学区の支援級に決まるまで

年長の春から今に至るまで、就学問題と向き合ってきた記録。

5月と6月で
特別支援学校も、学区の小学校の支援級も、
さらには7月に入って、隣の学区の支援級まで見学をした結果、
のんびりゆったりとしていた隣の学区の支援級を希望しました。

しかし、学区の小学校には知的級も情緒級も有ったので、
小学校も教育委員会も
「越境入学はまかりならん!」という態度で。
まぁ、そりゃそうだ。ルールはルール。原則は原則。
それはこちらも充分承知したうえで、お願いしていたのですが。

挙げ句、学区の教頭先生は
「わが校には知的級も情緒級も有るので・・・
もしどうしても越境したいなら、それ以外の道を探るのはどうか?」
と、こちらに意味不明な提案までしてくる始末・・・。

知的でも情緒でもない・・・即ちそれは、肢体不自由ってコトで。
一応私が「知的でも情緒でも無いって、それって・・・?」と確認したら、
はっきりと「まぁ、肢体不自由枠とか」って答える教頭。

多動で困っているウチの子に、「肢体不自由枠」を勧めるって・・・
・・・それは、どう考えてもおかしいことでしょう。
教頭先生、何を考えてるの~?!
なかなかパンチの効いた、教頭先生からの有り得ないご提案でした・・・。

そんなこと言われちゃうと、こちらもやはり、感情的にこじれます。
そんなおかしな提案してくる小学校(主に教頭)に、
ウチの子達をお願いして大丈夫だろうか・・・?とか。

教頭先生も、支援級の先生もあからさまに
「支援学校へ~、支援学校へ~」というオーラを出してきますし。

もう、学区の支援級に行くぐらいなら、
一度は断られた支援学校に、無理矢理に希望を出してみようか!とまで
なげやりな気持ちになったりも、時にはしました。私。

これは園長先生にすぐに察知され、やんわりと、しかし情熱的に
「もっと話し合いを重ねて、たいちゃんとようちゃんのことを
小学校にもよく分かってもらいましょうね。
お母さん。ヤケになって支援学校希望!とか言わないでね」と
しっかり、クギを刺されました(苦笑)。

私と療育園 VS 学区の小学校は平行線のまま、
10月をむかえました。

そうしたら
10月になった途端、学区の教頭先生の態度がコロッと激変したのです。
本当に怖いぐらいに。

教頭先生は、療育園の園長に電話をかけてきて
(私に、ではないところが、これまた不思議・・・)
「たいちゃんとようちゃんが○○小学校に来てくれることが、
わが校の切なる願いです!」とまで、おっしゃってたらしい。

せ、せつなる願い・・・ですか。

電話を受けた園長先生、めっちゃ不審がってました(笑)。
そりゃそうだ。
9月末まではあんなに「支援学校へ~」オーラ全開だったのに。

小学校サイドに何があったかは分かりませんが、
こちらも 「そ、そこまで言っていただけるなら、よろしくお願いします」
という感じになりました。

しかし・・・
一体、何がどうなって、教頭先生はあんなに態度が変わったんでしょう?
怖くて、まだ訊けずにおります。

でも絶対、いつかは直接訊いてやる~。
だって、絶対おかしいもん。多動児に「肢体不自由枠」だなんて。
肢体のお母さん達だって、この話を聞いて教頭に怒ってたし。


そんなこんなで就学先決定までは色々有りましたけれど、
なるべく、皆さまにご迷惑をかけないように気を付けつつ、
親子共々、春からは学区の支援級1年生で頑張る所存です。


以下のいずれかのボタンを押して下さると、
私の更新のモチベーションがちょっぴりアップするかも知れません。(*^-^*)

いつも来て下さって、ありがとうございます。


にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村


自閉症児育児 ブログランキングへ



                         
スポンサーサイト

テーマ: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) | ジャンル: 育児

双子のパニック連鎖 | Home | 酸っぱいの、異常に好き

コメント

No title

政治的な何かがあったのかなと。
色々考えられます。

療育園が親側に立ってくださるのが安心ですね。
越境入学はまかりならんという態度をされたとしても
就学の決定権は親にしか無いです。
教頭先生の意味不明な発言も態度が変わったのも
上の意向に従うためでしょうね。
教育委員会の意向です。

支援級の雰囲気やカラーは割と先生でころころ変わる
ので入学してみたら、隣の学区みたいにのんびりに
なっ逆に隣の学区は厳しくなった・・・というような事も
無くは無いです。
うちはそんな感じでした・・・全ては博打かもしれません。

一番良い方向へ進めますように。
双子さん良い先生や級友に恵まれますように。
お祈りしています。

2016/01/14 (Thu) 11:48 | さん #JalddpaA | URL | 編集
さん 様へ


> 政治的な何かがあったのかなと。

おぉう、政治!
・・・なるほど。さすが学校教育。
ぬるま湯療育には無かった世界が繰り広げられるのですね。

> うちはそんな感じでした・・・全ては博打かもしれません。

やっぱり、博打なんですね~。
先輩ママさんは皆、
「小学校なんて、入ってみないと分からないよ~!」と
口を揃えておっしゃいますものね。

ウチは問題児が二人も居るので、学校にも申し訳なくて。
なるべく周囲にご迷惑をかけないように意識して、
小学校生活を送りたいと思っております。

2016/01/14 (Thu) 13:04 |  hana #- | URL | 編集
はじめまして

いつも読ませていただいてます。
我が家も春から支援級に就学予定の子がいます。
で、双子。
さて、教頭先生の態度が変わった…とありましたが…
ご存知ならスミマセン。
平成28年4月1日より「障害者差別解消法」が施行されます。
その中の「合理的配慮」は障害を持つ人々に対して必要な環境整備などの配慮をしていくというもの。

つまり配慮しないのは法律違反ということになりかねないのです。
これにより発達障害を抱える子供達にとって学校環境はずいぶん変わってくるということになりますね。

子供達がより良い環境で学校生活を送ってほしいですものね!

分かります。一人ならなんとでもなるのに!という思い。
でも可愛い寝顔も二人分♪頑張り過ぎずに頑張りましょうね~

2016/01/14 (Thu) 22:40 | あやまる #- | URL | 編集
あやまるさんへ

いつも読んで下さっているのですね、ありがとうございます。
しかも今回はコメントまで!
嬉しいです。

合理的配慮については、私も承知しておりまして
5月6月の時点でそのあたりも教頭先生と話し合いを持ちました。
だから、教頭先生もそのことはご存じだったはず。

しかし「過度にならない範囲の負担」というのが
一体どこまでなのかというあたりの相互の認識が、
どうにも一致しなかったんですね。
まぁ私も、グイグイ押せる強いタイプでもなくて(^-^;

私がもっと勉強してたら、強気に出られたのかしら・・・?

双子、かわいいんですけど、大変は大変ですよね。
先は長いし、お互い、ぼちぼち頑張りましょう♪

2016/01/15 (Fri) 00:10 |  hana #- | URL | 編集
No title

学校側の肢体不自由児ってことにする提案には、びっくりですね(?_?)何をどう考えたら、そういう提案がおもいつくのか???

支援学級は、先生次第!!いい先生が担任だといいですね。


2016/01/17 (Sun) 02:30 | ponta #- | URL | 編集
pontaさんへ


そう、担任次第なんですけど・・・
担任もなんだか不安です・・・。

園長先生が担任(予定)の発言に、ドン引いてましたから。
「30年ぐらい前なら、
障害児には強く接して言うこと聞かせる!みたいな先生が多かったけど、
今でもあんなこと言う人が居るんですねぇ」って。

2016/01/18 (Mon) 11:40 |  hana #- | URL | 編集

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する