新版K式発達検査で・・・

双子が発達検査を受ける場合は、
日にちをずらして、両方とも私が立ち会います。

まずは長男。
性格がマジメなので、大人が「これ、やろうね」と言えば、
とりあえずは興味が無くてもいったん、従うタイプ。

でもすぐに飽きてきちゃって、部屋の出口を指さして
私の顔をじっと見て、無言で『行こう』アピール。

カワイイ・・・。いじらしい・・・。

いや、いかんいかん!

「まだ、課題があるから頑張ろうね!」と声をかけると
『そう? じゃあ、もうちょっと頑張るかー』みたいな感じで、課題に向かう。
でも出来ないけど(苦笑)。

何度かこの、『出たい』 「まだだよ、頑張るよ」 『そっかー・・・』という
(長男はほぼ無言の)やり取りを繰り返したのち、ついに長男は離席。

部屋を一周して、気分転換して、また席に戻ってくる。
心理士、私 「おかえりー」

また、ちょっと課題に取り組む。→ 離席 → 戻ってくる。

この繰り返しでした。



さて、翌週の次男。

ハナっから、課題に取り組む姿勢が無い!
床に敷いてあったふわふわの敷物が気に入ったらしく、
床にゴロゴロ~。
イスに座らせようとしても、全くやる気なし。
ふざけてばっかり!

あまりの次男の様子に
私は次男の頭をスパーン!と叩いて、 「マジメにやれ~!」と叱りつけましたわ。

カードを見せられて「これ、なぁに?」って尋ねられる。
そのカードには、魚やら、服やら、靴やらそんなようなモノが描かれており、
その名前を答える。

ただそれだけの課題なのに。
その全てを次男は知っていて、答えられないはずは無いのに。
分からないはず、無いでしょ!!!

でも、次男は答えない。カードもろくに見ない。

その「持っている(わずかな)能力ですら発揮しようとしない」という姿勢に腹が立って、
腹が立って、
腹が立って、

私、発達検査の部屋で、悔しくて泣けました・・・。
出来るんだからやろうよ・・・。

だけど、これがこの子の性格で。
これが、「いつもと違う」に弱い特性で。
これが、「検査やる意味が分からない子」だからこそ。

こうなっちゃうんですよねぇ。


あーーー、発達検査、イライラして、私が精神的に疲れるわ・・・。




にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村


自閉症児育児 ブログランキングへ



                     
スポンサーサイト

テーマ: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) | ジャンル: 育児

二年前の発達検査 | Home | 発達検査の数値は、ただの数字

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/10/11 (Sun) 18:27 | # | | 編集

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する