fc2ブログ

久しぶりの家庭訪問

もともと、物が多くはない我が家なので
部屋がそんなにひどく散らかったりすることも無いのです。
だいたいほぼ毎日、ヘルパーさんや、STの先生など
誰かしらの他人が出入りしますので、他人を家に上げることにも抵抗が無いし。

ということで、担任の先生がやって来る毎年の家庭訪問も、私は抵抗無し。
去年は家庭訪問そのものが無かったし、
今年はコロナのせいで、家庭訪問するか、電話で済ませるかの選択制でした。

担任の桜木先生が「訪問か電話、どっちにします?」と言ったので、
「せっかくだから、おいでなさいな(笑)。あー、それまでに壁の穴を塞ぎたいなー」
とか言ってた私でしたが、結局、壁の穴を塞ぐのは面倒くさくて放置のまま、
家庭訪問当日、先生をお迎えすることになりました(苦笑)。

16130095110.jpeg
アナ雪の「 ♪ありの~ままの~♪ 姿、見せるのよぉ~♪ 」が頭をよぎりました(笑)。

小雨降る中、我が家にやって来た桜木先生、
前任のA先生作成のを元にした個別支援計画書(案)を持ってきてくれたので、
変更点を書き直したり、中学校をどうするか?というような真面目なお話をしました。

ようちゃんの宝物シリーズをお見せしたり、
15988419080.jpeg しゃべるお父さん犬。

16199390300.jpeg しゃべらなくなった、お父さんルンバ(笑)。

関連過去記事→ 「誕生日を覚えたのは〇〇〇のおかげ」

壁に貼ってある、デイからもらった5歳の力作バースデーカードをお見せしたりしました。
そういうのは、家庭訪問してもらわないとお見せできませんし(*^-^*)。

もちろん、壁の大きな穴も。 ♪ありの~ままを~♪(笑)。

我が家は双子だから話すこと一杯!だし、
支援級の家庭訪問って、いつもだいたい長時間になります。
今までの先生も、だいたい1時間ぐらい居ましたが、
中でも桜木先生の滞在時間は過去最長でした(笑)。

丁寧に話し合うことで
学校と家庭、同じ方向を向いて支援していけるのはとてもありがたいなと思いました。
全ては、双子が大人になった時の為に、より良い方向へ。


以下のボタンを押して下さると、
更新する励みになります! o(^-^)o

いつも来て下さって、ありがとうございます。


にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村


自閉症児育児 ブログランキングへ



     
スポンサーサイト



テーマ: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) | ジャンル: 育児

スポーツテストの結果 | Home | 不穏な双子の捌き方

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する