児童相談所の一時保護(6)

双子を登園させる気力も無かった私を気遣って、
園長先生が我が家までお迎えに来て下さった時のこと。

「お母さん、しんどいよね。辛いよね。二人だもんね。
ちょっとの間でも、
双子のどっちかとでも、
子供と離れる時間を作ってみようか!?」
と提案された時のことです。

通園リュックに、手拭きタオルや口拭きタオル、
エプロンやスプーン・フォークなどの給食セットを
畳みもせずに乱暴に突っ込み、
(いつもはちゃんと畳んで入れてますよ)
双子を追い出すように、先生にお願いしました。

長男がふざけて、行き渋って玄関先で寝転んだので
私は
「ほら! 早く立って! 先生が待ってるでしょ。
ちょっと! いいかげんにしなさい!

もう!
顔も見たくないんだから、早く行って!
もう当分帰ってくるな!!!」と言って、園長先生に引き渡しました。


ここからは、夕方に園長先生に聞いた話。

あの子達は自分の気持ちを表現するのが苦手でしょう?
それなのにね、今朝、ママに家を追い出されて登園する時、
私とたいちゃんが手をつないで、園の車まで歩いたんだけど、
その時のあんなたいちゃん、初めて見たよ。

とぼとぼ歩きながら、半泣きで、切なそうに、
「おかぁさ~~ん、またね~~~」
「おかぁさ~~ん、またね~~~」
って何度も言って、自分の気持ちを表現していたよ。

たいちゃん、お母さんのこと大好きだもんね。
悲しかったね、って声をかけながら、登園しました。




えーと、先生。
いつもは私のことはママというので、
たぶん、それ、何かのセリフを覚えてて、
タイミング良く言っただけのような気がしますが・・・・・
それにしても、タイミングとしてはバッチリ。

園長先生に手を引かれながら、
半泣きで「おかぁさ~~ん、またね~~~」と繰り返すたいちゃんのことを想像して、
またちょっと泣きました。



自閉症児育児 ブログランキングへ

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村



         
スポンサーサイト

テーマ: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) | ジャンル: 育児

児童相談所の一時保護(7) | Home | 「スマーフォ、トン」その後

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する