自閉双子の適当な寝かしつけ

ウチには健常児が居ないので、
普通の子、いわゆる健常児の寝かしつけ事情が良く分からないので、
「ウチの自閉っ子(もうすぐ6歳児)の場合の」寝かしつけのお話です。

歯を磨いて~、トイレに行って~、
はい、寝るよ~!

まずは準備の声掛け。
しつこく、アナウンスします。
当然、一回で指示が通るなんて、思っちゃダメです。
しつこく、しつこく。

で、双子の歯磨きとトイレが済んだら、
私も一緒にお布団に行って、
私の左側に次男、右側に長男が寝る。
どうやらこれは、彼らの中での決まりらしい。

何があっても絶対に、二人のこの配置は変わらない。

そして、もし長男が「お話し~」と要求したら
私のバカの一つ覚えのお話『おむすびころりん』を聞かせる。
リクエストが無い日は、さらりとスルー(笑)。

次男が「とーん、とん」と要求したら、
お布団の上から、とんとんする。

このタイミングで、私が
ちょっとした今日の出来事を、一方的に話す。
返事なんてもちろん期待できないので、常に私から一方的。

今日は、ミニSLに乗ったね~。楽しかったね~(今日の話)。
とか、
かわいいお雛様を作って持ってきたね~。(先週の話)
とか、
今日はクッキングしたんだって? 美味しかった?(先週の話)
とか、
そんな、ちょっとした「今日の一言トピックス」的な、
そんな声がけ。

まぁ、これは完全に私の自己満足です(笑)。

そして、
園の「さよならの歌」を、とんとんしながら歌う。

さよな~ら、また明日♪
さよな~ら、また今度♪
一緒~に遊びましょ♪
なかよ~く遊ぼうね♪
皆さん、さようなら♪
バイバ~イ♪

これを歌った後で、私が
「たいちゃん、おやすみ」と声をかけると
長男「おやすみしゃい」。

次男に「ようちゃん、おやすみ」と声をかけると
「おやしゅみなしゃい」。

これを滞りなく済ませた場合、
ほとんどの場合、このまま、私が「また明日ね」と退室しても
双子は大人しくそのまま寝てくれます。

ま、今日は昼寝が遅かったせいで
23時まで起きてて、なかなか寝付けず
居間に出てきちゃったけど(苦笑)。

これが、ここ2年ほどで確立した、
ウチの双子の寝かしつけです。

行動療法(ABA)を参考にするまでは、もっと大変でしたけど、
5歳になった今は、こんなに楽ちんな寝かしつけです。

その子のタイプによるので、
ウチみたいなこんないー加減な感じの寝かしつけが出来るかどうかは
もちろん、その子のタイプによりますけどね。

ウチは、いー加減なタイプの自閉っ子です(笑)。


にほんブログ村 子育てブログ 双子へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村



               
スポンサーサイト
タイミングばっちり?の「ただいま~」 | Home | 健常児からの洗礼

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する