「なるほど」って便利ね

昨日の夕食、ホントは違うメニューの予定だったけど、
次男が「ラーメン食べたい!」というので、急遽、
前日の残りの煮込みハンバーグと、ラーメンになりました。

味噌汁のお椀でラーメンを出したのですが、
食事もほぼ終わりかけの頃、
ほんの一口分ぐらい、底に残った状態の次男のお椀がひっくり返されました。
もちろん、それは悪気でやったことではなかったのですが。

食後の片付けをする前に、次男が大好きな『黒ひげ危機一発』で遊びだし、
ビヨーン!と飛び出してきた黒ひげ人形が、お椀をひっくり返したのです(苦笑)。

まぁ、いうなれば不幸な事故?

私は、
「あーあ! もう!(怒)。ごはん終わってから、遊んで!
そこ拾って~。はい、拭く!」
と、プリプリ怒りながら、次男に指示を出しつつ、汚れたところを片付けました。

汚れてしまったところを、ゴシゴシと拭いている私に向かって、
次男が「ママ、怒ってるー」と状況を確認するので、
私は「そうだよ! 怒ってるよ!」と返しました。私、大人げな~い(笑)。

そこで次男が言ったのは、 「・・・なるほど」。


怒ってた私も、つい笑ってしまいました。
「なるほど」って、ママが怒ってるのを納得したんかーい!(笑)。


でも、よく考えたら「なるほど」って便利な言葉ね。
これ、言われた方は一応「聞いてもらった」「受け入れてもらった」と感じられるもの。
言われて腹が立つことはまず無いもんなぁ。まぁ、言い方にもよるけど。

何でも否定から会話する夫も、この便利な言葉を次男から学べばいいのに~。



最近、次男がよく「なるほど」「なるほど、なるほど」って言うようになったんだけど、
なんでかなー?

もしかしたら、『世界の果てまで行ってQ!』の手越君の影響かしら? ( *´艸`)


以下のいずれかのボタンを押して下さると、
私の更新のモチベーションがちょっぴりアップするかも知れません。(*^-^*)

いつも来て下さって、ありがとうございます。


にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村


自閉症児育児 ブログランキングへ



                         
スポンサーサイト

テーマ: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) | ジャンル: 育児

もう嫌だ―、低気圧接近!

昨日と今日。
朝の双子の登校が大変でした・・・。

昨日は、しまってあった「休日用のサンダル」をわざわざ出してきて、
ちゃっかりそれを履いて登校しようと玄関を出て行くもんだから、
私が「こらこら! 小学校には運動靴で行くでしょ?」って注意して呼び戻したら、
2人が同時にそこから崩れました。

え~!そんなことで崩れるのぉ~?!って、むしろ私がビックリ。
だって、その直前まではニコニコしていて登校準備も順調だったので。

あー、もう。
リスパダールの頓服のませて、2人が落ち着くまで待とう。
その間、私は洗濯物でも干そう。私の気持ちも落ち着かせるために。

泣くのが終わったら、小学校行こうね。
ドン!する子は、小学校行けません。
大きな声を出す子も、小学校行けません。
小学校行きたい?
じゃあ、涙を拭いて、ハンカチ新しいのに取り替えて、一緒に行こうね。

結局、いつもよりも15分ほど遅刻にはなりましたが、
2人がちゃんと落ち着いてから、ゆっくり登校しました。



今朝は、何度声かけしてもお着替えが出来ないまま、
パンツいっちょで登校時刻を迎えてしまった長男と、

玄関で早くもランドセル背負って、登校モードになっている次男。

2人の温度差が、すごい・・・(^-^;
こういう日も、これまた大変なワケで。

着替えてない長男を、次男が怒って攻撃!するし、
長男はわぁわぁ泣きわめくし。

一人は「小学校、行く!」だし、
もう一人は、号泣しながらもいまだに、パンツいっちょ(笑)。

もう、いったい私にどうしろと?!

私が「じゃあ、ようちゃん(次男)とママは小学校に行くね!」って
長男に言い放って玄関で靴を履こうとしたら、

長男、めちゃめちゃ焦って玄関で服を着始める。
なんだよ、一緒に行きたいんか~い!(ツッコミ)

今朝は、そんなこんなで30分の大遅刻でした・・・。
疲れるわぁ。ほんとにもう。





以下のいずれかのボタンを押して下さると、
私の更新のモチベーションがちょっぴりアップするかも知れません。(*^-^*)

いつも来て下さって、ありがとうございます。


にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村


自閉症児育児 ブログランキングへ



                         

テーマ: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) | ジャンル: 育児

心の中の葛藤に疲れた

実は私にとっては大変な出来事があり、先々週から私の心の中は大荒れでした。
大波が、ざっぱん!ざっぱん!と押し寄せて、翻弄されておりました。
子供達の障害発覚の次ぐらいに、大きな衝撃を受けました。

「え~!?そんなの信じられない」「あー、じゃあもうダメかも」
「いやそんなことない、大丈夫」「いや、でも・・・」
心の中で常に葛藤してる状態って、すごく疲れますね。

夫や子供達のことではなくて。

ここ数日、ようやく少し落ち着いて、
「なるようになるさ!」と思えるようになってきました。



モヤモヤした心をどうしても止められないようなときには、
週末に持ち帰ってくる「子供の上靴洗い」ってイイですね。

靴洗いブラシで、ゴシゴシと汚れをこする。
ゴシゴシ、ゴシゴシ、ゴシゴシ。
この単純作業に集中する。

自分の中の葛藤をこの少しの間だけでも、忘れられるのがイイのです。


いや、でもね、次男。
だからって、週半ばにまで、
汚れた上靴を持たされて帰宅しなくてもいいんだよ?

しかも、汚れた理由が「中庭の汚い池に上靴で入っちゃいました」って!!!


また~!?
もう、今回で三度目だよ!( `ー´)ノ


池に入っちゃダメー!!!


以下のいずれかのボタンを押して下さると、
私の更新のモチベーションがちょっぴりアップするかも知れません。(*^-^*)

いつも来て下さって、ありがとうございます。


にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村


自閉症児育児 ブログランキングへ



 

テーマ: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) | ジャンル: 育児

何も買って帰れなくて泣いたあの日

まだ小さい多動のお子さんを育児中の方から、メッセージを寄せていただきました。
あぁ、分かるなぁ!って思うことばかりでした。

私も同じでした。



私の場合、100均に行って、何か一つだけ、
その日は何か欲しいものが有ったのです。
あいにく夫も不在だったし、双子を連れて行くしか無くって。

当時4歳の双子は、その日はたまたま、虫の居所が悪くってグズグズ。
低気圧に弱いから、台風でも接近中だったのかしら。
そこまでは覚えていないのですが。

2人の手を引いて、100均まで歩いて行って、
欲しいものをたった一つ買って帰る。

ただそれだけが、その日の私達には途方もなく難しかったのです。

100均の店内にはなんとか入ったものの、品物を見る余裕が全く無くて、
グズグズでグダグダな双子の手を引いて、買い物は諦め、
「もう帰ります!(怒)」って宣言して何も買わずに、
情けなくて半泣きで帰宅した覚えがあります。

100均でたった一つ、品物を買う。
それすらも障害児の双子を連れていると、出来ないんだ・・・。

それがもう、やたらとその日は情けなくて情けなくて、泣けました。



でも、不思議なことに、何も買えずに半泣きで帰宅したのは
あの日だけだったように記憶しています。

それとも、本当はそんな日はもっとたくさん有ったのに、
私が都合よくすっかり忘れているだけなのかも(笑)。



以下のいずれかのボタンを押して下さると、
私の更新のモチベーションがちょっぴりアップするかも知れません。(*^-^*)

いつも来て下さって、ありがとうございます。


にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村


自閉症児育児 ブログランキングへ



  

テーマ: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) | ジャンル: 育児

難しい個別の指示

最近は、子供達に言葉で話すだけでかなり伝わる部分も増えたので、
昔ほど視覚支援を必要とはしなくなってきて、
家庭内ではずいぶんと楽になりました。

それでも、うろちょろする多動児が家庭内に二人いるからこそ起こる、
ちょっと笑えちゃった出来事というのが有りました。


つい先日のこと。珍しく二人のスケジュールが異なる日がありました。

長男は小学校→デイサービス→私が送迎してショートステイ。
次男は小学校→デイサービス→いつも通りデイの送迎車で帰宅。

デイサービスに行くところまでは二人とも一緒だけれど、
そこからの動きが異なる。
一人はショートステイ。もう一人はいつも通り。
これは、初めてのパターン。

長男が「いつもと違う~!」と混乱するといけないので、
私はあらかじめ、朝のうちに予定を長男の方にだけこっそり伝えておこうと思いました。

朝の慌ただしい中、ショートステイ先に出す書類を書きながら、
通りかかった長男を「ちょっと待った!」と捕まえて、予定を話します。

「今日は、小学校に行ってから~、デイに行ったら~、ママがお迎えに行くよ。
車でお迎えに行くからね。そしたらショートステイに行くんだよ」と。

たったこれだけのこと。

この短い指示の後半、ちょうど「そしたらショートステイに・・・」の直前に、
たまたま、私と長男の傍にフラリとやってきた、タイミングの悪い次男。

ショートステイの単語を聞きつけ、足を止めて、
私の方を見て
「ショート・・・・・一つ、ネンネして・・・・・・」と悲しげに呟いて、
またフラリと去って行ってしまいました。


違う~! キミじゃ、無い!!



この後、ショートに行く悲しみに体が傾いでいる次男を寝室まで追いかけて行き、
「違う、違う! ようちゃんはショート行かないよ!
今日は、たいちゃんがショートに行くの! わかった?!」
ときっちり訂正しなくてはならなくなり、
私の忙しい朝の時間が、更に忙しくなりましたとさ(笑)。


常にうろちょろしている子達に、個別の連絡事項が有る場合って
なかなか難しいな(^-^;


以下のいずれかのボタンを押して下さると、
私の更新のモチベーションがちょっぴりアップするかも知れません。(*^-^*)

いつも来て下さって、ありがとうございます。


にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村


自閉症児育児 ブログランキングへ



                         

テーマ: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) | ジャンル: 育児

「療育」と言っても色々なのね・・・

先日、市外の障害児を持つママさん達と会って、
あれやこれやと楽しくおしゃべりをする機会を得ました。

そこで聞いた「療育」というのは、
私が知っている「療育」とはずいぶんと異なるものでした。
非常に衝撃的でした。

そうかー。
私が知っているのは、自分の子達が通った二つの園だけ。
まぁ、運営している法人が同じだから
おそらく、療育の方針だって一緒なはず。

双子が通った療育園は、
通園に慣れるまでは数か月間、親子登園でベッタリ。
慣れた頃からは、子供だけ通園バスで登園。
でも週に一回だけは、親子登園。 でした。

これだって、他の園では「ずーっと毎日、親子登園」というところもあったり、
給食では無く、「昼食前に解散」だったり「お弁当」だったりするところもあるそうな。

双子の通った療育園の方針は、
「乳幼児期は、やりたいことを見つけて、とにかく体を使っていっぱい遊ぶ!
小学校を見据えてイスに座る練習なんて、無理にしなくていい!
園庭を裸足で走り回って、ドロ遊びや水遊びしてお友達と楽しく過ごす!」
って感じでした。

でも、よその療育に通ったママさん達に通園のお話を聞いたら、
なんだか全然違って、まるで別世界のような厳しい?お話でした。

ほぉほぉ、そうかー。
厳しい療育園っていうのも、世の中には有るんですねぇ。
なるほどー。

「療育」って、一口に言っても、本当に色々なんですねぇ・・・。
よその園の療育の話は初めて聞いたので、勉強になりました。
私、とっても世間知らずでした。


このブログに寄せていただくコメントに今までは
「療育って、なかなかイイものですよ♪」とお返事つけてきた私でしたが、
場所による、人による、ケースバイケース、と答えるべきだっただろうか・・・。

いまさらながら、
過去に書いたお返事のことが、心配になってしまいました・・・。

どうかどうか、切に祈る。

どの方のお子さんも、その子その子、それぞれに適した療育の場。
特に「親子の笑顔を大切にしてくれるあたたかい療育」に出会えていますように・・・。



以下のいずれかのボタンを押して下さると、
私の更新のモチベーションがちょっぴりアップするかも知れません。(*^-^*)

いつも来て下さって、ありがとうございます。


にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村


自閉症児育児 ブログランキングへ



テーマ: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) | ジャンル: 育児

疲れきっていたあの頃の私

私の運転免許証の更新に行ってまいりました。
前回の更新から、もう5年も経ったのねぇ・・・。

5年前っていうと、双子が2歳前半。超大変だった頃。
双子に診断がつく直前で、私が心身を病んで実家に引き取られていた頃。
とにかく、双子がチョロチョロ動き回っては、
してほしくないイタズラばかりして、目が離せなくて大変だった頃。

どれどれ・・・と今までの免許証の「5年前の私」の写真をあらためて見てみました。

・・・うわ~、疲れてるわ~、5年前の私。
まだ当時は髪が長かったから、後ろで一つにとりあえず縛ってる感じ。
美容院なんて全然行けなかったから、髪はただ伸ばしてただけ。

でもたしか、この時は
「免許の更新だから」という理由で、
実家の母に双子を預けて、久々に一人の長時間外出させてもらったはず。
久しぶりの解放感で、もっと元気そうに写っていても良さそうなのに、
それでも写真にまでにじみ出る、多動双子育児の疲れ(笑)。

当時の双子との暮らしが、ハンパ無かったのねぇ(しみじみ)。


こうして、今、手元にある新しい免許証の写真と過去のを比べると、
5年分の経年劣化を差し引いても( *´艸`)、
今の私の方がなんだかちょっと元気そう。

実際、この夏は長男と行ったプールで太腿が真っ赤になるほど日焼けして、
まるで「テニス部女子のスコート焼け」みたいな足をした、
元気な(マヌケな?)OVER40になりました(笑)。



5年前の私、毎日お疲れ様!
言葉がちっとも通じなかったその頃が、今思えば一番大変だったよ。
5歳ぐらいになると、ちょっとは楽になるから頑張って~。
就学直前も大変なこと色々あるけど、夫以外の周囲に支えられて
なんとか乗り切れるよ~。

って、5年前の私に教えてあげたい気持ちです。


以下のいずれかのボタンを押して下さると、
私の更新のモチベーションがちょっぴりアップするかも知れません。(*^-^*)

いつも来て下さって、ありがとうございます。


にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村


自閉症児育児 ブログランキングへ



 

テーマ: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) | ジャンル: 育児

台風による不穏

気圧の急な変化、温度、湿度。

このどれかが、またはこれら全てなのかも知れませんが、
双子のメンタルに少なからず影響を与えているよなぁ・・・と感じます。

いつも台風接近の頃って、双子は一番扱いづらいのです。
いつもなら問題にならないようなささいなことでもキーキー、グズグズ言います。

金曜日は、次男がデイから帰宅後、ギャーギャー言って泣いてて、
その要求はとりとめもなく、散発的。次男の思いつくまま。

最初は一つ一つ、聞き入れたり、叶えられなくても共感していたけれど、
鬱陶しいことこの上無くて。

でも、長男はこの時、パニクる次男に引きずられること無く、
「泣いてるねー」「泣いてるねー」と、困った顔で次男を指さすだけでした。
偉いぞ、長男。



ところが今朝は今朝で、登校前に今度は長男の方が不穏になりかける!

私  「ドン!(突き飛ばすこと)したら、今日は小学校行けません」
長男 「小学校行く! バス、乗る!」
私  「そうだよ。今日は皆でバス乗って、おでかけの日だよね。小学校行く?」
長男 「小学校行く!!」
私  「小学校に行く子は、ドン!しません。お約束!」で指切り。

このやり取りというか拙い交渉で、なんとか持ち直した長男。
ふぅ・・・。
月曜日の登校前から、親子ともになんとも危ない橋を渡っております(笑)。

この直後。

私が「休日用のサンダル」をしまい忘れていて、
サンダルが出しっ放しになっていたのがいけないんですが、
長男が勝手にサンダル履いて、一人でドアを開けて外に出た(!)ので
私は慌てて呼び戻しました。

「一人で行きません。ママと一緒に!」
「サンダルじゃないでしょ。小学校は靴、でしょ?」
「もう!(と言いながら靴を出して)バッカじゃないっ?!(イライラ)」と私。

内心、
『あぁ、またイライラして登校させることになりそう・・・』と私が反省していたら、

キッチンに戻った私を追いかけてきた長男が一言。


「・・・バカ・・・でし、たっ!」


認めてる!
しかも、過去形になってるし~!(笑)。


この一言で私はついうっかり笑ってしまって、
イライラもどこかへ行ってしまいました。

こういう笑いの風穴って、子供が時々開けてくれます(笑)。



台風なんて、誰しも避けては生きられない。
でも、台風は避けられなくても
今日みたいにイライラを笑いに転じることが出来たら、
きっとそれだけで、私はずいぶんと君達と過ごしやすくなる。

今朝は長男の一言に救われました。


以下のいずれかのボタンを押して下さると、
私の更新のモチベーションがちょっぴりアップするかも知れません。(*^-^*)

いつも来て下さって、ありがとうございます。


にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村


自閉症児育児 ブログランキングへ



          

テーマ: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) | ジャンル: 育児

とび出し注意!のプレゼント

楽しかった夏休みも終わり、いよいよ二学期が始まりました。

うちの双子は、一学期、夏休み、二学期・・・というシステムが
どこまで理解できているのかは不明ながらも、
始業式前日には「明日は小学校、行くよー」と伝えると、
「小学校、行くー。行きたいー」と申しておりました。

いやいやいやいや!
小学校に積極的に行きたがるほど、君達は小学校を好きではないはず!
と、母は睨んでおりましたが(苦笑)
始業式当日は大きな混乱も無く、双子はわりと淡々と登校していきました。

双子と一緒に私も、もちろん付き添い登校するわけですが、
長い夏休みを経てちょっと久しぶりに顔を合わせる支援級の子達は、
やっぱりみんな一様に、なんだか少しずつ大きく成長していたような気がしました。

支援級の子達は、あちこちに遠出した楽しい夏休みを過ごしたようで、
登校したら、お土産を色々いただきました。

高知県南国市のご当地「ぷっちょ」(お菓子です)。
マカダミアナッツ(海外ね)。
そして、おもしろキーホルダー。

支援級のみんな、いろんなお土産をありがとう。
この夏、お土産を買うような、そんな素敵スポットには全然行かなかった我が家です(^-^;


しかし今回、この、もらったキーホルダーがうちの次男にタイムリー過ぎる!(笑)。
だって、コレだもの!
ジャーン!!!(効果音)

tobidashi.jpg


「ねぇ、次男が飛び出して車にはねられそうになってたの、見てた!?」
って言いたくなるぐらいには、めちゃめちゃタイムリーなキーホルダーです(^-^;

その名も「とびだしとび太」!(笑)


あー、なんか、ネーミングセンスに、
そこはかとなく、大阪のカホリがするわぁ。
と思ってひっくり返して裏面を確認したら、やっぱり大阪でした。
さすが大阪☆
そのネーミングセンスに脱帽です。

世の中の、全ての多動児にプレゼントしたいような、そんな素敵なお品ですよ(^-^;
「とびだしとび太」。

tobidashi.jpg


「とびだしとび太」のキーホルダーは、
頂いた当日に、さっそく、息子達のランドセルに取り付けられることになりました。


今回、このプレゼントの何が一番面白かったって、
これを選んでくれたのが元気いっぱいの多動君本人なんだけど、
ウチの多動双子にも、
同じ支援級一年生の、(ぜーったいに飛び出したりしない)おっとり癒し系女子にも、
この同じ「とびだしとび太」がプレゼントされたってこと!

いやいや、多動トリオな男子チーム(もちろん双子含む)とは違って、
おっとり癒し系の彼女は、ぜーったいに飛び出したりはしませんから~!(笑)

でも、きっと一生懸命選んでくれたんだよね(^_^)
ありがとう。嬉しいな。


以下のいずれかのボタンを押して下さると、
私の更新のモチベーションがちょっぴりアップするかも知れません。(*^-^*)

いつも来て下さって、ありがとうございます。


にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村


自閉症児育児 ブログランキングへ



                         

テーマ: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) | ジャンル: 育児