トランポリンと自閉双子

一番最初に我が家がトランポリンを導入したのは、
双子に「広汎性発達障害」の診断がついた2歳半の頃。

その頃は実家に私も双子も引き取られていて、
まだまだちっとも言葉が通じなくて、言葉も出なくて、
生活するだけで毎日が超大変!だった頃です。

あの頃はまだ双子も体重が軽くて、一人で跳ねようとしても
トランポリンの強い弾性に負けちゃってうまく跳べない状態でした。

だから、双子がトランポリンで跳ねたかったら、大人に手伝ってもらわなくてはならず、
でも当時はまだ全然、言葉が出なかったから、
トランポリンまで大人の手を引いてクレーンで誘導して
一生懸命、無言で『跳びたいよ』『手伝って』と伝えていました。

コミュニケーションがちっとも成立しなかった頃だから、
こうやって関わろうとしてきてくれるだけで、私はすごく嬉しかった。

たとえ、その頃の私が『トランポリンを跳ぶための、ただの道具』だったのだとしても
それでさえも、私はすごく嬉しかったんです。
双子が跳ぶために私はいくらでも手を貸してやりました。



その後、私達は一年間お世話になった実家を出て自宅に戻り、
二人は療育園に通うようになってしばらくしたら
成長に伴って、また新しい問題行動が出てきました。
双子と暮らす家庭生活に困り果てた私は、園のベテラン先生に相談したことがあります。

ベテランA子先生は
「ようちゃんはね、足に刺激が入ると落ち着くタイプだから、
トランポリンとか家に有るとすごくイイと思うんだよね~」とおっしゃいました。

あぁ!先生!
トランポリン、実家に有ります~!



私はすぐに、置き去りにしていたトランポリンを実家に引き取りに行き、
自宅に持ってきました。
双子は久しぶりのトランポリンをとても楽しそうに跳んでいました。

いつの間にか体が大きくなっていたその頃の双子は、
もう小さかったあの頃のように私の手を借りることなく、
自分の力だけでポンポンと上手にトランポリンを跳べるようになっていました。

なんだか私は少し寂しく思ったのを今でも覚えています。



初代のあのトランポリンから数えて、もう三代目。
先週、我が家に新しいトランポリンが届きました。

元気一杯に跳んでいます。っていうか、跳び過ぎです(^-^;

私は「うるさいから、小さく跳んで~!」って注意しまくりです。
そしたら、遠慮してちょっと小さく跳ぶ二人。

あぁ、話が通じるようになったんだなぁ。



トランポリンの歴史とともに感じた、双子の成長のお話でした。


トランポリン1


以下のいずれかのボタンを押して下さると、
私の更新のモチベーションがちょっぴりアップするかも知れません。(*^-^*)

いつも来て下さって、ありがとうございます。


にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村


自閉症児育児 ブログランキングへ



                         
スポンサーサイト

テーマ: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) | ジャンル: 育児

お前になんか任せられるかぁ~!

子供達が小学校に登校する時には、いつも
支援級の教室まで私も一緒に行きます。

昨日は下駄箱のある昇降口あたりで気乗りがしなくて、
なかなか支援級の教室までたどり着けない双子・・・。

双子は不思議と(?)小学校に行くのは好きなようで、
小学校に行きたがらないことは一度も無いけれど、

運動靴を脱いで、上履きに履き替える。
そうすれば支援級の教室は、もうすぐそこだというのに。

私達の感覚ではそんなの、なかなか理解できないけれど、
ただそれだけのことが、双子には難しいという日も・・・結構あります(^-^;

で、昨日の朝もそんな感じで、双子はふらふら~。ふらふら~。
そんな双子を見て、私はイライラ~。
はよ、靴を履きかえんかいっ!?(怒)

少しイラついていた私が
「はい! 早く~!  教室、行くよ~!」って声をかけたら、次男が寄って来て
言うに事欠いて


「おまかせください~」


はぁっ?!
まかせられるかぁ~?!

私、イラついていたはずなのに、思わず爆笑しちゃった(笑)。



次男さぁ、
切り返すセリフとタイミングだけはやけにバッチリなんだけどね、
・・・バッチリなんだけど・・・ごめんね?  不思議なのよね。


ママ、
君には何一つ、おまかせする気になれないのは何故かしら・・・?(笑)。



以下のいずれかのボタンを押して下さると、
私の更新のモチベーションがちょっぴりアップするかも知れません。(*^-^*)

いつも来て下さって、ありがとうございます。


にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村


自閉症児育児 ブログランキングへ



     

テーマ: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) | ジャンル: 育児

誉められた時の次男の返し

私は先週、双子の通う支援級の授業を参観させてもらいました。
そのことは、新しいパソコンが届いてから書くことにします(苦笑)。
とりあえず今日は、短めの記事を書きます。

土日に双子を連れてジイジとバアバの家に行って、
二人が小学校で頑張っていた様子を伝えたら
「そうか~! 頑張ってるんだねぇ」
「すごいねぇ、成長してるんだねぇ!」
と、口々にたくさん誉めてもらってきました。

すると、誉められた次男はまたもやミラクルな返しを!( ゚Д゚)


次男は
「おかげさまで~」


と言って、ジイジとバアバを大爆笑させていました(笑)。


普通の言葉でのやり取りはほとんど出来ないくせに、
ホント、こういうタイミングが上手?なのは次男です。


以下のいずれかのボタンを押して下さると、
私の更新のモチベーションがちょっぴりアップするかも知れません。(*^-^*)

いつも来て下さって、ありがとうございます。


にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村


自閉症児育児 ブログランキングへ



      

テーマ: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) | ジャンル: 育児

メールを読んで、泣けました

私には以前から、ひっそりと読んで楽しみにしていたブログがいくつもありました。
ただの楽しみ、とかいう言葉では収まらなくて、なんというか
「心のよりどころ」みたいな感じ。

そしてそれは、私の状況その時々によって、比重が移り変わるのです。

我が子の障害が分かって、その衝撃を受け止めきれない時は、あそこ。
幼児期の療育に関して情熱を注ぐ時期は、あそこ。
就学を前に思い悩んだ頃は、あそこ。

思えばここまで、自閉育児の先輩方の色んなブログに私の心を支えてもらってきました。
ネットが有る時代で、本当に良かった!と思っています。


そんなブログの中の一つの書き手さんと
(私、ブロガーって言葉が、いまだにちょっと苦手なんです・・・)
この夏の終わりにちょっとしたご縁がありまして
最近、親しくメールのやり取りをさせていただいています。

その方に、双子の通う小学校で起きた「私の中では非常にショックな出来事」を
昨夜、メールで愚痴りました。

今朝、そのお返事がメールで届いて・・・




私は朝っぱらから、読んで泣きました。




もうね、何と言うか・・・

もともと非常に文章力が有る人が、本気のすごい熱量で書く文章って、
読み手の感情への訴求力が、半端ないんですね・・・。

私のこの表現はちょっとおかしいかも知れませんが、もう、
心のドアへの「殴り込み!」みたいな感じです。
その位の強烈な訴求力!

私が何となくモヤモヤと思い悩んでうまく表現できずにいたことを、
彼女は驚くほど丁寧に、かつ的確に拾い上げてくれて、
おまけに今後の望ましい展開まで提示してくれました。

実際に会うと、文章から受ける印象よりもずっと、
ふんわりおっとりとした印象を与える彼女ですが、
その実、外見とは裏腹に内面に隠し持つあの情熱、聡明さに
魅了される人達が多いのも、うなづけるなぁ。

私は、彼女のその影響力と行動力を尊敬しています。
ありがとう。ありがとう。ありがとう。



あー、ちなみに
私の場合は彼女とは異なっていて、リアルでは
「ネットの印象よりも、実際はもっと面白いですよね♪」って言われることが多いかも(笑)。


それが証拠に(?)
上記の彼女のあまりの行動力に驚愕した時に、直接本人に向かって
「ねぇ、○○さんは止まったら死ぬの?
(止まったら死ぬと言われている)マグロなの?!」と言い放ち、
周囲を大笑いさせましたからね(笑)。


以下のいずれかのボタンを押して下さると、
私の更新のモチベーションがちょっぴりアップするかも知れません。(*^-^*)

いつも来て下さって、ありがとうございます。


にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村


自閉症児育児 ブログランキングへ



                         

テーマ: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) | ジャンル: 育児

先生を軽蔑した、小2の私

私が小学校二年生の時の、担任の先生の発言が
私は今も忘れられないでいます。


同じクラスに居たサヤちゃんは、落ち着きがなくて
授業中も離席してウロウロすることが多く、先生によく叱られていました。

今思えば、きっと
今の時代だったらADHDとかの診断が付いていた子なんだろうと思います。

でも、彼女は叱られても叱られてもちっともめげない明るい性格で(笑)
一緒に居ると楽しかったので、私はサヤちゃんのことが好きでした。


ある時、担任の先生(女性)が国語の授業中に言いました。

「サヤさんは『イチ、クチ、ソ、イチ、イチ、ノ、メ、ハ』に問題が有りますね!」

???
『イチ、クチ、ソ、イチ、イチ、ノ、メ、ハ』 ???
先生、何言ってるの???


でもすぐに分かりました。

『イチ、クチ、ソ、イチ、イチ、ノ、メ、ハ』は、漢字の「頭」のことでした。
頭という字を書く時に、『イチ、クチ、ソ、イチ、イチ、ノ、メ、ハ』と書くと書けるのです。

だからこの時、先生はちょっと捻った表現で
「サヤさんは頭に問題が有る」と言ったのです。

「授業中にいつもウロウロして叱られる、落ち着きの無いサヤちゃんは頭がおかしい」
そう言ったも同然でした。

小学2年生の当時の私は、この先生の心無い発言にすごくショックを受けました。
40を超えた今でもはっきり覚えているぐらいですから、当時は相当なショックだったと思います。

ただ、ショックはショックであったんだけれども、同時に
生意気にも?心の中でこう思ったのを覚えています。

『あ、こんな変なことを授業中に言うなんて、この先生はダメな先生だ。
サヤちゃん本人は意味が分かってないみたいで笑っているけれど、
これはとってもダメなことだ。
先生はこんな変なことを言うけれど、私はサヤちゃんとこれからも仲良くしよう!』


子供は子供なりに、本能的と言ってもいいような鋭い力で
大人の本質を見抜きます。
この時からこの先生を見る目が、私は変わりました。



先生の発言や関わり方って、それを言われた対象の子にだけではなく、
それを見聞きした周囲の子供の心にも、強烈なインパクトを与えるんだなぁということを
私はこの時の自分の体験から、重く受け止めています。


現場の先生方にはこのことを常に忘れずに、目の前に居る子供達と接して欲しいなと思います。



そうじゃないとこんなふうに、
何十年か後になっても
「あの時のあの先生はダメな先生だったな~」って言われちゃいますからね(苦笑)。


以下のいずれかのボタンを押して下さると、
私の更新のモチベーションがちょっぴりアップするかも知れません。(*^-^*)

いつも来て下さって、ありがとうございます。


にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村


自閉症児育児 ブログランキングへ



 

テーマ: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) | ジャンル: 育児

まだ、うまく言えないの・・・

前回、自分が書いた記事をさきほど読み直して
「あ! そうだった。
パソコン、買うつもりなのだったわ!」と思い出しまして、
今、ポチッとネットで購入しました。

わーい、数日後には新しいパソコンがやって来る~♪
それまでは長文は控えよう。いつまた消えちゃうかも分からないから。


休日の朝はいつもホットケーキを焼いて欲しがる、長男。
ホットケーキに入れるものは、もうすっかり覚えてる。
牛乳、たまご、ホットケーキの粉。

だけど、昨日はそんな長男に新発見☆
長男、いまだに「小麦粉」って言えないんです~!


長男が言うと、「小麦粉」は  「こむにこ」


「こむにこ」。
なんとも可愛らしい、「こむにこ」。
いや、長男よ。
本当はコレ、「ホットケーキミックス」なんだけどね。

あんまり可愛かったので、何度も「こむにこ」言わせちゃいました(笑)。

次男は「小麦粉」言えるかな?と試してみたら、あっさり言えました。
つまんなーい。


まだ上手に言えない言葉も、そのうちに言える日が来るんだろう。
その時が来たら、
この記事を懐かしい気持ちで読むことが出来たらいいなぁと思って、
書き残しています。

未来の自分への書き置き、みたいなものですね。


以下のいずれかのボタンを押して下さると、
私の更新のモチベーションがちょっぴりアップするかも知れません。(*^-^*)

いつも来て下さって、ありがとうございます。


にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村


自閉症児育児 ブログランキングへ



                         

テーマ: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) | ジャンル: 育児

パソコンが死にそう・・・

さっき気合い入れて書いてた記事が、PCフリーズによって消滅しました・・・。

チッキショー! (小梅太夫、どうしてるかな?)



またさっきみたいにいつ消えるか分からないので、
怖くて長文が打てません・・・。

さっき消えたのは
このブログにしては珍しく、オススメのお役立ち系の情報だったのに~!
またそのうち書きます。



いや、ホントはね分かってるの。もうこのPCもそろそろ寿命だってこと。

購入して、まだ3年しか経ってないけど、
ほんとはもっと長く頑張って欲しいけど、

子供に手荒く扱われてるし、
液晶割れして、修理したことも有るし、
ACアダプタから弱ったバッテリーに給電する時にキュイーン・・・と変な音するし。



前々から、「新しいパソコンどうする?」と話題にはしばしば上ってた。

・・・夫は先月から長期出張で不在だけど、
パソコン、買っちゃおうかな~。

隔週で週末には帰ってくる夫、急に新しいパソコン有ったらビックリするかな。


夫、安心しろ。
買うならボーナス一括払いだ!(笑)。


そして、今使ってるパソコンはお下がりとして、子供達専用になります。


以下のいずれかのボタンを押して下さると、
私の更新のモチベーションがちょっぴりアップするかも知れません。(*^-^*)

いつも来て下さって、ありがとうございます。


にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村


自閉症児育児 ブログランキングへ



         

テーマ: 日々のこと | ジャンル: 結婚・家庭生活

健常児と公園で遊ぶドキドキ

公園で子供を遊ばせる。
これって、普通に、子育て中の親子にとってはごくごく当たり前の日常のこと。

でも、私達親子にとってそれは、なかなかハードルの高いことでした。
なにせ、3歳ぐらいまでは遊具に興味を示さず、
公園の敷地から脱走しようとばかりしていた双子です(苦笑)。

あっちこっちの公園出口に向かってひたすらに逃げる双子。
彼らを追いかけるのに疲れた私が、少し休憩したい時には、
ホールド力の高い乳児用?ブランコに、双子を乗せるしか有りませんでした。
私、当時はよく泣きながらブランコを押したものです・・・。


双子が少し成長して遊具で遊べるようになってからも、
言葉でのやり取りは出来ないままだったので、健常児とはコミュニケーションが取れず。

うちの双子と他の子達がモメるのが嫌で(実際は一度もモメたことは無いけれど)
双子を公園に連れて行くのは、誰も居ない公園限定!としてきました。
今までは、ずーっと。

双子が起こす(かもしれない)トラブル回避という意味合いももちろん有ったけれど、
実は私が
健常児と、うちの双子との違いを目の当たりにするのが辛かった…
というのも大きかったかも知れません。


療育園では、健常児と触れ合う機会も滅多に無いままでしたから、
地域の小学校の支援級に入学してからは、もうドキドキでした(私が)。


そして、つい先日、小学校で遠足が有りました。
一年生は大きな公園に歩いて行って、ドングリを拾って、公園で遊ぶという内容。

うわ~! 公園で、健常児と遊ぶ?!(*_*;
双子っちよ。トラブル無しで、仲良く遊べるかい???
私は内心、冷や汗モノ・・・。

遠足当日は私が仕事だったため、付き添いは出来なかったのですが、
付き添いしてくれた他のママさんや、支援級の先生から報告を受けました。

「たいちゃんもようちゃんも、順番守って、トラブルにもならずに
遊具でみんなと一緒に遊べましたよ~!」とのこと。

うわぁ、ホントですか?
嬉しいなぁ!

何をするにつけても、しつこくずーっと

じゅんばん、ばん♪
じゅんばん、ばん♪(by しまじろう) と、歌って言い聞かせ続けてきた成果かしら?(笑)。


中でも面白かった報告は、
「たいちゃんは、遊具の上に行きたかったんだけど、
上は皆が大勢居て混み合っていて、なかなか上がれなくてね。
その間、たいちゃんは石にしがみついてずーっとずーっと待っていたんだけど、
それでも上が空かなくて、
結局『じゃあ他の遊具で遊ぶー』って感じで、他の遊具に行ってたんだよ(笑)」
って。


その様子が、こちら。

kouen.jpg

長男はこの体勢で、ずーっとずーっと、上が空くのを待っていたそうです(笑)。
まぁ。なんて、いじらしいこと・・・。
我慢できて、偉かったねぇ。



あぁ、でも、言われてみれば確かにそういえば
普段から「競争心」というモノが彼らからはあまり感じられないのでした。

相方に何かを奪われても、
怒ったり、取り返したりすることは滅多に無い。


ましてや、
自分よりも格段に口の達者な賢い健常児に、歯向かってまで何かをしよう!
だなんて大それたことは、
もしかしたらうちの双子には思いつきもしないことなのかも知れませんね(^-^;



以下のいずれかのボタンを押して下さると、
私の更新のモチベーションがちょっぴりアップするかも知れません。(*^-^*)

いつも来て下さって、ありがとうございます。


にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村


自閉症児育児 ブログランキングへ



                         

テーマ: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) | ジャンル: 育児

ちゃんと、二人分。

夕食後、お弁当用のプチトマトが欲しくなったので
お散歩がてら、双子を連れてスーパーに出かけました。
連れて、とは言ってもホントのところは

玄関ドアを開けると、嬉しさのあまりピューッと走って行ってしまう双子を
私が「待って~!」と追いかける、が正解です(笑)。

でも私、スーパー到着までには、いつも双子に追いつきます。
途中から二人が走るスピードを緩めて、手加減して、
なんとなく私を待ってくれているのを感じます。

で、なんとか一緒にスーパーに入店。
もちろん、軽く息は上がっている私(笑)。

店内では、何かとやらかしそうな次男と私が手を繋ぎ、
私はもう片方の手にカゴを持つ。

そうすると、長男はフリーになってしまいます。
次男と長男の手を繋がせてもいいんだけど、
そうすると三人横並びになってしまって、狭い通路ではジャマになってしまうから。

まぁ、長男の方はわりと声がけだけで指示に従える子なので、
私の視界の中に居てくれればOKとしています。

アレを買って、コレを買って、あ、そうそうお砂糖も買うんだった・・・と
買い物も終盤になった頃、長男の姿が一瞬見えなくなってしまいました。

私がドキドキしながら名前を何度か呼ぶと、小走りで駆けてきた長男。
その手に握られていたのは、これ。

sakurannbomochi.jpg
          画像はお借りしました。


最近、これがお気に入りのようです。
しかもこの日、長男の手に握られていた『さくらんぼもち』は、二つ。

二つ!
二つということは多分、たいちゃんの分と、ようちゃんの分。

すごいね。
自分の欲しい物や好きな物は相方の分も一緒に・・・、という気持ちが
持てるようになったんだね。

実は『二人分だったら、ママもきっと買ってくれるはず!』という計算とか
もしかしたら『二つとも僕が食べる~』とかの邪心が有ったりするのかもですが、
考えても仕方ないので、余計な詮索は止めました(笑)。


駄菓子は買う予定なんて無かったのですけれど
自分の分だけではなく、次男の分も一緒に持って来られたのが偉い!ということで
この日は私も嬉しい気持ちで買ってあげることにしました。


さて、今日はこれからこの嬉しい報告を携えて、
ジイジの病院に付き添うために高速ドライビングです。
ついでに赤ちゃん達(甥っ子・8か月と姪っ子・新生児)と戯れてきます~♡


以下のいずれかのボタンを押して下さると、
私の更新のモチベーションがちょっぴりアップするかも知れません。(*^-^*)

いつも来て下さって、ありがとうございます。


にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村


自閉症児育児 ブログランキングへ



                         

テーマ: 双子の子育て | ジャンル: 育児