双子大荒れの原因は爆弾低気圧

先週の月曜日、療育園から帰ってきた後、
我が家の双子は大荒れでした。

園でも日中、テンションがやけに高かったという報告を受けました。

帰宅後はテンションが高いというか、何というか・・・。
変、というか・・・。
まぁ、自閉っ子なので変なのはいつものことですが、
いつも以上に、なんか、変。


そのうち、
トランポリンからトマトジュースは派手にぶちまけるわ、

コタツの中から天板を蹴り上げて、天板を大きく傾け、
コタツ上に乗っていた夕飯をパーにするわ、

冷奴を放り投げて、床に叩きつけられた豆腐が飛び散るわ、

もう、悪いことし放題!!!!
当然、私、怒りまくり!!!!

私が双子の片方に怒ると、
もう一人がまるで『ママ、怒るな!』とでも言うかのように
後ろから私を蹴ったり叩いたり、
物を投げたり、
引き戸にカカト落としをくらわせてレールから外したり、色々します。

そうなると、私は双子をどっちも怒るハメになるので、余計に大忙し。

私はこの日も、ヘルパーさんが引くほどの勢いで双子に怒りまくり、
お尻をひんむいてペンペン!したり、
寝室に押し込めてクールダウンさせたり、
その間にも悪いことするもう一人を叱ったり、
そりゃあもう、
いつもの比じゃないぐらいに、てんやわんやの大騒ぎでした。

子供を寝かしつける頃には私は心身ともに疲れ果てて、
もう、双子の顔なんてもう見たくない!という状態。


しかし、はて?
なぜあんなにも双子は様子がおかしかったのだろう・・・?

双子が寝てちょっと落ち着けば、
そこを考えるワケですよ、私だって。

そこで、今回はおそらくコレだろう!という私なりの結論が
「爆弾低気圧」。

その日の夕方のニュースのお天気キャスターさんの言葉を借りると
「季節が二ヶ月逆戻りしたかのような厳しい寒さ」を連れてくる、
「爆弾低気圧」が接近していたのです。

そして、その天気予報の通りに3月だというのに
双子大荒れの翌日は、霰(アラレ)がパラついたり、
夜には雪が降ったのです。

どうやら双子は、爆弾低気圧が『接近中』が一番ダメみたいです。
『到来』してしまえば、もう平気みたい。
大荒れの翌日は、ケロリとしていました。

かんべんしてよー、もう!


t02200293_0480064013148983994.jpg



にほんブログ村 子育てブログ 双子へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村



         
スポンサーサイト
「障害児3人 子育て奮闘記」を紹介(3) | Home | 「障害児3人 子育て奮闘記」を紹介(2)

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する