あの時泣いた、あの子のお母さんの気持ち

私が小学校の5年生の頃に、
私立の付属小学校から転校してきた女の子が居ました。
名前は、シズちゃん。

転校してきたシズちゃんは、少し風変りな女の子でした。
お勉強はよく出来た子だったように記憶しています。

しかし、なんというか、
怒るようなところでは無いタイミングで急に怒り出したり、
気持ちの表し方も、少しみんなとは違っていて、
その激しさにクラスメートもちょっと面食らってしまうような・・・。
今、この文章を書いていたら、
彼女がやたらと爪を噛んでいたことも唐突に思い出しました。

おそらく彼女は、高機能自閉とか、ADHDとか
何かしらの診断が付いていたのではないかと思います。


でも、そこはさすが、30年も前の公立小学校の持つ、大らかさ。
みんな「あいつ、ちょっと扱いづらいヤツだよなー」程度の認識で。

統合教育とか出てくる前の時代なので、
今だったら何かしらの診断が付いてたような子達も、
普通にクラスの中に存在していたように思います。
少なくとも、私の通っていた公立小学校では、そうでした。
同じクラスに、ダウン症の子も、軽い麻痺の子も、
ごく普通に居ましたから。

少し仲良くなってから聞いたら、
シズちゃんは、付属小学校では浮いてしまって、
いじめられたので、公立小学校へ転校してきたのでした。

そんなシズちゃんと私は、通学路が同じだったので
自然とまぁ、なんとなく仲良くなって、
ある時、私がシズちゃんの家に遊びに行ったことがありました。

シズちゃんのお母さんに会った時に
「こんにちは。遊びに来ました。お邪魔します」と私が挨拶したら、

シズちゃんのお母さんはみるみるうちに目に涙をいっぱい溜めて、
「まあ! まあ・・・・よく、遊びに来てくれたわね。ありがとう。
シズちゃんとこれからも仲良くしてやってね」と私に言い、
その後、私たちに背を向けて、なんだか鼻をグスグスいわせていました。

まだ子供だった私は、
「友達が遊びに来ただけで泣くなんて、
シズちゃんのお母さんって変わってるな~」と思っただけでした。


でも、今ならよく分かる。痛いほど分かる。
シズちゃんのお母さんの、あの時の気持ち。

転校しなくてはならかったほど、お友達関係に難しさを抱えた娘に、
遊びに来てくれるような友達が出来た。

この子には友達が遊びに来てくれることなんて、
もしかしたらもうこの先無いのかも・・・って思っていたのに、
普通の子みたいに、友達が遊びにやって来た。

あの時のシズちゃんのお母さんは、どれほど嬉しかったことだろう。
そりゃ泣くわー。
今の私だって、泣く。絶対。

まだ子供だった私には、
当時のシズちゃんのお母さんの気持ちはちっともわからなかったけど、
自閉っ子を持つ母になった今は、想像しただけで泣けるようになりました。

シズちゃんのお母さん。
私も、今なら、よく分かります。その気持ち。



このたび、FC2の拍手機能ボタンを外しました。

「え~?! せっかく来たんだし、その代わりに何かを押して帰りたいよ~!」という方は、
以下のいずれかのボタンを押して下さると、
私の更新のモチベーションがちょっぴりアップします。(*^-^*)

いつも来て下さって、ありがとうございます。


にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村


自閉症児育児 ブログランキングへ



                         

スポンサーサイト

テーマ: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) | ジャンル: 育児

療育手帳の更新で忘れ物 | Home | 歌と物事を関連付ける長男

コメント

No title

あかん!泣いたわ。化粧したてだけど、化粧ハゲるー!

2015/10/26 (Mon) 08:02 | Usako #- | URL | 編集
No title

hanaさんのこういう記事はいつも泣いちゃいます。
 お母さんの気持ちになって泣いてしまいました。 
 今はADHDとか高機能自閉症ってたくさんの人がわかってくれる時代になったけど30年前ってそこまで一般的じゃなかったですもんね。
私の子供も自閉症で,今までしらなかったことが色々わかるようになりました。 
 息子さんたちの就学問題いろいろ大変そうですね><。応援してます

2015/10/26 (Mon) 16:46 | ぽん #- | URL | 編集
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/10/26 (Mon) 21:56 | # | | 編集
Usakoさんへ

> あかん!泣いたわ。化粧したてだけど、化粧ハゲるー!

あなたも私も、
してもしなくてもそうたいして変わらないお化粧ですから(笑)、
多少ハゲても問題無し!ですよ~☆

2015/10/26 (Mon) 22:37 |  hana #- | URL | 編集
ぽんさんへ

コメント、ありがとうございます。

ADHDとか高機能自閉とかって、本当に割と最近になって知られてきたものですものね。
診断って付いた方が本人は生きていきやすいのか、
それとも昔みたいに診断なしで「変わったヤツだな~」で生きていけた方が楽なのか。
どっちなんだろう・・・?って考えることがあります。
その子の特性にもよるのかも知れませんね。

お互い、自閉っ子の親になると、健常の親なら知らなくていいような世界を知ることになりますね。
日々、お疲れさまです。

2015/10/26 (Mon) 22:42 |  hana #- | URL | 編集

はじめまして♪
古い記事から読みはじめて来て、今ここにたどり着きました。
そして、鼻にツンと来ました・・・。
うちは、小2と年長の兄弟がいます。
下は今月の発達検査で中度の知的障害の判定でした。
ADHDもあります。
そして、恐らくhanaさんと同じ市内に住んでます(・∀・)
なので勝手に親近感~♪

何か、越境入学は建前ではだめだけれど、実際はけっこう余裕でできるような話も聞いたりしましたよ。
でも、何の根拠もないので無責任なことは言えないですね。
ごめんなさい。

これからも勝手に友達と思い(図々しくてごめんなさい)読ませてもらいますね☆

2015/10/27 (Tue) 21:56 | かなえ #- | URL | 編集
はじめまして

うちにも5歳になった一卵性の自閉症兄弟がいます。会話はできません。
双子の自閉症で検索してこちらのブログと数ヵ月前に出会いました。
今回の記事、泣きました。
今までは読むだけでしたが、思い切ってコメントを書かせていただきました。
脱走対策はとても参考になり同じ鍵を買いました。
就学も応援しております。

2015/10/27 (Tue) 23:22 | アイ #- | URL | 編集
かなえさんへ

コメントありがとうございます。

発達障害育児、日々大変ですよね。
お疲れ様です!

2015/10/28 (Wed) 00:54 |  hana #- | URL | 編集
アイさんへ

コメント、ありがとうございます。

双子で自閉症。
非公開コメントを寄せて下さる方もいらっしゃるし、
結構、お仲間が居らっしゃるようでちょっと心強いですよ。

私自身、双子が2歳頃から、
ずっと心の支えにしてきた、同じような境遇のHPが有りました。
私のブログが、あなたにとってのそれになれると嬉しいです。

2015/10/28 (Wed) 00:58 |  hana #- | URL | 編集

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する