久しぶりに肝が冷えた・・・

夫の実家に帰省していた長男が、昨日、自宅に帰ってきて、
今日は久しぶりに二人揃って、子供達はデイサービスに行きました。

今日の夕方、デイから帰ってきた時のことです。
引き渡し場所まで、私とヘルパーさんがお迎えに行きました。
そしたら、
いつもとは違って、道路のあっち側にデイの車が停まってる・・・。

あら、珍しい。いつもは手前に停めてくれるのに。
危ないから、あっち側には停めて欲しくないんだけどな・・・と私が思っていたら、
その次の瞬間、
デイのスタッフさんの脇をすり抜けて、次男が私を目がけて走ってきた!

私と、デイの車の間を通ろうとした、別の車が走ってきていたというのに。
次男は左右なんて、まったく確認せずにまっすぐ私に向かって走ってくる。

危ない! ぶつかる!

「危なーい!!」

次男を威嚇すべく出した、私の、ドスの効いた大きな声が辺りに響きました。

幸い、車のスピードが出ていなかったので、次男はぶつからずに済みましたが、
あの車の運転手さんはどんなにか驚かれたことでしょう・・・。
申し訳ない。

だって、次男の見た目は、危険の分からないような小さな幼児じゃないんだもの。
立派に小学生に見える子なんだもの。
「普通なら、車じゃなくって子供の方が止まるでしょ」って運転手さんに思われても、
当たり前よね・・・。

走ってきた次男を抱き留めた私は、怖い顔と声で、
「車が来てて、危なかったよ!」「大人と手をつなぎます!」
「ねぇ、あっち! 車を見て!」等々、短い言葉ではありますが、こってりと叱りました。
しかし、どこまで次男は分かっていることやら・・・。
いつものように「ギュー、して~」って抱っこを求めてくる始末。

大きな声を出して、次男を叱り飛ばす私に、動揺した長男は
私の背中から「ごめんなさい」「ごめんなさい」って抱きついてくるし。
・・・いや、謝るべきは君じゃない。次男だ。

それでも、
私の前面には、危なかった次男。背面には不安になっちゃった長男。
が、それぞれに、くっついている状態。

うぅ、身動きとれない・・・。
ヘルパーさんが一緒に居てくれたので、助かりました。

案外、長男はこの後すぐに平常運転に戻り、
ニコニコしながら私と手をつないで、「デイ、楽しかったー」と言ってました。

叱られた張本人、次男は
危ない思いをしたからか、私に叱られたショックからか、
帰宅直後の15分ほどは、泣いたり、「眠いー!」と騒いだりと、
落ち着かない様子でしたが、こちらも割とすぐに落ち着きを取り戻しました。

それにしても危なかった・・・。
最近、双子なりに色んなことがずいぶん分かってきているようだったので、
今日は大人がつい、油断しました。

いやいや、油断は大敵。
この子達は一筋縄ではいかないぞ。手強いんだから。

改めて、肝に銘じなければ。

いつもなら、事が起こって、やや時間を置いてから文章化するのですが、
今日は反省をこめて、すぐに書き留めておくことにしました。



以下のいずれかのボタンを押して下さると、
私の更新のモチベーションがちょっぴりアップするかも知れません。(*^-^*)

いつも来て下さって、ありがとうございます。


にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村


自閉症児育児 ブログランキングへ



      
スポンサーサイト

テーマ: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) | ジャンル: 育児

とび出し注意!のプレゼント | Home | 愚痴ったり、悪態ついたり

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する