私の意地悪なお芝居に対して・・・

7月、8月あたりの、対処できないほどの大荒れがウソのように
最近はおおむね落ち着いて過ごせている双子っち。

夜のお薬だけは、安定した睡眠のために飲ませていますが
ここ2週間ほどは、朝のお薬は飲まないで生活しています。

それでも、たまには
二人がドッカンドッカン、カンシャク起こすことも有ります。
まぁ、夏頃のあの大荒れに比べたら、ずいぶんとカワイイもんです。
あれに比べたら、たいしたことない。

で、その朝も、
二人がモメて、一人がわー!と大声出して騒ぐと、
相乗効果?のように、もう一人も輪をかけて、わー!って興奮して、
最終的にキッチンに立つ私の両隣で、同じカオした子達が、
興奮して大声でわーわー!騒いで、お互いを威嚇しあう。

も~! うるさ~い!!

ってなります(苦笑)。

そんな時の私、怒りメーターが振り切れると、急に
ちーん・・・・ って、「無」になります。

「無」の境地?(笑)。

そうなると、双子がどれだけ騒いでても、私はただ黙々と自分の作業をこなしていきます。
その間の双子?  ガン無視です。
まるで、私を怒らせた双子なんてそこに存在しないかのように、
ただひたすら、自分の作業をさくさくと進めていくのです。

そうして、用事が早く終われば、
また、「よっこらしょ(あー、めんどくせーとか思いつつも)」と、
双子に向き合える時間も作れるというものです。


いつもはそうなんですが
でも、その日はちょっと趣向を変えてみました。
意地悪なハハ。

私は、用事をこなしていた手をふと止め、
驚いた顔で双子を見つめ、しゃがみこみ、

「あれ? ママが知らない子が居るわ。
はじめまして。
どこから来たの?
知らない子だなぁ。
どこの子?」
って、小芝居してみました~(笑)。

私、かなり、迫真の演技だったと思われます。(^-^)

長男は、走って寝室に逃げ込みました。

次男は、壁際に立っていたので、私をすり抜けないと寝室には行けず、
「どこの子?」と小芝居で迫ってくる私に対して、

後ろにおずおずと後ずさって、
壁に背中をつけて、消え入りそうな小さな声で一言・・・


「・・・ここの子・・・」



ついさっきまで怒っていたのに
もう、おかしくっておかしくって、笑ってしまいそうになりましたが、
必死で笑いをこらえました。


ちゃんと、その後、
「そうか、ようちゃんはここの子だったね!
ママ、うっかり忘れてたよ。ごめんごめん!」と言って、
ぎゅっと抱きしめてフォロー?しておきました。

たまには趣向を変えて、Sっ気たっぷりなママでした☆


にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村


自閉症児育児 ブログランキングへ



     

スポンサーサイト

テーマ: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) | ジャンル: 育児

自閉っ子に外食体験をさせること | Home | 二年前の発達検査

コメント

No title

その演技を間近で再現してもらった私は、思わずお漏らししそうでしたー。そりゃ、興奮Maxの子供達もそうなるわね〜、わはは。

2015/10/13 (Tue) 07:58 | Usako #- | URL | 編集
Usakoさんへ

迫真の演技だったかしら?
だってほら、私たち、昔は会社で女優だったじゃない!(笑)

2015/10/14 (Wed) 21:46 |  hana #- | URL | 編集

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する