fc2ブログ

船に乗る前の待合室にて

先週末に行った、日帰り島旅のこと。

20230926105727adb.jpeg



不機嫌そうな夫の運転で、港まで一時間ほどドライブ。
港の駐車場に車を停める直前に、船が港から出て行きました。
あちゃ~!
次の船は一時間後!_| ̄|○
下調べしてくるべきだった!

でもまぁ仕方ない。
先に島までの往復乗船券を4人分、窓口で買いました。

次の船が来るまでまだずいぶんと時間があるので、
不機嫌そうな夫は待合室に一人残して、
私と双子の三人で、海辺をお散歩しました。

待合室に帰ってくると、さっきの窓口で切符を売ってくれた係の女性が
私に再び声をかけてこられました。

「あの・・・すみません。
さきほど四人分の往復乗船券を買われましたけど
・・・もしかして三人分のお間違いではなかったですか?」と心配されました。

あー、気を遣わせてしまってごめんなさい!

慌てた私は、待合室でイスに座る夫を指さして、
「あっ、大丈夫です! この人も一緒に乗るので!(笑)」と答えました。

どうやらあまりにも
夫と、私達三人の空気感が違ったらしく、
同行する家族とは思われなかったらしいです(笑)。

他に、待合室には誰も居なかったのにね( *´艸`)



以下のボタンを押して下さると、
更新する励みになります! o(^-^)o

いつも来て下さって、ありがとうございます。


にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村


自閉症児育児 ブログランキングへ



     


スポンサーサイト



テーマ: 日々のつぶやき | ジャンル: 育児

自分への誕生日プレゼント

先月、私、50歳になりましたー!
パチパチパチ~♪

誕生日当日は、療育のイレギュラーな仕事で
大学のオープンスペースを借りて、
発達障害の啓発講演会のスタッフをやりました。
つ、つかれた・・・。

託児スタッフとして、とびきり元気な多動君を追いかけまわしつつ、
「あ~、ウチの双子も昔はこのレベルの多動だったな~。
今思えば、よくあの二人を面倒みられてたな、私・・・」と、
大変だった昔を振り返ったりしました。

講演会の託児が終わった時点で、
私の歩数計は10,000歩を超えていました・・・。もう、よれよれでした。

今よりも若くて元気だったからこそ、私の双子育児は出来たことだったなー。


とはいえ、今日より若い明日は無いのだ。
容赦なく年々、放っておけば筋肉量は減っていくばかりだし。
実際、トレーニングを頑張ってた全盛期よりも筋肉量はすいぶん減っちゃった。
体重も減ったとて、筋肉量2.5キロ減はヤバい。

ということで、50歳になった記念に私が自分に買った物は、
ジムで履く、運動靴!

20230924124811d95.jpeg

私このたび、50歳でジムにデビューしました~!
とは言っても、会員制のジムではなくて、
地域のスポーツセンターのトレーニング室だけどね。

回数券を買ったら、一回200円。安い~。
なんと、駐車場代300円の方が高い(笑)。

でもね、なかなか忙しくって、行けても週に一回が限界です。
でも、行かないよりはマシかなと思って(*^-^*)

ジムでやる、マシンを使っての負荷をかける運動は、
自宅トレーニングよりも筋肉痛がエグイです。
トレーニング後、丸三日間はめっちゃ筋肉痛になります。

頑張り過ぎず、
たまにでもいいのでゆるく、続けていこうと思います。


以下のボタンを押して下さると、
更新する励みになります! o(^-^)o

いつも来て下さって、ありがとうございます。


にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村


自閉症児育児 ブログランキングへ



     

テーマ: 日々のつぶやき | ジャンル: 育児

離職率が高いデイはやっぱり問題ある

私は常々、「離職率が低い職場は良い職場」だと思っています。

現に私の職場は給料は安いけれど、とても働きやすく、楽しい職場で
この数年間はずーっと同じメンバーで仕事をしています。

我が家が軸足を置くデイサービスMは、双子が3歳からお世話になっています。
ここもね、人がなかなか辞めないんですよ。
双子が3歳の時にもう居たおじいちゃん、おばあちゃん達が
今なんてもっとおじいちゃん、おばあちゃんになってもまだ働いてますからね(笑)。

Mでは、職員さんの娘さんや、利用者の姉兄がバイトで働いたりもしています。
これって、クリーンな運営をしている職場だからこそ出来ることだな~と
私は思っています。

だって、利用者の身内に内情を見せても恥ずかしくない運営、ってことでしょう。
どこのデイサービスもそうであって欲しいものです。



今月の中頃に、別のデイサービスAから
「来月から職員の数を確保できなくて、運営停止になります」と電話がありました。

Aは辞める人が多いから、このお知らせ、実はそこまで驚きませんでしたし、
最近では職員さんの名前も覚える気が起きないほど、入れ替わりが多くて、
正直、Aの良いところは玄関先までお迎えと送りに来てくれることだけ、
という感じになっていました。
他のデイは、引き渡しポイントまで私が行かないといけないので。

それにAに対しては一つ、私の中では大きな事件が過去にありました。
それは連絡ノートにおやつ欄があって、
そこにずっと「カルパス×2」と書いてあったこと。
「ラムネ×2」ってことも有ったなー。

Aには、おやつ代を一回あたり100円をお支払いしているので、
それなのに出されるのが小指ほどのカルパスたった2本だなんてことはあり得ないだろうと、
私はずっと自分を無理矢理納得させていました。
でも本当はずっと、気になっていました。

本当に、カルパス2本だけなの?って。
いやいや、そんなはずない。そんなひどいおやつなんてこと、無い無い無い!って。

もやっと疑念を抱いては、それを否定して。

でもある時、私めちゃくちゃ思い切って、勇気を振り絞って
直接訊いてみたんですよね。
「ねぇ、連絡ノートのこのおやつ欄ね、
私の知ってるカルパスってこのぐらい(小指を示して)なんだけど、
おやつがこれ2本だけ、ってことは、無いよね?」って。

そしたらあっさりと
「いえ、カルパス2本ですよ~」って答えられた時の衝撃たるや!!!
想像してみてください。

Aを信頼していただけに、ものすごい衝撃でした・・・。
障害があって子どもがチクらないからって、粗末なおやつを出すなんてひどい。
おやつ代までも儲け主義か!って思いました。
ここはイベント時の写真もDVDに焼いて2,000円で売るところだったんで。

私が「いやいや、ウチの子達あんなに大きいのにさ、
おやつが小指2本程度のカルパスって、ありえないでしょう!
そんなおやつ、嫌がらせみたいじゃん!」って抗議したら、
おやつのおかしさにその時はじめて気が付いたふうでしたが、
そんなのおかしいよね。そんなワケないよね・・・。

我が家の軸足のデイサービスMは、
無料で(笑)毎日たくさんの写真を撮って持ち帰らせてくれるので、
「よそはこんなおやつ出してるんだよ!?」と素敵おやつの写真を見せました。

それから急に何度か「いいおやつ出してます」という話を聞かされましたが、
どうせそれもそんなに続かないんだろうなー、って私は思っていました。

それからすぐに連絡ノートの書式が変わり、おやつ欄そのものが無くなりました・・・。



そういう出来事が有り、不信感が拭い得ないながらも
なぜそこにそのまま預け続けていたかといえば、
双子が慣れていて、Aに行くのを嫌がらなかったことと、
新しいデイを探して契約しなおすというのが、とても私にとって労力が要るからでした。

でもよくよく考えると新規契約しなおすのが面倒だからそのまま、という私の対応は、
双子に対してはとても不誠実だったと今は反省しています。

個別支援に取り組んでくれたり、いいところも有ったデイAでしたが、
そのおやつ事件はどうしてもディープインパクトで、私の中から拭い去れませんでした・・・。

そうこうしていたら今回こんなことになってしまって、デイAとお別れすることになりました。
やっぱり、人の入れ替わりが多いところはダメなんだなーと
再確認させられた出来事でした。

職員を大事にしないところは、人が辞めていく。
職員を大事にしないところは、利用者のことも大事にしてくれない。
きっとそういうことなんだろうなと思います。

職員も利用者も大事にしてくれるデイサービスを新しく探そうと思います。



以下のボタンを押して下さると、
更新する励みになります! o(^-^)o

いつも来て下さって、ありがとうございます。


にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村


自閉症児育児 ブログランキングへ



     

テーマ: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) | ジャンル: 育児

人にかける言葉

先週末、急に思い立って家族四人で日帰りの島旅をしてきました。

20230923110358d29.jpeg


先週は夫のメンタルの調子が悪くて、感じが悪かったのですが
有無を言わさず、久しぶりのお出掛けを決行しました( *´艸`)

港に向かう行きの車の中での夫は
やや下唇を突き出して不機嫌な顔をして運転して、
一言も!しゃべりません。
超感じわる~い(-_-)

でも、そんなのお構いなしです。
双子は後ろの席で、久しぶりのお出掛けにご機嫌♪
楽しく歌を歌ったり、二人で謎のワードの掛け合いに興じていました。

私が助手席で水を飲んだ時に、変なとこに入ってゴホゴホとむせました。
すると後ろの席からたいちゃんが「良かったねぇ!」と言ったので、
私は
「たいちゃん。具合が悪い人に『良かったねぇ』と言うのはダメ。
ゴホゴホしている人には『大丈夫?』って言うんだよ」
と、たいちゃんを諭すように伝えましたが、
実のところはこれ、
一言も発しない無神経な夫に向けて言っていました(苦笑)。

家庭内ソーシャルスキルトレーニング。家庭内SST。

ちなみに数分後に私がちょっとだけゴホゴホしたら、
ようちゃんがすかさず、
「ママ、だいじょうぶー」と言いました。

すごい! 
重度知的障害なのに、私が教えたことを速やかに学習しているではないか!
偉いぞ、ようちゃん(*^-^*)

なかなか学ばない夫よりも、ようちゃん賢いなー。



以下のボタンを押して下さると、
更新する励みになります! o(^-^)o

いつも来て下さって、ありがとうございます。


にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村


自閉症児育児 ブログランキングへ



     

テーマ: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) | ジャンル: 育児

発達検査の前に昔話

先週、双子は三年ぶりに発達検査を受けてきました。
前回は小学校5年生の時でした。

せっかくなので、去年の富士登山の写真を持って行って、
ついでに児童相談所の担当ツンさんにも見せよう。

ツンさんは以前、ショートステイの施設で働いていた人なので
たいちゃん、ようちゃんもお世話になったことがあります。
でもそれもずいぶん前の話。5~6年前かなぁ。

私はようちゃんに一応、訊いてみました。
「ねぇ、ツンさんって覚えてる?」と。

そしたら、ようちゃんは一瞬ちょっとだけ考えて
「施設の人」と答えました。

すごいな、マジで!
よく覚えてるね~!
キミタチの頭の中、ホント、どうかしてるわ(笑)。


富士山の写真を携えて、三年ぶりに発達検査に向かいました。
双子を検査してくれる心理士さんに引き渡したら、私は待ち時間。
そのタイミングで児相に顔を出そうと思っていたら、
受付に顔見知りの職員さんが居て、私に声を掛けてくれました。

青いシャツのその職員さんと、大変だったあの頃の話をしました。
「一時保護の度に、ここで入所前健診するから
あの頃はここにしょっちゅう来られてましたもんね~」

そうそう、小2、小3、小4と、三年連続で夏場は一時保護されてましたからね。
よく来てましたね。

「OT(作業療法)で毎月ここに来てた頃は二人とももっと小さかったから、
あっちこっち走り回ってて、追いかけまわすの大変でしたしね~!
『お母さん、家で一体どうやってあの二人を面倒みてるんだろう?』って
当時は私達よく言ってたんですよ(笑)」

いやぁ、本当にあの頃は大変だったですよ~!
今は楽になりました。
っていうか当時、職員さん達でそんな話してたんですね(笑)。

話が盛り上がったところで、
青シャツさんに内線電話で呼び出されたツンさんも登場。
前担当のかりゆし氏は異動してしまったけど、
前々担当のS女史はたまたま不在で、会えなくて残念。

富士山に登ったことを話して写真を見せたら、
「すごーい!!」と
ツンさんも青シャツさんもビックリしてくれました。

大人達が双子の成長ぶりを語り合い、大盛り上がりしているところに
ようちゃんの検査が終わって帰ってきました。

小学校低学年の頃のようちゃんしか知らないツンさんは、
今の170cmのようちゃんを見て、「大きくなった!」と再度ビックリしてました。

たいちゃんも検査を終えて帰ってきて、並んだ双子を眺めて
「でも、顔を見れば面影がある~!」と懐かしんでくれました。



以下のボタンを押して下さると、
更新する励みになります! o(^-^)o

いつも来て下さって、ありがとうございます。


にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村


自閉症児育児 ブログランキングへ



     

テーマ: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) | ジャンル: 育児

我が家の最近のお弁当事情

この夏から、お弁当の時に保冷剤を持たせるようになりました。
今までは、双子のお弁当は涼しい屋内で保存だし、ほんの数時間だし、と
持たせてなかった保冷剤でした。

でも、この夏の激熱の車内に置いていた夫のお弁当が傷んでいたことを機に、
みんなに保冷剤を持たせることに切り替えました。

夫が熱々のご飯をお弁当に詰めて、すぐに蓋をしていたので
私が「粗熱を取ってから蓋をして」と注意したら、
「保冷剤入れてるからいいんだ」と。

いや、保冷剤を入れたとて、ダメでしょう!とツッコミたいですが、
もう、面倒なのでいいです・・・。好きにして。


そういえば夫は、4月末に謎ラマダンやったのを最後に、
好調期が長く続きましたが、先週お崩れになりまして(笑)
夫がまた変な弁当を用意してました。
20230917131953533.jpeg おかずは冷凍の磯辺揚げ、一個。

空いてるところに、
アオサ入りの卵焼きを一個、無言で追加してあげる私、優しい~!



双子には「これからはお弁当の時にはコレ(保冷剤)持っていこうね」
と教えたら、素晴らしいことに一回で覚えました。

ある日、たいちゃんが私のところにやってきて、困った顔をして
冷蔵庫の方を指さします。
どうしたの?

「冷蔵庫・・・お弁当・・・冷たい・・・氷・・・」

あぁ! 保冷剤って言葉、まだ教えてなかったね!
ごめんごめん!(笑)

私が「うん、保冷剤ね。自分で持っていっていいよ~」と言うと
安心したような顔で、冷凍庫を開けたたいちゃんでした。

我が家はお弁当が完成すると、私が
「はい、お弁当やって~」と声をかけると、
双子がそれぞれキッチンにやってきて、
お弁当袋にお弁当と箸を入れて、用意しています。

保冷剤を入れるように伝えてからは
毎回、忘れずにお弁当の時には保冷剤を
双子はちゃんと添えて持っていくのです。えらいなぁ。



以下のボタンを押して下さると、
更新する励みになります! o(^-^)o

いつも来て下さって、ありがとうございます。


にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村


自閉症児育児 ブログランキングへ



     

テーマ: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) | ジャンル: 育児

予定がみっちり!ウィーク

私の人生初の猛烈な腹痛と下痢は、
月曜日、火曜日、水曜日で治りましたー!
なんだったんだろ、あれ。
でも、ちっとも痩せませんでしたー(笑)。

今週は、療育の仕事が2日。保育が2日。残りの1日は発達検査!という、
なかなかの、予定みっちり!な1週間でした。

パソコンに向かうヒマ、無ーい。
明日の土曜日は、片道1時間かけて運動系療育に行かないといけないし。

おまけにデイサービスAの急な業務停止!!!にも巻き込まれて、もう大変!
もぅ!来月からどーすんの!?って感じです。
離職率が高いデイはダメなデイ。
人を大事にしないデイは、きっと利用者のことも大事にしてくれない。
来月からの双子の新しい受け入れ先を探すのも大変!ですー。


取り急ぎ、そんな1週間でした。
コメント返信は、もう少し落ち着いてからしたいと思っています。


以下のボタンを押して下さると、
更新する励みになります! o(^-^)o

いつも来て下さって、ありがとうございます。


にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村


自閉症児育児 ブログランキングへ



     

その言葉選び、合ってる?

私はこの二日ほど、立てないほどの猛烈な腹痛と下痢に見舞われ、
ヒーヒー言ってました。
普段、下痢なんて滅多にしない腸美人(笑)の私は、
こんなの人生初!

昨日の朝は私、比喩ではなくリアルに床を這いながら
「‥‥たいちゃん‥‥、納豆、自分で‥‥混ぜ混ぜできる?」
って言ってましたよ。

自分の体が辛い時は、家族が共感性ゼロなことが本当に辛い‥‥。
そういう障害なのだと頭ではわかっていても、辛い‥‥。

まだ、お粥生活だし、正露丸も手放せないけど、
今朝は自分で立って納豆をかき混ぜられるぐらいには
だいぶ、回復しました♪



夏休み中のことです。
デイサービスのお迎えが来てくれて、いつもの引き渡しポイントに向かう途中、
たいちゃんがこちらに背を向けて立ち話をしている人達のすぐ後ろ、
1メートルぐらいのところを通りました。

でも、そこの道幅は車二台がすれ違えるほど広々しているので、
あえてそんな至近距離を通る必要性は全然ないのです。
たいていの人は、他人とある程度の距離を広くとって歩いています。
なのにそんなすぐ近くを歩かれては、たいていの人はギョッとします。

だから、私は慌ててすぐにたいちゃんを自分の近くに呼び寄せて、
「たいちゃん。知らない人のあんなに近くを通りません!
近過ぎるとビックリしちゃうから。
このぐらい(と両手を広げて)離れてください」と伝えました。

すると、たいちゃんはほぼ条件反射で「分かったー!」と言いました。
その次の瞬間、私とたいちゃんの間にようちゃんがカットインしてきて、
すかさずニコニコしながら
「たいちゃん、どんくさいねぇ!」と言いました(笑)。

う~ん、この場合、
どんくさい・・・っていうのとはまたちょっと違うんだけどもー、
う~ん、でもまぁ、他者との距離感が分かってないっていう点では
どんくさい、と言えなくも無いかも・・・ってとこなので、

私は「う~ん……どんくさい、かなぁ?(苦笑)」と答えました。

そうしたらようちゃんは「ブブー、間違えちゃった、だねぇ」と追加。

そうだね、人との距離感を間違えちゃったね( *´艸`)


こんな珍妙なやり取りを楽しみながら、
大笑いの中で、私はデイのスタッフさんに双子を引き渡したのでした。


以下のボタンを押して下さると、
更新する励みになります! o(^-^)o

いつも来て下さって、ありがとうございます。


にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村


自閉症児育児 ブログランキングへ



     

テーマ: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) | ジャンル: 育児

双子不在で夫が喜んだこと

9月になってもまだまだ残暑厳しいですが、
それでも少~しずつ、秋になってきているなーと感じています。

今日はエアコンなしで過ごせて、パソコンに向かえてるし。

昨日、双子は市外の少年自然の家みたいなところへ
中学校の宿泊訓練に行きました。

コロナ前は二泊だったそうですが、今は一泊に短縮されたのだとか。

双子は毎年、療育園主催の療育キャンプやショートステイで
親から離れてのお泊り体験はこれまでずいぶんたくさん積んでいるので、
ちっとも心配はしませんでした。

キャンプファイヤーをとても楽しみにしていた双子だったけれど、
昨日はあいにくのどしゃ降りに見舞われたので、
キャンプファイヤーも、翌日の予定の魚のつかみ取りも、
取りやめになったのではないかしら? かわいそうに。

双子不在の昨夜は、夫と外食に行きました。
本当は、ランチで何度か行ってお気に入りの焼き肉屋さんに
夜に行ってみたかったんだけど、昨日はたまたま定休日で残念!

なので、夫が以前から私を連れて行きたがっていた
焼き鳥屋さんに行ってきました。

焼き鳥を注文するよりも早く、肝刺しとユッケを注文しちゃった
なんとも生肉好きな私です(笑)。
てんさん、馬刺しじゃないけど、美味しかったよ~!

私、今までチェーンの焼き鳥屋さんにしか行ったこと無かったんだけど、
昨夜行った焼き鳥屋さんで出された物は、めちゃくちゃ美味しかった!

私は焼き鳥ってもっと、
やたらと塩辛くて、パサついた食べ物だとばかり思っていましたが、
昨日食べた焼き鳥は、全然そんなことなかった!

塩加減もすごく繊細で、火の入り加減も絶妙でジューシーでした。
パサパサの代名詞のレバーすらジューシーってどういうこと???
ハツはプリプリしてて、キャベツはパリッパリ、ささみなんてフワフワでした♡
うまー♡


双子抜きでの久しぶりの夜のお出掛けがよほど嬉しかったらしい夫は、
「双子が居ない夜にまたあの店に行こう!」と言ってましたが、
そうだねー。真夏か真冬だったらいいよ。

だってこれから気候が良くなったら、あなたとお出かけするヒマは無いから。
真夏と真冬限定なら、あなたとのお出掛けにも付き合ってあげる。

なぜならこれからの季節、
私は隙あらば、あちこちに車中泊に行くつもりだからさ(笑)。
そっちが忙しくなったら、付き合ってあげられないわ。

20230907104754d24.jpeg これ、車の中の様子です。

車中泊ではこんなふうに一人で、
晩酌しながらシートパック貼って、DVDとか見てまーす。
楽しいの~♡

去年は改修工事で諦めてた、お風呂がある道の駅にも行かなくちゃ!


以下のボタンを押して下さると、
更新する励みになります! o(^-^)o

いつも来て下さって、ありがとうございます。


にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村


自閉症児育児 ブログランキングへ



     

テーマ: 日々のつぶやき | ジャンル: 育児

私の保育士試験2014の合否

前々記事からのからの続きです。→ 保育士試験2014のピアノで起きた悲劇

大事な実技試験本番で、悲劇的で決定的なミスをやらかしてしまい、
不合格を確信して、涙目で帰宅した私でした。

だって、あれだけ酷かったら合格するはず、無い・・・。
不合格通知が届いても、納得できる。っていうか納得しかない。

いやむしろ、もし合格通知が届いたら「間違ってまーす!」と
保育士協会?に届け出るレベル。

はぁ・・・。
早くあの酷かった弾き歌いの試験のこと、忘れたい・・・。
そう思って、心の傷を癒すことを最優先に過ごした記憶があります。


そうして、年が明けての一月。
私に届いたのは、まさかの合格通知だったものだから
中を見て、本当にビックリしました!

各試験は50点満点で、30点以上が合格となります。

読み聞かせは35点で合格。
そして不思議なことに、ピアノの弾き歌いは
あんなにも致命的なミスを犯したというのに、42点で合格でした。

合否の基準については問い合わせ不可、と試験要綱に書かれていましたが
本当に、アレがなぜ合格だったのか、問い合わせたい思いに駆られました。

右手のメロディーは思いっきりズレまくりではあったけれど、
それを物ともせず、元気よく歌を歌いきった!という
そのメンタルの強さを買われたのだ、としか思えません。


メンタルの強さだけで、なんとか無事に試験をパスして、
晴れて保育士になれた私でした(笑)。

なにげなく、ふと手にしたタウン求人誌が縁で、
保育士証が届く前に(早っ!)、小さな保育室に勤めることになりました。
あれから約10年。
今も変わらず、同じ保育室で勤めています。

20230803110643f97.jpeg

テーマ: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) | ジャンル: 育児