双子、就学活動の第一歩

ただいま、療育園の年長さんの息子達。
来年は、小学校一年生です。

今年は就学問題で大いに悩みそうな私・・・。
とりあえず第一歩は「地域の小学校の教頭先生に電話する」です。

特別支援学校に行くにしても、
地域の小学校の支援級に行くにしても、

まずは最初の窓口は「地域の小学校の教頭先生」なんだそうです。

これ、住んでいる市区町村にもよるのかしら?
私の住んでいるところは、そういうルールなんだそうです。


小学校に電話して、教頭先生と話す。

これさー、私にとってはハードル高くって・・・。
なんだかんだと理由をつけては先延ばしにしておりました。

私が小学校に電話するのを
「あー、嫌だな嫌だな嫌だな」と療育園の園長先生にグチったら、

園長先生は、私が電話口で言うべきセリフを口に出してくれ、
電話のイメージをさせてくれました。

そして更には、

「ココ(園)から電話する?
頑張れるように、隣で手を握っててあげようか?」とまで言ってくださりました。

本当に優しい園だわ~。
だから私「療育はぬるま湯」って言ってるのよ(笑)。


で、私は自宅に戻り、さきほど頑張って
小学校に電話をかけてみました! o(^-^)o


電話に出られたのが教頭先生ご本人でした。
地域の小学校と、特別支援学校のどちらにするかで、
まだ悩んでいることもお話ししました。

教頭先生はとっても優しく丁寧にお話を聞いてくださって、
とりあえずは子供抜きで、私だけ、今月中にお会いできることになりました。

なぁんだ。
心配すること、全然無かったな。
拍子抜けするぐらいに、優しい対応でした。


今日、まずは就学の第一歩を、小さく踏み出しました。
まだ、これからこれから!


moblog_ee2ab9d4.jpg



自閉症児育児 ブログランキングへ

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村



        
スポンサーサイト

テーマ: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) | ジャンル: 育児

「ジイジ アイタイ」の続き | Home | 療育でポップコーン

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する