少しずつ、少しずつ・・・

この春、元気に一年生になった双子ですが、
小学校入学!という環境の大きな変化に、子供達がなるべく軟着陸できるように、
なんでも、「少しずつ」にしました。

今年の1月から、週に一度程度、支援級に「体験授業」をさせていただき、
まずは「教室に30分間居ることの練習」から始めました。
これは私から希望したことですが、
ありがたいことに、小学校側からも「それはとても大事だと思います!」と同意してもらえたので。

まずは、「教室に居る」こと。
課題は、何をしても良い。という、緩いルールで。

こうした体験回数を重ねることで、入学する前に
支援級のお兄さんお姉さん達にも双子をすっかり覚えてもらえました。


4月の入学式後は、
最初の二日間は、一時間目だけで下校。
次の三日間は、二時間目で下校。
その次は、三時間目で下校。というように、
少しずつ、小学校に居る時間を長くしていきました。

授業中も私がずっと付き添いをしていたのですが、
ここ数日の間に、これも少しずつ減らしていきました。

最初の三日間は、双子の間に、私も座って授業を受け、
その次は、少し距離をとって、教室の後ろから見守って。
そうしてだんだん、私の帰宅する時間を早めていく形で付き添いを短縮。

今度の月曜日からは、朝の会の時間が終わってからの帰宅。
それに慣れたら、最終的には、先生方の朝の打ち合わせが終わって、
支援級の教室に来られたら、私は帰宅しようと思っています。

うちの双子も、それを受け入れる支援級の担任の先生も、私も、
みんなが少しずつ、新しい環境に慣れていけるように・・・と考えたら、
そういうかたちになりました。


以下のいずれかのボタンを押して下さると、
私の更新のモチベーションがちょっぴりアップするかも知れません。(*^-^*)

いつも来て下さって、ありがとうございます。


にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村


自閉症児育児 ブログランキングへ



                         
スポンサーサイト

テーマ: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) | ジャンル: 育児

双子のうち、一人だけ登校する場合 | Home | 元気に一年生になりました

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する