FC2ブログ

あー、あの時ぶっ殺さなくて良かった

今、双子は小学校の5年生ですが、
2年生、3年生、4年生と三年連続で、きまって夏場は児相の一時保護でした。
二人が一緒に家庭に居ると、それはもう
手がつけられないほど大荒れになってしまって、なすすべ無し!の状態で。

しかし、担任の先生が替わった今年は、ありがたいことに
見違えるほどに穏やかに生活できていて、
今年はこのまま、夏場の児相の一時保護は回避できそうな感じで居ります。


今日の夕方、5ヶ月ぶりにショートステイに行く長男を車に乗せて、
施設に向かっていたのですが、途中で私が猛烈に眠くなり、
しかもチェックイン(笑)までは20分ほど時間も早かったので、
「たいちゃん。ママ、眠くて運転できないから、ちょっとだけ寝ても良い?」
とお伺いを立てましたところ、
たいちゃんは「ママ、寝てもいい」と快諾してくれました(*^-^*)

私が運転席のシートを思い切り倒して、仮眠を取ったその場所は奇しくも、
去年の私が双子を車に乗せて泣きながら、大声で叫んだあの場所でした。

過去記事 「緊急ショートステイ」

私はほんの数分だけ寝るつもりでしたが、思いのほか長く15分ほど眠ってしまい、
気が付いたらチェックインの5分前!

後部座席のたいちゃんはずっと静かにしていて、私が起きるまで待っていてくれました。
「たいちゃん、ママを寝かせてくれてありがとう。ママ、元気になったよ!」と私がお礼を言うと
たいちゃんは最近覚えたばかりの優しい言葉で、
「ママ、助かりましたー。よおし、よおし。お疲れ様」と返してくれました。

去年のあの大変すぎて、ここで車を停めておいおいと号泣してた時は、
思い余ってぶっ殺してやろうかとすら思っていた双子ですが、(やばいやばい)
彼らが落ち着いている今年は、逆に、
二人が私の心を癒してくれるという奇跡の瞬間すら有ります。
ねぇ、信じられる?


ま、とは言え、重度の自閉っ子なんだし、気持ちの交流の真の有無は別として。
家庭で面白がりながらやっている、ソーシャルスキルトレーニングの賜物とも言える(笑)。
こう言われたら、こう!みたいな、簡単なパターン学習ね。

それでも、重度の障害児の息子が一生懸命に状況を考えて、自分に
「お疲れ様」なんて言ってくれると、なんかもう、それだけでものすごく嬉しい。
こんなの、普通の子を育ててる人にはきっと分からないことなんだと思うけど・・・。
コミュニケーションに問題を抱える子を育ててる、自閉っ子の母なら分かるはず!



去年のあの夜、後部座席に座る双子を絞め殺してやろうかと思って号泣していた私に、
上記のことを伝えてやりたい。

あの時、黒い負の気持ちの勢いのままに、
うっかりこの子達を殺さなくて良かったよ、アンタ。って(笑)。

今は超絶大変な双子でも、一年後には成長して、もっともっと
面白くって、かわいいことを言ったりするから、なんとか殺さずに頑張れ!って。



以下のボタンを押して下さると、
更新する励みになります! o(^-^)o

いつも来て下さって、ありがとうございます。


にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村


自閉症児育児 ブログランキングへ



     
スポンサーサイト



テーマ: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) | ジャンル: 育児

夏休み、終わって欲しいらしい | Home | 「巻き込んじゃってごめんね」

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2020/08/19 (Wed) 23:32 | # | | 編集

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する