双子が縁の、もう会えないあの人①

今年の一月に、双子のOT(作業療法)の、私の大好きなM先生が亡くなりました。
1年半ほどの長い闘病で、入退院を繰り返しておられました。

以前、私が「先生は、どうして作業療法士になったの?」って訊いたら、
明るくワハハ~!と笑いながら、
「母親が看護師だったから影響受けて、医療系に進んだのよ」って教えてくれました。

とてもとても底抜けに明るい、優しい先生でした。
本当に大好きでした。
電話でM先生の声を聞くだけで、私はいつも元気が出ました。

先生とのお付き合いは、双子の診断直後ぐらいからだから、
4年間ほどだったかと思います。

私が月に一度のOT訓練をサボらずに通い続けられたのは、
大好きなM先生に、(きっと双子もだろうけど)私が、会いたかったから。

M先生と会って、双子に訓練をさせながらあーだこーだとM先生と話して、
その明るさにちょっとあやかって、
訓練に来た時よりも少しだけ明るい気持ちで、私が!帰宅したかったから。

M先生の明るさに、私は今まで本当に救われてきました。


次男の多動があまりにも極まっちゃった3歳頃に、
双子との日々の暮らしがどうにもこうにも辛くなって、煮詰まって、
OTの訓練の時に「私、もう・・・育児が辛いです~!」って、
M先生の前で初めて、声を上げて泣きました。

そんな時、当時M先生は私にこう言いました。

「前も勧めた短期入所だけどね、
ママが、短期入所に大きな抵抗があるのは、分かるよ~。
気持ちの上で、抵抗があるのは当たり前だよ。
だって、生まれてから今まで、双子ちゃんはママと離れたこと無いんだもんね。
一晩だって、離れるのを心配するのは当然だよ。

でもね、自閉の双子ちゃんってさ、やっぱりちょっと大変過ぎるもの。過酷よ!
自閉ちゃんって、一人でもすごく大変なんだもん。それが二人って、当然、すごーく大変なの。
それがずーっと続いてるから、ママ自身は大変さがよく分かんなくなっちゃってるだろうけど。

だからこそママは、動ける今のうちに短期入所施設に見学に行っておくべき!
本当~に大変になっちゃってからじゃあ、きっと、施設見学に行く余裕は無いよ!

ね、ママ?  よく考えて。 子育てはまだまだ長いんだもの。
福祉の援助を上手に受けること、双子ちゃんが小さい今のうちから、
ママも、もちろん双子ちゃんも、ちょっとずつでいいから、その練習をしていこう?」

これを聞いて、私は、また泣けました。


M先生のこの言葉を受けて、私が児童相談所の人にお願いして、
短期入所施設の見学に連れて行ってもらうことになったその日、
まさに施設に向かう車中で、私の携帯電話が鳴りました。

携帯電話のサブディスプレイに表示されたのは「OT訓練 M先生」の文字でした。


書きたいことが多すぎて、長くなっちゃった。 続きます・・・。


以下のいずれかのボタンを押して下さると、
私の更新のモチベーションがちょっぴりアップするかも知れません。(*^-^*)

いつも来て下さって、ありがとうございます。


にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村


自閉症児育児 ブログランキングへ



             
スポンサーサイト

テーマ: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) | ジャンル: 育児

双子が縁の、もう会えないあの人② | Home | ストレスでジンマシン出る体質

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/05/11 (Wed) 13:50 | # | | 編集

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する