他者に突然に絶たれていい命なんて、無い

昨日、相模原市の障害者施設で
信じられないような悲惨な事件が起きました。

このブログ記事で事件に触れるか触れないか、かなり悩みました。
後で読み返したら私自身が辛くなりそうなので、
もしかしたら
ちょっと時間が経ったら、削除するかも知れません。

辞めさせられた元職員の犯行とのことですが、
完全に思考のおかしな異常者、もしくは違法薬物の影響も有るかも、らしいので
この人についてピンポイントでは、ここではもう、何も書きたくないです。

稀代の卑劣な殺人鬼として、私の生活や思考から、う~んと遠いところに葬る。
触れない。考えない。
だって考えたって私には絶対に理解できないから。

こんなふうに、そもそも絶対に理解できない人のことを、
「理解しようとしたけれど、どうしても出来ない」って私は言いたくないのです。
私の人生の無駄使いになっちゃうから。

今回の事件は、被害者の数がもう尋常じゃない。
個人的には今回は精神鑑定とか裁判とかすら、不要だと思ってます。

犯人については、これで終わり。


今回の事件で
一番の被害者は、もちろん亡くなった方々やケガをされた方々。
次に、その方々のご家族。
その次に、凄惨な現場で懸命に救助や捜査にあたられた方々。
ご家族や、警察や消防の方々の心の傷はいかばかりか。
この方達の心のケアが気にかかります・・・。

あとは、完全に変なとばっちりを受ける形になる、全国のそういう施設職員の方々。

大変なことが多いお仕事だと思います。
綺麗事ではなく、我が身を削って従事していらっしゃるような現場も多いはず。
ケガすることだって、普通の職業とは比べ物にならないほどに多いことでしょう。

賃金の為だけになんて、こういう職業は選べないはず。
いえ、軽はずみな気持ちで選んではいけない尊い職業の一つだと、私は考えています。

もうね、本当にこれは声を大にして言いたい。
犯人みたいなおかしな思想を持ってる人よりも、絶対的に多いのは、
ご自分の仕事に誇りを持って働いていらっしゃる、志のある職員さんですから!

「元」職員とは言え、
そういう立派な志を持った全国の同業の方達をも貶めたのが、今回の事件だと思います。

施設職員の方々、今回の事件のせいで
変な色眼鏡で見られることも有るかも知れませんが、くじけないでくださいね。
皆さんの崇高な職業使命に支えられている障害者の家族は、たくさん居るはずです。
心からの、感謝と尊敬とエールを贈りたいと思っています。


「人の生き死に」ってね、
それはもう、嫌になっちゃう位に、自分ですら決められないのが本当で。

亡くなった祖母が私によく言っていた言葉を思い出します。
「神様が『いいよ』と言うまで生きるのが、人間の仕事だよ」。


その祖母の言葉が私に染みているせいか、
時々、私自身が「死にたい」って思ってしまうことすら、
思った途端に、心のどこかから
『こんなこと考えちゃいけないんじゃないか・・・』って咎める思いが湧いてきます。

それなのに、
例え障害が有るからと言って、赤の他人の身勝手でイカレた価値観で、
今回の事件のように人生を強制終了されていいなんてことは、無い。
他者に突然に絶たれていい命なんて、無い。
絶対に無い。

「障害者なんて 居なくなればいい」?
「障害者を殺すことが 不幸を最大限に抑えること」?
「突然のお別れをさせてしまって、遺族の方には心から謝罪したい」?

ふ ざ け ん な    お前、なにさまだ? ですよ。

人が生まれてくる、生かす、生きていく、死ぬ。
これは人智を超えていること。
おばあちゃんは、「神様の仕事」って言ってたもの。

だからこそ
身勝手でイカレた価値観で、
しかも今回みたいに偽善の仮面をかぶった悪魔のような殺人鬼が、
関与していいことでは、決して無いんだ。

そう思っています。



以下のいずれかのボタンを押して下さると、
私の更新のモチベーションがちょっぴりアップするかも知れません。(*^-^*)

いつも来て下さって、ありがとうございます。


にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村


自閉症児育児 ブログランキングへ



                         
スポンサーサイト

テーマ: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) | ジャンル: 育児

成長したからこその収納改革に着手

双子が赤ちゃんの頃からずっと、
我が家の引き出しという引き出しには、ほぼ全てベビーロックをかけて来ました。

かけていなかったのは、双子では手の届かない、高いところの引き出しぐらい。
あとは、引き出しの中身が双子にいじられても大丈夫なモノばっかりの場合は、
ベビーロック無しでもOK、としていました。

しかし、双子の成長と共にベビーロックなんていう子供だましの製品では、
彼らのイタズラを阻止できなくなってきたのが、2~3歳の頃でしょうか。

それからは、
開錠にはベビーロックよりも多少スキルの要る、番号合わせ式の南京錠を
家中のあちこちに多用して、この3~4年を暮らしてきました。
こんな感じ。 ↓

moblog_c8ecab81.jpg

moblog_be30f899.jpg


が、ふと気が付けば、
最近の双子は、以前のように、なんでもかんでもイタズラしなくなってきました。

私が「それはダメだよ~!」と一声かければ、
「ごめんなさい」とニヤリと笑って、出したその手をひっこめたり、

そもそも、無施錠の引き出しそのものにも、
以前ほど、無闇矢鱈に興味を持たなくなってきました。
君達なりに、成長したんだねぇ。

だから、ねぇ。双子よ。
・・・・・もう、そろそろ、大丈夫かしら?

我が家の収納における最大のポイントを
「双子のイタズラの魔の手から守れさえすれば何でもOK」から
「整理されて、大人がより使いやすくなること」へ転換しても。


今までは、とりあえず、
買ってきた食材のストックなどは双子の目に触れないようにすぐに、
ウォークインクロゼットのダンボール箱にぶちこんでおいていました・・・。

なので、必要な時に必要な物を探すのがとても大変でした・・・。

今までは恥ずかしくて、とても「収納」とは呼べないような状態だったけれど(^-^;
双子も成長してきたことだし、
とりあえず、まずは、ストック食品のぶちこみ箱(笑)から、どんどん
「大人が使いやすく」、改革していければと思います。

やるぞー!
時間を見つけて、頑張るぞー!


以下のいずれかのボタンを押して下さると、
私の収納改革のモチベーションがちょっぴりアップするかも知れません。(*^-^*)

いつも来て下さって、ありがとうございます。


にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村


自閉症児育児 ブログランキングへ



                         

テーマ: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) | ジャンル: 育児

支援級での皆の反応

前回の内容を、かいつまんで連絡ノートに書いて
小学校に持たせました。

K君とY君が家に遊びに来てくれて、嬉しかったこと。

彼らが帰ったら、長男が悲しそうに玄関ドアを指さして、
「行っちゃったー。行っちゃったー。バイバイ・・・」と言って、
少し泣いたことも。


そして、先生は翌日の朝の会で
「昨日はK君とY君が、双子君の家に行ったんだって~」と話したそうです。

それを聞いた支援級の子達が皆、
「えー、ボクも双子君の家に行きたかったー!」
「私も~!」と、口々に言っていましたよ、と先生から報告を受けました。

わー。みんな、そんなこと言ってくれたの? なんだか嬉しいな。
でも、ウチはそんなに広くないから、人数小分けで来てね♪
お願い。


あ、でも!
ウチには遊びに来てくれたお友達に出せるジュース類が無いんだった!
だって、ウチの冷蔵庫に冷えているのは

牛乳、豆乳、トマトジュースだけなんだもの。

渋すぎるラインナップ・・・と人からはよく言われます(苦笑)。


なので、いつかまたお友達が遊びに来てくれる時の為に
双子には内緒で、こっそりとカルピスを買っておこうと思います!('◇')ゞ


以下のいずれかのボタンを押して下さると、
私の更新のモチベーションがちょっぴりアップするかも知れません。(*^-^*)

いつも来て下さって、ありがとうございます。


にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村


自閉症児育児 ブログランキングへ



     

テーマ: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) | ジャンル: 育児

お友達と別れる寂しい気持ち

前回の記事の続きです。
長男の大好きなお兄さん達が「じゃあね~」と帰っていった後のこと。

お兄さん達が、自分の家に来た!という、
長男にとって初めてのこと。長男の非日常。
きっと、長男はこれがとても嬉しかったのでしょうね。

長男は、二人が帰っていった玄関ドアを指さして、
「あーあ、行っちゃったー。行っちゃったー。バイバイ・・・」と
とても悲しそうな顔をして、
そのまま走って行って、寝室の布団にダイブ!

長男はちょっとだけ、泣いていました。

大好きなお友達と別れると、寂しい、悲しいという気持ちが
私の知らない間に、長男の中にも育っていたんだなぁ・・・と
ここでも、長男の内面の成長を感じました。


でも、泣いた数分後に
私の「ごはんだよー」の声で、気持ちを切り替えられたのは
さすが!食いしん坊の長男でした(笑)。


以下のいずれかのボタンを押して下さると、
私の更新のモチベーションがちょっぴりアップするかも知れません。(*^-^*)

いつも来て下さって、ありがとうございます。


にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村


自閉症児育児 ブログランキングへ



     

お友達来訪記念日

双子がデイサービスから帰ってきて、送迎車から降り、
デイの職員さんに「バイバイ」してから、家までの道を歩いていたら、
支援級の5年生男子2人にバッタリ会いました。

しかもその2人は、長男が毎朝ハグしに行く、大好きなお兄さん達!

長男は、彼らと小学校の外でも会えたのが嬉しかったのでしょう。
喜んで、いつものハグ。・・・を私が引き離して、ハグ→握手をさせて~。

私はそこで彼らとバイバイして別れるつもりでいたのですが、
長男が、大好きなお兄さんの手を離さない!(笑)。
戸惑いながらも、そのまま長男に連れられていく、心優しい5年生2人。

玄関ドアまで来た時は私もさすがに「どうしようかな」と思ったけど、
お兄さん達も家の中の様子に興味が有りそうだったので、
私も思い切って「どうぞ~。あがって~」と招き入れました!

双子っちのお友達が、初めて我が家にやって来ました。

家にあがったお兄さん達は、壁に貼ってある物、とか
置いてある物、とか眺めては感想を言ってくれました。

彼ら「あー、壁にマリオとルイージが貼ってある~!」
私 「デイの人がお誕生日に作ってくれたの。すごいでしょ」とか、

彼ら「あ、DSが有る! たいちゃん、DSやるんだ?!」
私 「やるけど、たぶん、意味分かってないと思うよ~?(笑)」とか。

15分ぐらいで「じゃあ、バイバイね」と玄関まで送ったら、
帰り際に
「お母さん、今度、たいちゃんとようちゃんと遊んでもいいですか?」って。

なんですと?!
私、ビックリ!
「え? ウチの子達と遊ぶ、って・・・ナニして???」って訊いちゃった。

だって、ろくに言葉でコミュニケーション取れないのに?
お利口な君達と、おバカな双子っちが、どうやって遊ぶの?
っていうか、そもそも、遊びって成立する???

私の頭の中にハテナマークが乱れ飛びました(笑)。

もじもじした様子の彼らは
「外で、とか、 一緒にDSしたり、とか・・・」って言ってくれたので、
私が
「そっか。ウチの子は何するかわかんないから、その時は私も付いてないとダメね~」
って言ったら、
そこは「はい・・・」と、正直に、自信なさそうに答えてくれました。

でも、彼らが「双子君と一緒に遊びたい」と言ってくれたことが、
私は本当に嬉しかったのです。

以前書いた「お友達が遊びにきて泣いたお母さんの話」

期せずして、私が思っていたよりもずいぶん早く、
我が家にも、双子の「お友達」が来てくれました。
というか、長男が無理矢理連れてきた、というか・・・(^-^;


たいちゃんが 大好きな子を連れてきた
7月4日は 友達記念日☆ (字余り)


以下のいずれかのボタンを押して下さると、
私の更新のモチベーションがちょっぴりアップするかも知れません。(*^-^*)

いつも来て下さって、ありがとうございます。


にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村


自閉症児育児 ブログランキングへ



     

テーマ: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) | ジャンル: 育児

6年生からの嬉しい報告

毎日、小学校の教室まで双子を連れて行って、
朝の会が始まるまでの間、ずっと教室に居る私。

なので自然と、支援級の他の子達とも接する機会が多くなり、
色んなことを楽しく話すようになってます。

よその子とでも、会話が成立するって楽しいわー!
だって、ウチの子達とはろくに成立しないんだもの・・・(^-^;

なので、よそのお子さんとの会話を私は純粋に楽しんでおります♪



つい先日、同じ支援級の6年生のお姉さんが、私にこんな話をしてくれました。

「昨日ね~、私が『今度、練習試合が有るんだ!』って言ったらね~、
たいちゃんが『がんばってー』って言ってくれたよ」って。

驚いた私が思わず、
「え!? ウチのたいちゃん、そんな気が利いたこと言えたっ?!(疑い)」
と返したら、

彼女はにっこり笑って
「うん、言ってくれたよ。嬉しかった~」って答えてくれました。


嬉しい報告をありがとう、Yちゃん。
それ聞いて、私も嬉しかった~。
練習試合、頑張ってね! o(^-^)o


以下のいずれかのボタンを押して下さると、
私の更新のモチベーションがちょっぴりアップするかも知れません。(*^-^*)

いつも来て下さって、ありがとうございます。


にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村


自閉症児育児 ブログランキングへ



                         

テーマ: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) | ジャンル: 育児

支援級のお友達の中で

双子の通う小学校の支援級には、高学年のお兄さん、お姉さんも居ます。

長男は、大きいお兄さんやお姉さんのことが大好きで
毎朝、教室で顔を合わせると笑顔でギュ~!っとハグをしに行くほど。

こら!長男。人とは「距離感」ってものが大事なの!

こんなシーンに出会うといつも私は飛んで行って
「たいちゃん! 仲良しさんとは握手!だよ」と、
ハグ→握手へと、長男の『行為の置き換え』をさせようとしているんですが、
まだなかなか難しくて・・・。

なので、高学年の子達には
「ウチの子が何か嫌なことしたら、『嫌だよ』『ダメだよ』って叱ってやってね。
迷惑かけるけど、お願いします」って私からは言ってあるのだけれど、
優しい彼らは、長男の迷惑であろうハグも、苦笑しつつ受け入れてくれています。
中にはむしろ「たいちゃん、おいで~」ってしてくれている子まで居て。


次男の方は、ダウン症のお兄さんとウマが合うようで
よく、その子とハグしてます。

ダウン症のそのお兄さんも優しくて、
自分が居ることに気付いていない次男の隣に、わざわざジリジリと寄ってきて、
「抱っこ(ハグ)しても、いいよ・・・?」って風情を出すのが、おかしくって(笑)。

で、次男が彼に気付いて、ハグ。
ちょっと照れ顔の、お兄さん。

私は常々、感謝と共に
「このクラスの子達って、なんて優しいんだ~!(@_@)」って思っています。

それと同時に、
双子がクラスのお友達にこんなにも関心を持てるようになったことに、成長を感じます。
療育園に居た頃は、お友達にここまでの興味は持っていなかったので。


療育園の一年目、二歳児クラスの頃の双子に私が願ったこと。
「物よりも、人に興味を持ってほしい」は、
療育生活4年間の中でしっかり達成されていたことを、小学校で知りました。


以下のいずれかのボタンを押して下さると、
私の更新のモチベーションがちょっぴりアップするかも知れません。(*^-^*)

いつも来て下さって、ありがとうございます。


にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村


自閉症児育児 ブログランキングへ



                         

テーマ: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) | ジャンル: 育児

いくら習慣づいたとはいえ・・・

我が家のベランダには、
プランターが一つと、鉢植えのシクラメンが一つ有ります。
この鉢植えのシクラメンは、
双子が生まれる前に、私の友人が赤と白を二鉢プレゼントしてくれたもの。

当時の画像 ↓
シクラメン


ただ、私が妊娠6ヶ月からずーっと管理入院になってしまったので、
水やりは必然的に夫の仕事になり、私が里帰りから戻ってからもそれ以降も、
水やりだけは、ずーっと夫の仕事のままです。

花屋さんのお友達に訊いたら、
シクラメンって一応多年草ですが、
シクラメンにとっていい条件が揃わないと、夏を越すことがなかなか難しいらしいのです。
我が家でも何年目かに一鉢は枯れてしまったけど、残りの一鉢は奇跡的に今も元気です。

プランターの方に植わっているモノは、ちょいちょい変わる(枯れる)のですが、
ある時期、新しい何かを植えるのも面倒になって、
プランターに「植物不在」の時期がありました。

プランターには土、だけ。
生えてるもの、何も無し。

隣には、シクラメンが一鉢。こっちは元気。という状態。


私が水をやるなら、シクラメンだけにやります。
だって、プランターは何も生えてないんだから。


しかし、夫は違いました。

水やりが習慣づいたから、なのでしょう。
シクラメンだけではなく、
何も生えていないプランター(土のみ)にも、毎日水をやって?いました。

・・・・・・なんで~?

もちろん私は「プランターには何も生えてないから水は要らないよ」と
何度か夫に言ったのですが、
一度習慣づいた夫の、「プランターとシクラメンへの水やり」はセット?で、
変わることがありませんでした。ビックリ。


当時は、
嫌味ったらしくすら思える、夫の頑固なまでのその変わらなさが嫌になって、
ホームセンターの園芸コーナーに駆け込んだ私でした。
「なんでもいいからとにかく丈夫そうなのを下さい!」と店員さんに相談して
ハーブを買ってきました。

ハーブを選ぶ時、相談に乗ってくれた店員さんに
「ウチの旦那ってば、枯れ果てて何も生えてないプランターにも、水やりするんですよ~」
って話したら、
「わ~、それはなんだか感じ悪いですよね(笑)。
今日からはハーブに水をやってもらえますよね!」って共感してくれたのを覚えています。


というワケで
水やりが強力に習慣づいている夫が、きっと責任を持って?、
小学校から持ち帰る双子の朝顔にも、水をやってくれることでしょう。

朝顔の鉢を小学校から持ち帰ったら、
プランターの隣にそっと置いてやろうともくろんでいます(笑)。


でも、その朝顔の鉢植え、持ち帰るのは「私」なんだよなー。
で、二学期にまた小学校に持って行くのも、たぶん私・・・(^-^;
一日、一鉢ずつ~!  頑張ります!

いつも来て下さって、ありがとうございます。


にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村


自閉症児育児 ブログランキングへ



                         

テーマ: 日々のこと | ジャンル: 結婚・家庭生活

夏休み中の朝顔、どうなる!?

小学校で一年生みんなが育てている、鉢植えの朝顔。

5月の終わり頃に種を埋めて、芽が出て、
すくすくと育っております。

asagao1.jpg

5月の終わりには、こんな可愛らしい双葉だった朝顔も、
7月になった今は、もう1mぐらいの高さ!
支柱もしっかり必要なサイズです。

先週には、次男の鉢の朝顔は一つ、もう開花していました。

asagao2.jpg

朝顔かぁ。懐かしいなぁ。
私も、小学校時代にはやっぱり、小学校で朝顔を育てたものです。

でも、昔はね、
「子供自身が自分で、夏休み前には鉢植えを持ち帰ってた」のよ。

私の子供時代には、
えっちら、おっちら、子供達自身が、自力で苦労して、
絵の具セットやら習字セットやら、画板やら、防災頭巾やらと一緒に、
小学校で育ててる鉢植えも、頑張って持ち帰っていたもんですよ。

それなのに今は、
「保護者の方が、夏休み前に持ち帰ってください」と
小学校から通達が来る時代なのね・・・。
時代が、変わったんだなぁ・・・(しみじみ)。


まぁ、いい。
現代は、保護者が家に鉢植えを持ち帰ってきたとして、その後の、その朝顔。
「夏休み中には、子供達が水やりをしなさいよ」というのが、小学校のスタンス(だと思う)。


いやいやいやいや!(笑)。
・・・ウチの子なんて、ぜーったい、水やりとかしないでしょ!(笑)。
するワケ無いわ~!


・・・え? 「それでも水やり、させろ」って?>小学校の先生


もしかしたら、夏休み中の朝顔の水やりって、
子供への宿題ではなく、 親への宿題、なのかも・・・。


我が家では朝顔を枯らさずに、二学期を迎えられるのかっ!?(どきどき)


以下のいずれかのボタンを押して下さると、
私の更新のモチベーションがちょっぴりアップするかも知れません。(*^-^*)

いつも来て下さって、ありがとうございます。


にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村


自閉症児育児 ブログランキングへ



                         

テーマ: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) | ジャンル: 育児

コマーシャル大好き次男

だいたい多くの人は、
録画したテレビでも、コマーシャルの部分は邪魔だからスキップして飛ばすというのに、
うちの次男はコマーシャルが、もうやたらと大好き。

暇さえあれば、YouTubeでコマーシャルばっかり見てます(苦笑)。

次男があんまりしつこくしつこく見ているので、
それを四六時中ずーっと聞かされるこちらとしては、

そのあまりのしつこさのせいで、
それが聞こえていない時の空耳までもがコマーシャルになってしまうほどで、
私の頭の中でリフレイン状態。

もはや、次男による「洗脳」といった感すら有ります・・・。
怖ろしや。

で、結果として私は
「その製品や会社が嫌いになってしまう!」という事態に陥ります・・・。
ごめんなさいね。

そういうワケで、
我が家は「消臭力」は買いません!
っていうか、買えません!
今でさえ大変(これはまた近々書こう・・・)なのに、
家に次男の大好きな「消臭力」が有ったら
どんな大変なコトになることか!!!

あの、ボーイソプラノが美しいミゲル君(なにげに詳しい私)ばりに、
うちの次男がコマーシャルの歌を今以上の熱量で、
激しく歌いまくるに違いない!


あーあ。
コマーシャル制作側の意図するところとは、真逆に作用してしまっています。
我が家には(^-^;

だって、実際に財布を握っている私や夫には、宣伝効果が無い。
むしろ逆。

効果満点ならぬ、  逆効果満点!(笑)。


でも、裏を返せば
  それだけ強烈な訴求力のある、キャッチーな、良いコマーシャルを作れている☆
ってことかも。


以下のいずれかのボタンを押して下さると、
私の更新のモチベーションがちょっぴりアップするかも知れません。(*^-^*)

いつも来て下さって、ありがとうございます。


にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村


自閉症児育児 ブログランキングへ



      

テーマ: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) | ジャンル: 育児