卒園証書のそれぞれの受け取り方

療育園の卒園式も終わって一週間。
4月からはもう療育園に行かないのかと、私はまだ実感がわかないままです。
間違えたフリして、登園しちゃおうかしら?(笑)。


卒園式は、練習の段階から私は心配しておりました。

双子っちは、卒園証書を受け取れるのか?ってこと。

長男は、まだいい。
「練習では、たいちゃんは卒園証書を受け取って
ちゃんと自分で、席まで戻ってきてました」と担任から報告を受けていたから。

まぁ、当日もそれなりに長男なりに、なんとかやるでしょ。ぐらいで。



問題は、やりたいことしか断固やらない、自由人の次男です。

卒園式の練習に付き合っている園長先生から
「ようちゃんはねぇ、今日の練習も面白かったよー。
ぜーったい! 卒園証書を受け取らないの。受け取りたくないの、ようちゃんは。
両手が、こうやって、全力でパーの状態で!(笑)。断固、受け取り拒否!。
大人が手を添えても、ぜーったい、受け取らないの(笑)」
と報告を受けており、卒園式当日が心配でした(^-^;


ところが、卒園式当日は、
それなりに、しっかりやるであろうと油断していた長男の方が
ふらふら~っと歩いていって、証書を持って待っている園長先生をスルー!
「おい、おいっ!」って感じで。

それでもなんとか証書を受け取り、ふらふら~っと私に手渡しに来ました。



心配していた次男の方が、案外まっすぐに園長先生の方に向かい、
ちゃんと証書を受け取り、それを私に手渡しに来た~♪ と思ったら


 手渡す直前で ポイッ!って投げ捨てやがった!!! ('Д')」 

う~ん、惜しい! あとちょっとだったのにー。




以下のいずれかのボタンを押して下さると、
私の更新のモチベーションがちょっぴりアップするかも知れません。(*^-^*)

いつも来て下さって、ありがとうございます。


にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村


自閉症児育児 ブログランキングへ



                         
スポンサーサイト

テーマ: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) | ジャンル: 育児

入学までにやろうと思ってること

来月の小学校入学式まで、あともう少し。

今は春休み真っ最中。
私、今日は一日中、長男と一緒に
午前中はバスと電車の旅。午後はプール、と大変忙しく過ごしました。
マンツーマンで落ち着いてじっくりと一緒に過ごすと、
数年前の本人と比べての、現在の長男の成長ぶりに、つくづく驚かされます。

これはまた、あらためて書きたいなぁ。>長男の成長ぶり
ホント、今日は、たいちゃん、よく頑張りました!

実はただ今、夫と次男は夫の実家へ春の帰省中なので、私と長男の二人暮らし。
二人暮らしだとお互いに安定していますし、かなり楽しく過ごしています。

この、余力のある間に、私にはぜひとも、やりたいことがあります。

それは、
登校する前の、双子の「おしたく準備の視覚支援ツール」を作ること。

言葉で言っても、結構それなりに、ちゃんと伝わる双子たちですが、
それでも、
いちいち「あれして」「これして」と一つ一つ、二人分の声かけするのが
私にとってもまぁまぁ、面倒くさい 大変なのです。
だってさ、一回言えば、すんなり伝わる、動ける!ワケでも無いしさ・・・。
時によっては、日によっては、何度も何度も言わないと動かないしさ・・・。
何度言っても、動かない日もあるしさ・・・。

おまけに、4月から小学校へは私も付き添い登校しますし、
授業にもしばらくは、がっちり付き添いするつもりです。

ということは、子供達のお出かけ準備と共に
私自身のお出かけ準備も同時に進行しなくてはいけないということで・・・。

どうせそのうち、どーでもよくなるとしても、
最初ぐらいは、ちゃんとお化粧もして行きたいじゃないですか!(^-^;

登校時間は、今までの登園時間よりも2時間近く早まるし、
当然、今までの、のんびりとした登園準備の比ではないほどの慌ただしさが
今のうちから予想されるワケで・・・。

起床時間だって、軽く1時間は早まることになる。
わー、朝からバタバタすること必至!
想像しただけで、軽くテンパる~!

そんな慌ただしい時に、私も双子もお互いに少しでも楽に過ごせるように
新しい視覚支援ツールを導入する必要があるのではないか?!と思うに至った次第です。

どんなのを作るか。
一応、構想は練ってある。
材料も、買ってきた。
あと、必要なのは

・・・・・・やる気?

あぁ、私にもYDKスイッチが見つかれば~!!!って感じです。


以下のいずれかのボタンを押して下さると、
私の更新のモチベーションがちょっぴりアップするかも知れません。(*^-^*)

いつも来て下さって、ありがとうございます。


にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村


自閉症児育児 ブログランキングへ



                         

                        

テーマ: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) | ジャンル: 育児

ジュニアシートが無くなった反応

車の後部座席のジュニアシートを撤去してみましたが、
子供達がどんな反応をするのか、私は密かに楽しみにしていました。

以前、私のお友達を後部座席に乗せた時、ジュニアシートが邪魔だったので、
トランクスペースに放り込んでおいたままになっていたら、
次に子供達が乗る時になって、長男が異変に気づきました。

「よいしょ、よいしょ!」と
トランクスペースから二人分(!)のジュニアシートを引っ張り出して、設置し直して、
満足そうに、ジュニアシートの上に乗っていたのです。


でも、その時とは違って、今回は完全撤去。
もうジュニアシートはトランクスペースにも有りません。
さて、どんな反応するかな~?


次男が「車、乗る~!」とあまりにうるさかったので(苦笑)、
昨夜の夕食後、ちょっと車でお出かけすることにしました。

車に先に乗り込んだ次男は、普通。いつも通り。
『とにかく車に乗れればなんでもイイ!』って感じなのでしょう。

後で乗り込んできた長男は、後部座席に座ってすぐに

自分が今、座っているシートを手でトントンと軽く叩いて、
まっすぐ私を見て、少し困った顔をして、
「・・・足りないの~」と言いました。

そう。座高が高くなるいつものシートが一つ、足りないよね。
たいちゃん、ご名答!(笑)。

そこで私が大笑いしながら、
「うん。足りないけど、大きくなったからもう大丈夫!」と言ったら、
『そう? じゃあ、いっか』というように自分でシートベルトをカチャッとはめて、
「しゅっぱつ、しんこう!」と、気持ちを切り替えた長男なのでした。



以下のいずれかのボタンを押して下さると、
私の更新のモチベーションがちょっぴりアップするかも知れません。(*^-^*)

いつも来て下さって、ありがとうございます。


にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村


自閉症児育児 ブログランキングへ



                         

テーマ: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) | ジャンル: 育児

さようなら、ジュニアシート

車に双子を乗せる時に、赤ちゃん期から長く使ったのは、チャイルドシート。
5点留めで、抜け出せなくて安心♪な物でした。

身長制限は100cmまでだったけれど、110cm位までは使っていたなぁ。
ジュニアシートに変更するのが怖くて(^-^;

だって、ジュニアシートなんて、普通のシートベルト以外はどっこも固定されてない。
本人がその気になったら、抜け出し放題!
絶対、うちの双子なんて抜け出すに決まってるー!
そんなの、怖い怖い―!って私は思っていました。

かと言って、もっと大きい子(人)の5点留めのシートなんてものは
見つけられなくて・・・。

子供のチャイルドシート→ジュニアシートに変更するの、ドキドキしていた私でした。


でも、そんな私を尻目に、
デイサービスの送迎車では、ジュニアシートに座る経験を着実に積み重ねていった双子たち。

最初の頃は、デイの人には
「やっぱり抜けだしちゃいますねー!(笑)」と言われていたけれど、

そのうち、
「最近は、ちゃんとシートに座ってることが多くなりました」と言われ、

最終的に
「ちゃんとシートに座って、デイに到着できるようになりました!」と言われるようになりました。


私はその報告を受けてもなお、『まーじーでー???』と疑いつつ(笑)
ドキドキしながら、我が家の5点留めのチャイルドシートを撤去し、
ジュニアシートに変更したのは年中の頃かな。

そしたらやはり、デイの送迎車で積んできた経験は、活きました!
我が家の車の後部座席でも、双子はジュニアシートでちゃあんと座っていられたのです。

そればかりか、相方がジュニアシートを抜け出ようとシートベルトを外すと、
もう一人が『ダメでしょー!』というように、それを阻止します(笑)。

あぁ、成長したなぁと感じた瞬間でした。


そのジュニアシートも
就学を迎えるこの春は、もう卒業してもよい頃です。
本当に、大きくなったね。

今では、勝手にシートベルトを外すこともすっかり無くなって、
お利口に座っていてくれるようになり、私は安心して運転できます。


年齢や成長に応じて、子供達が「さようなら」するものは色々あります。
おむつ、ベビーカー、チャイルドシート、療育園、

そして、ジュニアシート。


大きくなったから、ジュニアシートにも、もう「バイバイ」だよ。
療育園にも、「バイバイ」したもんね。


だから4月からは、小学校という新しい環境に
ドキドキしながらも「こんにちは」しようね。
ママも一緒に付き添い、頑張るね。



以下のいずれかのボタンを押して下さると、
私の更新のモチベーションがちょっぴりアップするかも知れません。(*^-^*)

いつも来て下さって、ありがとうございます。


にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村


自閉症児育児 ブログランキングへ



   

テーマ: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) | ジャンル: 育児

誰かと比べることの意味

卒園を控えて、心が落ち着かないために、
珍しく連日ブログを更新しております(笑)。

でも今日はあえて、卒園とは関係ないことを書きまーす。


夫はしばしば、
自分の家庭と、よその家庭だったり、
自分の子供と、身近なよその子供を比べては、
自分の境遇や状況を「あそこよりも不幸」だと言います。

夫は私にも
「hanaさんは誰と結婚してもうまくやっていける。
他の人と結婚していたら、今よりもっと幸せだったはず。
自分と別れて再婚して、hanaさんだけでも幸せになればいいのに」などとも、言います。


私はそんな時、基本的には
「あぁ、そうかもねぇ」「なるほどねぇ」「へぇ~、そんなふうに思うの?」と
家事をする手をあえて休めずに聞き流してますが、
最終的に相槌うつのも面倒くさくなると、

「で?
そんなふうに誰かと比べることで、一体何になるの?
比べてみて、誰かが幸せになる? あなたが幸せになる?
幸せにならないのなら、比べるのは意味が無いし、やめたら?」

と言って、話を終了させます。


だってさー、
「私だけでも幸せに再婚したらいい」とかって言われても、
「じゃあ、子供達どうするのよ!?」って話なワケで。

実際に以前に私がそう問うてみたらば
「子供達は施設でしょ。だって俺、仕事してるし世話できないし」
って即答されたことが有って。

なんじゃそりゃ。お話にならん。



幸せとか不幸とかって、自分の心が決めること。

私はとりあえず今朝の私は、
どっこも痛いところも無いし、借金取りに追われてもいないし、
暮らしていくことそのものには困ってないから、不幸では無い。

まぁ、子供はちょっとアレなんですけど(苦笑)。
まぁ、めんどくせー子育てですけど(苦笑)。

でもさ、きっと
病気してても、借金してても、生活苦でも
それでも日々に幸せを感じている人だって居ると思うし。

別に「この人の幸せ度数○%」とかって数値化されてるワケじゃないし、
そもそもが比べられるものじゃあない気がするんだけどなぁ。

幸せの感受性や基準は人それぞれでいいんじゃないの~?って私は思うので、
夫のこの比較好きは、さっぱり分からないのでした。



以下のいずれかのボタンを押して下さると、
私の更新のモチベーションがちょっぴりアップするかも知れません。(*^-^*)

いつも来て下さって、ありがとうございます。


にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村


自閉症児育児 ブログランキングへ



    

テーマ: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) | ジャンル: 育児

卒園を迎える障害児母の気持ち

双子が2歳児クラスから年長まで4年間通った療育園も、
もうじき卒園式です。

ひーーえーーーー!!
マジですか!?

療育に通い始めたばかりの頃は終わりなんて全然見えなくて
「えー? ここに4年も通うのぉ~?!」なぁんて、思っていたのにね。

月日が経つのは、本当にあっという間。
この言葉を、生涯で一番、強く強く感じている私です。
それはもう、涙が出そうな位に強く。


園の卒園児達自身は「卒園」ということを認識している子、していない子、
その子によって、それぞれな感じですが、
卒園児の母達は送迎時や母子登園で、顔を合わせるたびに

「卒園したくないね~!」
「もっとここに居たいよ~!」
「来週の今頃は、もう卒園してるなんて、考えただけで震える~!(>_<) 」
「もう、園までの道も通ることが無くなるなんて考えられない~!」
「今日は私、園バス乗せるの最後だったわ・・・」
「あ、延長保育のお迎え、私、これが最後だ・・・」
「何言ってるの! 明日なんて、給食も最後よ! 最後!」

お互いに、そんなことばっかり、言い合っています(笑)。

つまりは、みーんな、卒園ブルー。
やたらと、センチメンタルな卒園児の母達。

だってね、
療育園に居る限り、右を見ても左を見ても、程度やジャンルの違いこそあれ、
あの子もこの子も、世の中一般で言えば、
いわゆる「ワケあり」、いわゆる「障害児」ばかり。
悩みを共有したり、育児の愚痴を共感したりすることは、とても簡単。

だから、療育園に居ると、「普通」「健常」という世界を見ずにも過ごせてしまう。

でも、守られた温かい療育園を一歩出れば、
外の世界では、これでもか!ってほどに、
私たちが超マイノリティーなんだ~!ってことに、否応なく気づかされる。

これを、私は「シャバ」と呼んでます。娑婆。
私がシャバというたびに、それを聞いた療育の先生達は笑うけれど(笑)。


おそらく、
健常児が普通に幼稚園や保育園を卒園して、学区の小学校に入学する、というのよりも
きっとさらに、就学を迎える障害児の親側の心理面には
もっともっと高いハードルが有るんだろうなぁ・・・って感じています。

とはいえ、私は健常児の親になったことないし、なる予定も無いから、
比べようが無いんで、そのへんはまぁ、想像なんですけども(笑)。

だって私、子供が新入学を迎えるワクワク感とか、そんなもん全然無い。
無いですよ! そんなもん。
怖い怖い怖い! そればっかり。

ただただ、
新しいリズムの新しい生活が、新しい環境が、
想像できな過ぎて怖い。震える。

とか言っても、時は無常に過ぎるので
「その時が来たら、やらなくちゃ仕方ない」のももちろん、頭では分かってる。
でも、でも・・・

もうね、無闇やたらに「何もかもがめちゃめちゃ不安・・・」というのが、きっと
うちの療育園の卒園児ママが今、抱いてる共通した想いなんだろうなぁ。

特に今年の卒園児母、みーんな、仲良しだからねぇ。
隠し事とか、ほーんと無い。すごく、ぶっちゃけてる(笑)。
何をぶっちゃけても、この仲間なら大丈夫。
受け止めてくれるし、受け止める。
誰かが大変だったら、自分も大変なくせに(苦笑)なんとか手を貸そうとする。

皆に確認したことは無いけども、少なくとも、私はそうする。明言してる。
近所なんだし、娘ちゃんに発作が起きたら、お兄ちゃんはウチで預かるよ!>かんちゃん

だけど普通ならそんな仲間、イイ大人になったら、そうそう出会えるもんじゃない。
でも、園では出会えた。幸運なことに。

だから、卒園したらこの母仲間と会える機会が減るのが、私はたぶん一番寂しいんだと思う。

寂しい気持ちは尽きないけれど、
そんな仲間と出会えたことこそを喜んで、卒園の日を迎えたい。


卒園したからって、終わりじゃないよ。大丈夫。つながっていくよ。
今は心が落ち着かない自分に、必死でそう言い聞かせてる。

卒園式はやっぱりいつも通り、アイメイクはしないで臨もうと思います。
だって絶対絶対、泣いちゃうからね。


以下のいずれかのボタンを押して下さると、
私の更新のモチベーションがちょっぴりアップするかも知れません。(*^-^*)

いつも来て下さって、ありがとうございます。


にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村


自閉症児育児 ブログランキングへ



                         

テーマ: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) | ジャンル: 育児

療育園の最後の園バス

ついさっき、二人が揃って乗る最後の園バスを見送ってきました。
明日は車で直接登園だから、園バスには乗らないのです。
寂しいのかなぁ? 双子は。
寂しいなぁ。私は。

バスの運転手さんは何度か変更になったし、
バス乗り場も変更になったし、
バスそのものも、新しいバスに代わったけれど、
2歳児クラスから年長までの4年間、園バスにはお世話になりました。


あ、一回だけ、まさかの「園バスがガス欠!?」ってトラブルが有ったなぁ!
子供達を満載した帰りの園バスが、
療育園~最初のバス降り場の間で、ガス欠で止まってしまったこと。

あれにはビックリしました。だって、園バスなのにガス欠・・・(苦笑)。
しかも、たくさんの子供達が乗ってる状態で・・・。

何でも「いつも通り」が安心する子供達だから、
いつもと違う「ガス欠でバス停止」は乗っていた子達もビックリしたでしょうけれど、
それでもわりと落ち着いた様子で、
振り替え代替輸送?の軽自動車でバス降り場まで送り届けられてきたのでした。


バス乗り場で、子供を見送った後、
ママ達だけであーだこーだと
お互いの育児の愚痴を語り合ったのも楽しかったなぁ。
吐き出して共感してもらって、気持ちをリフレッシュ☆することで、
また面倒くさい子供(笑)となんとか向き合える、って感じでした。

あぁ、もう、園生活のすべてが最後、最後、最後って感じで
最近はすっかりセンチメンタルな気分です。


以下のいずれかのボタンを押して下さると、
私の更新のモチベーションがちょっぴりアップするかも知れません。(*^-^*)

いつも来て下さって、ありがとうございます。


にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村


自閉症児育児 ブログランキングへ



                         

テーマ: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) | ジャンル: 育児

卒論提出期限日に起きた悲劇

2/22が提出期限だった、療育園の卒論のお話を書きます。

卒論については、こちら→☆

2月に入ったあたりからずっと、こつこつと、卒論を書く準備をしてきました。

双子妊娠中の切迫早産入院記録や、母子手帳、
2歳から週に一回通ったグループ療育の連絡ノート、
3歳から4年間通った療育園の連絡ノート。

その全てに目を通して。なにしろ二人分ですからねぇ。
読むだけで時間もかかりましたし、当時を思い出して、ちょっと泣いたりもして。

資料に目を通し、構想も固まって、
さぁ、書くぞ!と取り掛かったのは、バレンタインの前あたりだったかな。

提出期限になんとかギリギリ間に合わせるべく、
深夜にも作業をして、かなり無理もしてきました。

そして迎えた、提出日。

最後に誤字脱字が無いか確認して~、
画像を選んで~、文書に貼り付けて~、
あ、そうそう!
プリンターも起動させておいて、用紙をセットして~。

あとは「印刷」ボタンを押すだけ♪
くぅ~~っ! やっと迎える、この歓喜の瞬間!(´艸`*)


この、まさかのタイミングで、事件は起きました。
冗談みたいなこのタイミングで、なんで、PCトラブル!?
おそるおそるPC再起動させてソフトを開くと・・・

「はじめまして。登録ウィザードへようこそ」みたいな表示が!!!

はい?
いえ、全然「はじめまして」じゃないですよ?!
いまさら、何いってくれちゃってるんですか?
ちょっと、ちょっとぉ~~!!
ここんとこずーっと、私たち、仲良くやってきたじゃないですかっ?!

私の頭の中に工藤静香の「FU-JI-TSU」が流れた瞬間ですよ。
  ♪ 不実です 初めて会ったような 不思議顔~  私は街角ピエロ ♪ 

   アラフォー以上の人なら分かってくれる曲ですね(笑)。


それでも、渋々、そしてこわごわ、再登録すると
ドキュメントの中に、私の「卒論ファイル」は、有りました!


有るには、有った。 だがしかし、開いてみると


一面の菜の花(by山村暮鳥)ならぬ、
一面の ############。

↑恐怖の、一面の井桁(イゲタ)地獄・・・。文字化けです。



うわぁ~! これはもう、素人にはどうにもならない。
ヘルプミー! 身近なSEさん(注: 妹の旦那)!

SEさん、疲れて仕事から帰ってきてるだろうに、
色々、調べて、色々、確認してくれて
それでもやっぱり、イゲタ地獄に陥った、壊れたデータは復旧できませんでした・・・。


いくら私が使い慣れてた古いワードに、使い勝手が似てて楽だったからって、
フリーソフトなんて使ってたのがダメだったのよね・・・。
私がいけないの・・・。
おまけにデフォルトの設定がなぜか
「バックアップファイルを作成しない」になってたのよね・・・。

血の涙レベルのショックでしたわ。


この、あまりのショックな出来事に、
この後、数日間の私は「燃え尽きた真っ白な灰」状態でございました・・・。

ショック過ぎて、直後には熱が出て寝込んだり、
今までは中ったこと無かった愛する生牡蠣にも軽~く(?)中ったり、
なんかもう、踏んだり蹴ったりでした。



でも、いまはもうすっかり元気になりました。
いつも来て下さって、ありがとうございます。


にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村


自閉症児育児 ブログランキングへ



                         

テーマ: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) | ジャンル: 育児

自閉っ子への視覚支援が私にも便利♪

長男がDVDを見たい時。
長男は、自分で操作して、勝手に見ています。

見たいDVDを選んで、
プレイヤーにDVDをセットして、「閉」ボタンを押す。
そうすれば勝手に読み込みされて、再生されます。

でも、正しくは「閉」ボタンを押さなくてはいけないのに、
しばしば長男は間違って「電源」ボタンを押している様子。

電源OFFになってしまうので、待っても待っても再生されず、
長男、ついには私に「デキナイー!」と訴えに来るのです。


・・・そりゃ、そーだろ。電源、切ってるし。>長男

忙しい時にこんなことで「デキナイー!」って言われるのが嫌なので、
これはお互いの為に、どうにかしないといけないなぁ・・・って思ってはいました。

で、どうして長男がそんなにしばしば間違えるのかとプレイヤー本体を見てみたら、
あらら、ボタンの位置が確かによく見えないんだわ。

黒いボディーに、全く同じ形で同じ黒色の、横長の細~いボタンが二つ、並んでる。

デザイン性重視のためか、ボタンに色を付けて分かりやすくなってるワケでも無く、
大人だって、目を凝らしてよーく見て、
それでようやく「あ、こっちが開閉ボタンね?」って分かる、さりげない存在感のボタン。

ぜーんぜん、目立たないボタン。
これじゃあ、どっちを押したらいいか、私以上に、きっとよく分からないよね。

おまけに、テレビ台に収納されてるから、ちょっと手元も暗めで
我が家のプレイヤーは、ますますボタンが確認しづらいのか~。

これは、もっと分かりやすくしてやる必要があるな!と思って、
こうしてみました~。

dvd.jpg

百均で買ってあった、手持ちの2センチ弱の丸いシールを、チョキチョキ切って、加工。

電源ボタンの上には「 × 」を。
開閉ボタンの上には「 ○ 」を。

ただ、ペタリと貼ってみただけ。

この画像で見ても、ボタンの存在そのものはよく分からないけど・・・(^-^;
シールで、目立つ○と×を付けたら、あらビックリ。

どこを押したら何のボタンなのかが、とーっても分かりやすくなって、
私にとっても、なんだか、うんと使いやすくなりました♪

私は長男に「デキナイー!」と訴えられて、いちいち家事の手を止めなくても良くなったし、
長男本人も、視聴までの過程を全て自分で出来るようになり、
「ボク一人でできるもん」と、自己肯定感が高まるし。

もちろん、私がDVDを見たい時にも、前より便利になりました。

ほんのちょっとの工夫で、私も長男も、お互いに便利になりました。


以下のいずれかのボタンを押して下さると、
私の更新のモチベーションがちょっぴりアップするかも知れません。(*^-^*)

いつも来て下さって、ありがとうございます。


にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村


自閉症児育児 ブログランキングへ



    

テーマ: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) | ジャンル: 育児

並んでいる可愛らしさ

どんなに大変な出来事があった一日だったとしても、
布団に二人が並んで横たわり、眠りに落ちようとしているその時間は、
頭を撫でているただそれだけで、
「今日も一日、幸せだったわー」と思えてしまう。

なんとも、おめでたい母です(笑)。

特に、今は特別です。
何と言っても、頭の感触!!

いつもは私がバリカンで髪を切っているのですが、
数日前にプロの美容師さんに双子の髪を切ってもらったばかりなので、
触り心地が抜群にイイ!というのも
幸せポイントを格段にアップさせているような気がしますよー。


おまけに、双子って不思議と、よく、
同じ格好して寝たり、鏡合わせの恰好で寝たりします。
その可愛らしさったら筆舌に尽くしがたい!



・・・いつか成長して、むさくるしくなる日が来るのが怖いの(笑)。
だってウチの双子は、ほぼ、旦那のコピーだし。
だから、成長した姿が、あまりにも容易に想像できて可愛くない!
そんなのが二人、並んでたとしても、それはちっとも可愛くないのよ~!


いやいや、さすがにその頃には、身体が大きくなっちゃって、
今みたいに二人並んでかわいく、同じお布団では眠らないか~。


やはり期間限定の可愛さのようなので、せいぜい、堪能しておこうと思います!


前述の「卒論」が大変なことになって私が撃沈した記事を、ここでも読みたいなー♪
と思って下さる方は、以下のどこかのボタンを押して下さい。(*^-^*)

いつも来て下さって、ありがとうございます。


にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村


自閉症児育児 ブログランキングへ



                         

テーマ: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) | ジャンル: 育児