供の気を引きそうな魅力的なモノを用意して
待っています。

そこでうちの双子がめちゃめちゃ食いついたのが
電車でもプラレールでもなく、
おままごと遊びでした。

野菜をザクザク切るような手ごたえが得られる遊び。

あまりにもハマっていたので、自宅でも遊べるようにと
同じモノを購入しましたよ。

それがこれ。エド・インターの「木のおままごとセット」。
しかも種類がたくさんはいった、デラックス☆

ままごといっぱいセット【森の遊び道具シリーズ】+ラッピング無料セットままごといっぱいセット【森の遊び道具シリーズ】+ラッピング無料セット
()
有限会社 ヒロ・コーポレーション

商品詳細を見る


これ、購入から3年ほど経っていますが
今も毎日、ザクザクやってますから、
ウチみたいに、知的に重めな感じの自閉っ子にはオススメ。

もしこれにハマるようなタイプの子なら、
将来、料理を仕込めるかも・・・などという夢も見られます♪

ウチは将来、双子にはお料理してほしいなぁって
勝手に、夢、見てますよ~。

木製なので、手触りも優しいですし、
床に落とした時の衝撃音も、
プラスチック製よりうるさく感じない点も気に入ってます。
丈夫で、なかなか壊れない点も嬉しいです。

プラスチックのだと、噛みついて割れたり、
踏みつけて割れたりして、危ないこともあるので。


で、先日。
ある朝、私がキッチンに行ったら




キャー! 私じゃない誰かが、お料理しようとした痕跡がある~!
この場合の「誰か」というのは、双子のどちらかというコトです。


moblog_f2983a00.jpg

小ぶりのフライパン(スクランブルエッグに使用済み)に、
木製のハンバーガーのパン部分のみ(笑)。

おい、具はどこ行った~!?
んで、本物のグリルやフライパンを使うな!


と、このイタズラの犯人には言いたいです。




にほんブログ村 子育てブログ 双子へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村



     

並べて満足♪

ウチの息子達はたま~に、正しい自閉症児っぽく(?)
「並べ好き」になります。

コタツに、ズラーッと幼児雑誌の付録のカードを並べて、
とてもご満悦の様子。

右を見て~。

moblog_9ff4c270.jpg


左を見て~。

moblog_b4a987e8.jpg


ん~。

ボク、満足♪




にほんブログ村 子育てブログ 双子へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村



 

熱性けいれんの対処法

けいれんを起こしている子供の見た目は、
親にとっては忘れられなくなる位に、非常にショッキングなものです。

長男が3歳半で起こした熱性けいれんは、それはそれは、ショッキングなものでした。

医師に聞いたところ、
熱性けいれんそのものが生命に関わることは無いそうです。
そこは一安心。

それでも、
かつて見たことが無いほどに、
今までで一番、死に近い様子を現している我が子を前にしたら、
(そんなこと難しいのはよ~くわかりますが)
ここはなるべく落ち着いて、冷静に対処しましょう。

冷静に対処することが我が子を救うことに繋がる☆と思えば。
そして事前に対処法の知識が有れば、案外、出来るもんです。

moblog_95f04add.jpg


衣服をゆるめ、部屋を暗くして、静かに寝かせる。
けいれんしている間に、なんとか意識を戻そうと、
身体を揺すったり、大きな声で名前を呼んだりしてはいけないそうです。

    頭では分かっていても、二度目なのに私もちょっとやっちゃった。
    身体に触って、「ようちゃん!!大丈夫!? ようちゃん!!」って。

これは脳の安静を乱し、発作を長引かせるそうですよ。

嘔吐しそうなときは身体ごと、顔を横に向け、
吐瀉物で呼吸が妨げられないようにします。
気道を確保。
枕になるような物を使うと、呼吸が楽になります。


昔は、けいれん時には舌を噛むのを防ぐために
割り箸やスプーンを布に包んで口の中に入れると良いとされていました。
でも今は、これは必要なく、むしろ他の危険が伴うので止めた方がいいそうです。

そして、
子供の周りに、例えばポットのような、
「倒したら危ないような物」が無いように、気を配ります。

子供の様子を観察する際のポイントは以下。

   ・けいれんの時間を測る。(1~5分ぐらい)
   ・けいれんの様子を詳しく観察する。
      (全身? 体の一部? 片側? 両側?
       突っ張る? 弛緩する? など)
   ・体温を測る。
   ・顔色の様子は?
   ・嘔吐の有無
   ・けいれんが止まってからの様子
      (目を開けた? 泣いた? そのまま寝た?)


初めての熱性けいれんが治まったら、念のため受診するように、と
医師に言われました。

救急隊員には、

初めての熱性けいれんなら
迷わずに救急車を呼んでください、と言われました。


熱性けいれんを二回以上発症した子は、
抗けいれん薬(ダイアップ)の座薬を常備しておきます。
処方する医師の指導にもよりますが、
37.5~38度の発熱の際、肛門から挿入します。

発熱初期の挿入タイミングさえ逃さなければ、
ほとんどの場合、熱性けいれんを予防できます。

ただし、眠気やふらつきの副作用があるのでケガに注意。
時間と共に軽くなるのですが、しばらくは立ち歩かないように注意が必要です。


未就学の子を持つママは、
「もしかしたら、ウチの子も起こすかも・・・」と
心のどこかに、この記事を留めておいてくれたら・・・。

子供が熱性けいれんを起こさないに越したことは無いけど、
もし起こしちゃった時にこの記事が誰かのお役に立ったら・・・
とっても嬉しいです。


にほんブログ村 子育てブログ 双子へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村



 

『熱性けいれん』とは

先日、次男が、
二年前には長男が起こした『熱性けいれん』とは
いったいどんなものなのか?

自分の周囲で起こしたことがある子が居たり、
実際に自分の子が起こしたりした人しか、
身近に感じないかも知れませんね。

でも、就学前のお子さんだったら、急に熱が上がる時なら
誰が起こしても不思議ではないようなモノなのです。

起こす頻度は、100人に5人ぐらい。
ね、保育園のクラスに経験者が1人か2人居る程度ですよね。

脳神経が未熟な幼児が、高熱を出した際、
脳細胞の代謝が活発になり過ぎ、コントロールできないほど電気放電します。
その刺激で、筋肉が収縮する興奮状態です。

症状としては、急に意識を失い、白目をむいて倒れます。
背中を後方に反らせるように体が硬直したり、
全身または手足をガクガク震わせます。

    ちなみに先日の次男は、ガクガクどころではなく
    バッタンバッタン!動いてました(苦笑)。


口の角から泡を吹き、けいれんが治まると直後に嘔吐することもあります。

    ちなみに次男は口から泡を吹き、
    長男はけいれん直後に嘔吐しました(苦笑)。


熱性けいれんも、パターンいろいろ、です。

けいれんの時間は1~2分。長くても5分程度。
たいていは、生涯に一度きり。
繰り返すのは3人に1人ほどです。


次回は、熱性けいれんの対処法をご紹介します。


moblog_95f04add.jpg



にほんブログ村 子育てブログ 双子へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村



     

救急車その後

moblog_58191657.jpg

次男が救急搬送されてから3時間後。

私が心配していた脱水も今回はそこまでひどくは無く、
けいれんも単発の熱性けいれんという診断で、
点滴が終わったら、帰ることになりました。

まだ熱は39度近かったけど。

なにぶん深夜なのでタクシーで、30分かけて帰宅。
タクシーを待つ間、待合室には10人ほどの人が居ました。
静かな待合室には、次男の独り言が響く!

「東芝、日立~。
の、テーキョーで、お送りしまーす。
み~いつけた!
あ、チョビさん。いらっしゃいませ~。
にほんごで、あーそーぼっ。あそぼっ♪」

自閉っ子がよくやる『遅延エコラリア』といいます。
私がいくら「静かにして!」と言っても、
この時の次男の独り言は止まらず。

きっとこれを言うことで、
次男は自分の心を落ち着けてたんだと思います。

お熱がたくさん出て、
一瞬気が付いたら救急車に乗せられて、
また気が付いたら知らない病院に連れてこられて・・・。

そりゃあ、不安になって当たり前だよね。


自宅に着いたのは2時だったけど
夜勤から戻った夫と
お留守番してくれていた妹が、起きて待っていてくれました。

二人にあれやこれやと話すことで私は心を落ち着かせて、
次男はコタツに入って心を落ち着かせて。

するとコタツで横になったまま、次男がポツリと

「ピーポー、ピーポー・・・」

意識は朦朧としていたけど
救急車に乗ったの、覚えてたんだね!


にほんブログ村 子育てブログ 双子へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村



  

熱性けいれんで救急車(3)

30分もかかって救急搬送先が決まり、
それからまた30分かけて総合病院へ移動。
到着したのは、22時10分。

総合病院に到着したら、すぐに診てもらえました。
けいれんの様子を詳しく伝えたら、
「お母さんは待合室でお待ちください」と言われました。

待つこと、しばし。

再び呼ばれ、ER(初療室)に入ると、
点滴されている次男が居ました。

moblog_2a8da68e.jpg

看護師さんからは
血液検査と、点滴をしたと説明を受けたので
「あの・・・大騒ぎしませんでしたか・・・?」と訊いてみました。

すると看護師さんはにこやかに

「まぁ、ちょっと、ね。

私は馬乗りになりましたけど(笑)」とのこと。


やっぱりな~。
ようちゃん、かなりの大暴れだったのだな(苦笑)。

血液検査の結果が出るまで、1時間。
点滴された状態で、次男はぐっすりと眠りました。

同じ「寝ている」でも、
これが自宅だったなら、私は不安で仕方がなかったでしょう。

でも、病院だったから、
周囲には医師も看護師も居てくれるから、
眠る次男を、安心して見守ることが出来ました。

あぁやっぱり、救急車をお願いして良かったんだ!と思いました。

救急隊員の人が言っていました。
「初めてのけいれん発作の時はお母さんも不安でしょうし、

迷わずに救急車を呼んでもらって構いません。
他のお母さんにもそう伝えてください」だそうです。



にほんブログ村 子育てブログ 双子へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村