夫の長期出張と、私のジンマシン

夫の一ヶ月半の長期出張が終わりました。
先週金曜日から、また自宅に戻ってきました。

出張中も、
一週間に一度か、二週間に一度は
週末に帰ってきてはいたんですけれどね。

いやぁ、そのぐらいのペースで会うぐらいが
私たちはちょうどいいんだな~って思いました。

長期出張中、夫は夫で、寂しい?ホテル暮らし。
夫もそれなりに考えることもあったようで、
5月の「窓ガラスぶちわり事件」以降の件で
私に全面謝罪をしてきました。

私は私で、『平日はろくなモノ食べてないんだろうから・・・』と、
夫の好物を週末に合わせて出す、
そんな、ちょっとした優しさも持てる自分に気が付きましたし。


しかし、
また一緒に生活をし始めると、
無神経な夫との暮らしはホントウに(私が)しんどい・・・。


夫の帰宅後3日目には、私、ジンマシン出ました。
夫ストレス、半端ないわー。

夫の行動や言動にイラッ!としたらキッチンの食洗器の影で深呼吸して、
気持ちと呼吸を立て直しております。

でも、立て直しきれないような大きな事件が起こると、
お友達や妹達に「ちょっと聞いてー!!」と愚痴って、
そのおかげで、なんとかやり過ごせるようになっています。



今日は夫、
子供達が登園する前から寝室にこもり、鍵をかけ、
夜勤に備えて寝ています。

子供達が居ると、邪魔されて眠れないので
鍵をかけるのはまぁ、普通なんですが。
子供達が不在の今も、また鍵をかけています・・・。

お昼に無言で起きてきて、自分の分だけごはんを作って食べ、
また無言で寝室へ・・・。

あー、また始まったのかな。夫の引きこもり期。
いったん始まると、数日間は続きます。

一年に何度か、こういうのがあり、面倒くさーい。



以下のいずれかのボタンを押して下さると、
私の更新のモチベーションがちょっぴりアップするかも知れません。(*^-^*)

いつも来て下さって、ありがとうございます。


にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村


自閉症児育児 ブログランキングへ



        
スポンサーサイト

テーマ: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) | ジャンル: 育児

次男の生意気発言

今週、園の駐車場にて。
これから帰宅するという時に、先生に車まで送ってもらった時のこと。

うちの園は、基本的に
「降園時に車に乗るまで、職員の誰かが必ず見守る!」
みたいなことになっているようで・・・

車のドアが閉まるまで。車が出発するまで。

先生が必ず見守ってくださっています。
ウチみたいな多動君達にとっては、ありがたや~。

で、今週のある日、
いつもみたいに車まで、クラス担任のT木先生が見送ってくださって・・・

車のドアが閉まる直前に、次男がタイミング良く、しれっと、


「ゴクロウサマー」


と言いました(笑)。


絶妙過ぎるそのタイミングに、
言われた先生も、そばに居て聞いていた私も、大爆笑!



「ゴクロウサマ」って、一体どこから引っ張ってきた言葉?!(笑)
夫不在の最近の我が家の日常で、そうそう使わない言葉だよ?
っていうか、タイミングが超絶ミラクル過ぎるだろ!?


帰宅後に気にしていて、ネタモトを確認してみたら、

次男がスマホでやたらとみているSoftBankの過去のコマーシャルの中で、
おばあちゃま役の若尾文子が、郵便配達するウルトラマン(?)に向かって
「ご苦労さま」って言うんですよ~!

たぶん、それが元ネタだわー!




それに、次男は最近の口癖が

「うるせぇなぁ~!」です。


・・・たぶん、私や夫の言う「うるさいなぁ!」がモトネタだと思われます。

でもホント、バリバリ反抗期の中高生みたいにごくナチュラル?に、
「うるせぇなぁ~!」って言うんです。


「やーだよー」とか、
「あっかんべー」も、言います。




あ・・・、やば・・・。

全部、私が教えたワードばかりだわ・・・(^-^;
いけない、いけない!(>_<)


このたび、FC2の拍手機能ボタンを外しました。

その代わりに、以下のいずれかのボタンを押して下さると、
私の更新のモチベーションがちょっぴりアップするかも、知れません。(*^-^*)

いつも来て下さって、ありがとうございます。


にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村


自閉症児育児 ブログランキングへ



    

テーマ: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) | ジャンル: 育児

手を噛まれたら、きっとそれはウソ

ウチはなにかといろいろ大変で、
皆さんに心配されちゃうような特殊な障害児育児なんですが、
そんな中でも時折、キラキラ輝くような瞬間というのが有りますのよ。
たまーに。
というか、つい、笑っちゃうような、面白い瞬間ですね(笑)。

こんなふうに
そんな、軽めの記事もちょいちょい差し挟んでいかないと、
ただでさえ数少ない読者の方に
ものすっごく、心配されちゃいますからね~。

大丈夫。
あまりのしんどさに
私の気が狂いそうになることも多いのですけれど、
こう見えて(?)
結構、特殊育児の楽しい部分も堪能しておりますのよ(笑)。


まず、今朝の長男。
大好きなクイズ番組「ネプリーグ」。
同じ録画を延々と見ています。
どうやら、好きなのと、そうでも無いのが有るようで
好きじゃないヤツだと「チガウ!」「チガウ!」とダメ出しがうるさいです。

その中で、長男お気に入りの録画を見ていたら、
イタリアの『真実の口』について出題されていて、
長男が、その画像を指さして『これは?』と問うてくる。

私が面倒くさそうに「・・・しんじつのくち」と言うと、
「モウイッカイ!」「モウイッカイ!」と、人差し指を立てて、私にリクエスト。

私に同じことを何度も言わせて、

その後、たいちゃんは
「しんじつの・・・モグモグモグ・・・」って小さく言っていた。

イタリアの、しんじつのくち。
モグモグは・・・今は教えてないでしょ?


いや、もしも
真実の口に手を突っ込んで、モグモグされたら・・・


それ、絶対、ウソついてますからね~~~!!!(笑)。


モグモグされちゃ、ダメーーーーーー(両手でバッテン×)!!!



このたび、FC2の拍手機能ボタンを外しました。

以下のいずれかのボタンを押して下さると、
私の更新のモチベーションがちょっぴりアップするかも・・・です。(*^-^*)

いつも来て下さって、ありがとうございます。


にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村


自閉症児育児 ブログランキングへ



                         

テーマ: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) | ジャンル: 育児

11/10(火)のパニックは夜の部も

うちの夫は、ふるさと納税が大好き。
ふるさと納税の話になると、めっちゃ食いつきます。
相手が引くのも気づかずに、話し続けます。


私は、その仕組みを夫に何度も説明されても、
テレビ番組でもその話をやっているから、説明を見ていても、
いまだにイマイチ、ふるさと納税の仕組みそのものは分からないまま。

でも、なんかお得で、美味しい物が届きますヨ。・・・たぶん(笑)。
そんな、素敵なふるさと納税。


11/10(火)は朝から双子が大パニックで大変だった日なのですが、
夜は夜で、また大変だったことを書き記しておこうと思います。



前日が雨だったので、その日はいつもよりも大量の洗濯物を畳んでいたら、
19時過ぎに、ピンポーン♪とインターホンの音が鳴りました。

ふるさと納税のお礼の品(特産品)が、クールの宅配で届いたのです。
北海道から、チーズの詰め合わせ。

クールだから、急いで包装を解いて、冷蔵庫に入れたい私。
『なんか美味しそうなモノが届いたからすぐに食べたい』という双子。

両者の利害のせめぎ合い。

そこで
私は双子に背中を向けていたのでよく分からないのですが、
食べたい癇癪を起した双子のうちのどちらかが、急須をひっくり返し、
その中身が、
選りによって、私が畳み途中の洗濯物たちの上にぶちまかれてしまい・・・。


朝に続いて、私、再び、ぶち切れる!
ムキーーーー!!!
あぁ・・・洗濯物がーーー!!!

朝に続いて、私、泣いて激怒。


朝、夕(実はこの日は別件で17時にも)、そしてまた夜と
一日に三度も大号泣したら、もうさすがに、心身ともにズタボロ・・・・・。


でも、夜の部は、私の怒りの持って行き場が無い。

だって、犯行現場を見ていなかったから、
双子のどっちがやったのかも分からない・・・。
叱ることも出来やしない・・・。

仕方が無いので、また
バランスボールやソファーをボッコボコにぶん殴るしか無かったわ・・・。


双子が背もたれ部分の上から乗っかるから、
購入時はハイバックだったのに、今やすっかりローバック?のソファー。

ウチのソファーは、私がストレス発散の為にボッコボコにぶん殴ると、
購入当時のソファーみたいに、ふっかふかになります。
ほんの一瞬だけ(笑)。

それでも最近では、ちゃんと私、
前後左右、バランス良くふかふかにするように、
上手にまんべんなくソファーをぶん殴る、という術を身に付けました。(^_^)v



このたび、FC2の拍手機能ボタンを外しました。

以下のいずれかのボタンを押して下さると、
私の更新のモチベーションがちょっぴりアップする、かも知れません。(*^-^*)


いつも来て下さって、ありがとうございます。


にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村


自閉症児育児 ブログランキングへ



    

テーマ: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) | ジャンル: 育児

11/10(火)の大パニック

先週は(火)(水)(木)の三日間、
双子が大荒れで大変でした・・・・・。
特に、長男。
次男は、長男がパニック起こすと、それに刺激されてパニクる感じ。
あー、双子って本当に面倒くさい。

思い出すのも辛いけど、記録として書いておこう。


11/10(火)、朝6時。
布団の中からすでに私を叩く、蹴る、上から飛び乗るなど、
不穏な気配むんむんの長男。
6:30、次男に噛みついて起こす。次男、可哀想に目覚めが最悪・・・。

いつもは朝8時に飲ませるリスパダールを、
あまりの手の付けられなさで6:45にもう飲ませることを決意。

しかし、大パニック過ぎて、薬も飲ませられない状態。
チャレンジしてみるも、手を払いのけられて、二度も失敗。
飛び散る、リスパダール。

仕方が無いので、私が長男に馬乗りになって、
薬の乗ったスプーンを口に押し込む。

でも薬だって、飲んだ瞬間から効果が出るモンじゃなし、
その後も私に対しての体当たり、叩き、ツネリが酷く・・・

長男のあまりの執拗な攻撃と、痛みと、怒りで
私、過呼吸を起こしかけました。

幸い、過呼吸は回避できたものの、
「もう嫌~~~!!!
もう無理~~~!!!
なんなの、もう、もう、もう~~~!!!」と、ブチ切れた私が大号泣。
それが7時ジャスト。

長男は、私が大号泣するのが大嫌い。
こうなると、長男は寝室へ逃げ込むので、
物理的に距離が取れて、攻撃は止みます。
でも、私は病みます・・・。(いや、うまいこと言ってる場合か、自分)

怒りパワー炸裂の勢いそのままに子供をぶん殴るワケにはいかない。
だってそんなことしたら、新聞沙汰の事件になる。
だから、子供の代わりにソファーやバランスボールをぶん殴って、大泣きする私。
息があがるほどにぶん殴って大暴れして、泣き疲れて、放心状態になる。

そして、7:10にはもう
子供達はケロッとした顔で、普通にテレビを見ている。
ついさっきまで、あんなに大パニックだったくせに。


私だけが、家の中で取り残される。
私の心は、置いてきぼりだ。

私はそんなに数分で切り替えらない。

だってついさっきまで、数分前まで、
髪を振り乱して、号泣しながら、
(子供を殴る代わりに)ソファーやバランスボールをぶん殴っていたんだよ?

君達みたいにそんなすぐに切り替えて、いつものお母さんには戻れない。
・・・・・・戻れないよ。普通は。


自閉っ子ツインズを育てていく中でよく感じる、理不尽さに
一人、思いを巡らせる辛い朝。
頭がおかしくなりそうだった。


以下のいずれかのボタンを押して下さると、
私の更新のモチベーションがちょっぴりアップする、かも知れません。(*^-^*)

いつも来て下さって、ありがとうございます。


にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村


自閉症児育児 ブログランキングへ



                         

テーマ: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) | ジャンル: 育児

「さん さん さん」強力プッシュ☆

昨年、私がブックオフでふと手に取った、文庫本。
「さん さん さん」。



買ったものの、読み始めるまでは
「う~ん、障害児ばっかり3人の子の育児、かぁ・・・。
きっと重い、暗い、辛い内容なんだろうなぁ・・・」と勝手に思い込んで、
手元に置いたまま、読まずにしばらく寝かせていました。

ところが、実際に読んでみたら・・・

暗さは驚くほどに無く、軽妙な文体で読みやすく、
それなのに、随所にきらきらした育児の名言?がちりばめられている、
なんとも素晴らしい本でした。

私は何度も何度も読み返し、
何度も何度も泣き、
お風呂の中でも読んで、紙がシワシワになってしまっている位です。


先日、1時間ぐらい空き時間が作れたので、
いつもはなかなか行けないブックオフに行きました。

そしたら、見慣れた名前「佐々木志穂美」を発見!

私、すでにこの「さん さん さん」は持っていて、
泣きながら、何度も何度も読み返しているのですが、
もう絶版で、古書店でしか入手できない本。
これが絶版になり、
今はアマゾンやブックオフなどで中古しか入手できない状態なのが
非常にもったいない!と思っている私です。

出版社都合での絶版って、ホント、もったいないなぁ!
もっとたくさんの人に読んでもらいたい!!

私の愛読書です。
即効で、再度、お買い上げです!(笑)


ブックオフのレジで
「こちらの本だけ、ちょっとお値段違います(ちょっとだけお高い)ですが、
よろしいですか?」

と確認されました。


私は
「あぁ、高くても大丈夫です☆
その本、もう持ってるんですけど
すっごく良い本なので、友達に貸す用に
もう一冊買うんです。

すっごく良い本なのに絶版なので、ここの店でしか買えなくて、
だから、見つけたら、また買うんです」

と答えました。


レジの女性は
「この本、そんなに良い本なんですか!?
・・・まだ、棚に、有りました? (>_<;」 と言うので

私は「あ、ごめんなさい。
もう無いかも・・・」って答えたら

レジのF村さんは
「じゃあ、今度見つけたら読んでみます!
良い情報、ありがとうございました!」に言われました。

ブックオフの店員、F村さんにまで、
ささきさんの本を強力プッシュ☆しちゃいました。



次は、新刊のコレをオススメしちゃう予定です。





このたび、FC2の拍手機能ボタンを外しました。

以下のいずれかのボタンを押して下さると、
私の更新のモチベーションがちょっぴりアップするかも知れません。(*^-^*)

いつも来て下さって、ありがとうございます。


にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村


自閉症児育児 ブログランキングへ



                         

テーマ: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) | ジャンル: 育児

私が次男の首に手をかけた時

夜中なので迷惑だから、メールは出来ないけれど
なるべく早く伝えたいこと。

あぁ。

自閉っ子(おまけに双子)なんて育ててると、
筆舌に尽くしがたいほどにすっごく大変な時って、有るよね。

私も有ったし、今だってもちろん有るわ。

うちの双子が三歳の頃のある一時期、
次男の多動やハイテンションが、それはもう、尋常じゃない時期が有りました。

3歳の、まだ小さな体で、おかしなテンションでゲラゲラ笑いながら、
押入れの上段から、衣裳ケースを本体ごと力まかせに全部引っ張り降ろしたり、
何度ダメ!と言っても、家中のゴミ箱をひっくり返してタイコ代わりにして叩いたり、
(我が家からはあれ以来、ゴミ箱というモノは無くなりました・・・)
とにかく、片時もじっとしていなくって、
見ているだけでこちらが疲れてしまうほどの多動を極めていたことがあって。

私が泣いても怒っても、次男のハイテンションが治まることは無くて、
疲れ果てた私は

ゲラゲラ笑いながら悪いコトばかりする次男の首に、手をかけました。

もう無理。

そのぐらい、双子の障害の診断後の、当時の私は、
精神的に追いつめられていたんです。


でもその時、
私が一気にこの両手に力を込めたら、悲しむ人達の顔が
たくさん、私の脳裏に浮かびました。

私の親、妹達。療育の先生達、デイサービスのスタッフさん達。
あ、ちょっとだけ、夫も。


もしもあの時、私の頭に
次男が居なくなったら悲しむであろう人の、誰の顔も浮かばなかったら・・・
そして一気に、両手に力を込めて次男の首を絞めていたら・・・

私は、今、ここには居ないはずです。きっと塀の中。


次男が居なくなったら悲しむであろう人達の顔を思い浮かべて、
ギリギリの精神状態のところで自分を見失わなかった私が、
その時に、何をしたか。


多動が極まったような状態の次男の足首を、
私はタオルで縛りました。

3歳児の小さな足を紐なんかで縛ったら、きっと痛くて可哀想・・・。
そう思って、柔らかなタオルで、きつく縛りました。

そしたら、ハイテンションの多動の次男。
縛られた両足のまま、ちょこちょことペンギンのように、動いておりました。

そこまでして、動きたいワケ・・・????
たはは・・・。
なんか、力、抜けるわ・・・(苦笑)。


次男のその
不格好な、ペンギンみたいに歩く、かわいい姿を見たら・・・

私、笑ってしまったんです(泣笑)。
ついさっきまで、
その、かわいい次男の首を絞めようとまで思い詰めていたというのに。

結局、最終的には次男のそのかわいらしさに救われました。



で、私が、次男のそのすごく大変なハイテンション過ぎる時期を
どうやって乗り切ったか。


・・・実家に、次男だけ、一週間ほど預かってもらいました。
この続きは、またそのうち、書こうと思います。




自閉っ子を育ててると、
なんだか、親にはよくわかんないんだけど妙に荒れたり、
やたらとすっごく大変な時って、きっとどうしようもなく有ります。

台風みたいに、それが急に、一気に来る時も有ります。
親も対処しきれないぐらいに、どっと来ることも。

そのせいで、親である自分の心が疲れ切って
ふと正気を失いそうになってしまうようなときも。


でも、もしも、そうなったら
とにかく、なんでもいいから
児童相談所とか養護施設とか福祉課とか保育園とかも巻き込んでもいいから、

とにかく、誰かに
「助けて!」って言おう。
っていうか、言って!


実は、保育園の先生の仕事の一つには「地域ケア」みたいなのが有ります。
通園している子以外の地域の家庭の話も、相談に乗ってくれます。


誰かに助けてもらうのが上手にならないと、
普通よりもしんどい育児は、やっぱり無理だもの。

大変な時は、色んな人に支えてもらって、乗り切ろうよ。
自分がダメになっちゃう前にヘルプを求めることは、
決して、恥ずかしいことじゃないんだもの。

いろんな人にいっぱい助けてもらってきた私は、
今はそんなふうに思っています。

夜中に急いで書いていますが
この文章を読んでいる、今、育児がとってもしんどいすべての人に
うまく伝わるといいなと、それだけを切に願います。



このたび、FC2の拍手機能ボタンを外しました。

以下のいずれかのボタンを押して下さると、
私の更新のモチベーションがちょっぴりアップするかも知れません。(*^-^*)

いつも来て下さって、ありがとうございます。


にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村


自閉症児育児 ブログランキングへ



  

テーマ: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) | ジャンル: 育児