風船のリアルなその後

卒園式の件で書いたこの記事の、続き。


風船を放したその日のうちに、
なんと、遠く離れた静岡市に到着したそうですよ。

拾った方からお手紙を頂いたと、副所長から報告が有りました。
静岡市の、どこに届いたんだろう?


大昔に静岡に住んでいた私としては、微妙に気になるところ。
どのあたりに着いたんだろう・・・?
新学期になったら、副所長に聞いてみようっと。


moblog_4329f901.jpg



ちなみに、去年は
風船を放した療育園と同じ区内(近い!)から発見連絡が有り、

「ありゃー、隣の学区じゃん!(笑)。 めちゃ近所!」
とか思ったのでした。


 
自閉症児育児 ブログランキングへ

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村



                                        
スポンサーサイト
同サイズのスーツ2着 | Home | 幸せ過ぎて泣けた、悲しい夢

コメント

初めまして。
たまたま通りかかりました。
お母様、文章がお上手ですね。読みやすいです。
双子さん、幸せですね。工夫してくれるお母様のところに産まれてこれて。

記すことは一番のストレス解消にもなります。素敵なことですね。

お母様の苦労は計り知れません。ただ、工夫がすごく伝わってきます。

たとえば、健常でも二人とも死産だったらと考えたら涙が止まらないけれど、なんにせよ生きているのは有難いことです。


東田直樹さんのテレビを見て、自閉症について学びました。
彼らはユニークなことばかりやっているように思えるのに、じつは、意味を受け取り、傷つき、考えたすえに脳の伝達が違っていて、最終的に出てくる言葉が、ユニークに感じられるだけのことでした。

なんと無知だったのか、自分を恥じます。彼らは私たちと同じです。
今ではもう、街中で自閉症の方を見ても、ユニークだとは思いません。
意図を掴めるよう、わたしも考えます。


それを教えてくれた東田さん、お母様のブログに感謝します。ありがとう

2015/03/27 (Fri) 02:14 | 通りすがり #- | URL | 編集
Re: 通りすがりさんへ

コメント、ありがとうございます。
私の文章を誉めてくださって嬉しいです。
おっしゃる通り、私はきっと「書くこと」でストレスを解消しているのだと思います。
工夫は・・・我が家が双子だからこそ、
工夫しないと暮らせない、というのが正直なところかと思います。

東田さんの番組は反響が大きいですね。
私も、息子達に対してどうしても優しくなれないような時に、
録画した東田さんの番組を一人で見直すことがあります。

私の場合は、ですが「自閉症者も私たちと同じ」とは思わないのです。
むしろ、「私たちとは本当に違ってるなぁ」と思うことが多いです。

本当に彼らはユニークです。独特で、独創的です。
まとっている空気の色も、違っているように思います。

う~ん。うまく伝わるかしら?
それでいいと思うし、そういうものなんだなぁと思って、育ててます。
どうかニュアンスがうまく伝わりますように・・・☆

2015/04/02 (Thu) 23:31 | hana #- | URL | 編集

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する