児童相談所の一時保護(9)

我が子が施設に短期入所している期間は、
「里心がつくといけない!」というコトで、
親は子供の顔を見ることが出来ませんでした。

だから、私は毎日、
長男の分の通園リュックと、
施設に居る次男のための通園リュックを二つ、きっちり用意して、
長男と一緒にいつも通りに園に行き、

それでも決して、
次男に私の車を見られたり、
私に鉢合わせしないように、気を遣いながらの登園でした。


我が子が、自分の生活圏内に居るのに、
顔も見ることが出来ない。

声も聴くことが出来ない。

ただ、夕方に持たされる次男の分のリュックの中身、
通園で使用した、汚れた衣類の洗濯をすることだけで、
「あぁ、今日も元気なんだな・・・」と、察することしか出来ない。


これは・・・私にとって、想像以上に苦しい初めての体験でした。


双子の片方が居ない、ということは、確かに楽。
楽なんだけど・・・それは確かなんだけど・・・やっぱり寂しい。

顔を見たい。声を聞きたい。そばに居て、触れてあげたい。
叶わないからこそか、そんなことをすごく強く思うのでした。


しかし、登園すれば同じクラスの、長男と次男。
家で顔を合わせなくても、園ではいつも通りに同じクラスで顔を合わせる二人。

先生方に園での二人の様子を聞いてみました。
すると、二人の意外な様子が分かったのです。

「長男君がほぼ毎日、おやつや給食の時間に
次男君に向かって、コップを投げつけたり、お茶をかけたりするんです・・・」とのこと。

え~!? なんで、長男が???


ワケも分からず、施設に預けられた次男が
それをやるなら、まだなんとなく気持ちは分かる。

なんで、ボクだけ、おうちに帰れないんだよー!!(怒)って、なりそう・・・。


でも、そうじゃなかったんです。
自宅で、なんちゃって一人っ子を満喫しているはずの、
いわば満たされているはずの長男が、

家から離れて施設に行っていて、帰ってこない次男に向けて、
長男は、何か伝えたいことがある?ようだったのです。


でも、それが何かはその時の私には理解も想像も出来ませんでした。


先生にその時の次男の様子を聞くと、
「普通に『濡れちゃった・・・』とか『汚れた・・・』って言って
淡々とお着替えしてます」とのことでした。

ふぅん・・・怒らないんだね。不思議―。って、私は思っていました。



自閉症児育児 ブログランキングへ

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村



    
スポンサーサイト

テーマ: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) | ジャンル: 育児

就学問題の今 | Home | 児童相談所の一時保護(8)

コメント

No title

私は年子の結構どちらも重い自閉症の母です。たぶん、長男くんは、家に帰って来ない次男くんに対して、「なんでかえってこねえんだよ!」と怒ってるんだとおもいます(あくまで想像ですが)。

自閉兄弟、なんだかんだ言って一番分かり合えている存在なのでしょう。

うちは現在10歳と11歳、ゆっくりですが、成長して(というか、私に母親としての貫禄がついてきたのかな),子供たちが小さい頃よりは、ほんの少しですが楽になってきました。

これから、思春期に突入すると、また色々新たな事件が起きて大変なこともあるかもしれませんが、肩の力を抜いて頑張っていこうと思っています。
hanaさんもがんばれー!

2015/08/10 (Mon) 05:24 | みずき #- | URL | 編集
みずきさんへ

コメントありがとうございます。

> 私は年子の結構どちらも重い自閉症の母です。たぶん、長男くんは、家に帰って来ない次男くんに対して、「なんでかえってこねえんだよ!」と怒ってるんだとおもいます(あくまで想像ですが)。

みずきさんは、私の信頼している療育の先生と同じご意見です。
さすが、ご家庭で自閉っ子と接してらっしゃる方ですね~。
おそらく、おっしゃる通りなんだと思います。

続きの記事でこのあたりを書きます。

2015/08/14 (Fri) 23:49 |  hana #- | URL | 編集

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する