「ジイジ アイタイ」の続き

「ジイジ アイタイ」の続きです。

あの日、次男の「ジイジ アイタイ」という強いご要望に応えて、
車を飛ばして、私の実家に行きました。

念願かなって、大好きなジイジに会えても
そこはほら、宇宙人な自閉っ子達。
感動の再会!には、ちっともならないワケですよ(苦笑)。

居間に入るやいなや、
せっかく会えた大好きなジイジには目もくれず、
さっさとコタツに寝っ転がって、幼児雑誌を眺める次男。

おい!
もうちょっと、喜べ(怒)。
アンタのリクエストで来たんだからさー!

ジイジとの再会から、2時間ほど経過して
そろそろ夕食・・・というタイミングで
おもむろに次男がひねり出した言葉が

「トッテモ ウレシイ」でした。

私は、次男が「トッテモ ウレシイ」と言うのを、この時初めて聞きました。


普通ならば、嬉しい出来事があり、感情がこみ上げて
「とっても嬉しい~!」と発言する、という順番だと思います。

しかし、この時の次男の様子は一味違いました。
さすが自閉っ子。

まず、すごくマジメな難しい表情をして、
おもむろに、慎重にゆっくりと
「トッテモ ウレシイ」という言葉をひねり出し、
その後すぐに、
もしも代弁するとしたら『やった!言えたよ!』とでもいったふうに、
なんとも言えない、満面のピカピカ笑顔に。


次男にとっては
嬉しい出来事を、言葉ですぐに表現するというコトは
まだまだ難しいことなのでしょう。

でも、次男なりに
『この、嬉しい気持ちを表明したい』と考え、
自分の知っている言葉と言葉を組み合わせて、
なんとかひねり出したのが

「トッテモ ウレシイ」だったのでしょう。

すごい! すごいね、ようちゃん。頑張った!

この日、次男は寝るまでに5回ぐらいは
「トッテモ ウレシイ」を繰り返していました。



自閉症児育児 ブログランキングへ

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村



  
スポンサーサイト

テーマ: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) | ジャンル: 育児

行方不明で警察出動の件 | Home | 双子、就学活動の第一歩

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する