「いつもと違う」で不安になる

先週、家族でいつものファミレスに行きました。
サラダバーやドリンクバーが有って、双子もお気に入りの店です。

たまたまその時間は、店内がいつもより混んでいたようで
店員さんが通してくれた席はいつもと違っていました。
ちょっとした小部屋のようになっていて、
4人掛けテーブルが3つだけ有る、というスペースでした。

「そこからだとサラダバーやドリンクバーがちょっと遠いな・・・」とは思いましたが、
「混んでるなら仕方ないし、まぁ、いいか」と私と夫は了承しました。

しかし、双子は違ったようです。いつもと違う!( ゚Д゚)って思ってたよう。

二人ともいつもよりさらに落ち着きがない。
よって、メニューも選べない。
サラダやドリンクを取りに行くと、過去に座ったことのある席に座ろうとする(!)、等々。

何度「今日はこの席なんだよ」と教えても、ダメでした。

私とはす向かいに座っていた次男は、特に不安が強くて
テーブル越しに、私の手を握って離さない・・・(苦笑)。

次男のその目は切羽詰まっていて、必死に私に不安感を訴えかけているようでした。

あぁ、言葉で自分の気持ちを上手に表現できない子って辛いな。
言葉で伝えられたら、それだけでも少しは気持ちを消化できるのにね。
ヨシヨシしたり、手をぎゅっと強く握ったりして、次男を励ましてやりました。


他のテーブルが空くまで待つ、ということももちろん出来たけれど、
「静かに待つ」というのも苦手な子達です・・・。

それに、
「いつもと同じ店だって、いつもと違う席に通されることも有る」ということを
彼らも親も学ぶ、いい機会になりました。

きっと、次にまたあの席に通されたら
多分、その時は双子も落ち着いていつも通りに過ごせる気がします。
『あ、ココ、前にも座ったな』って。

もしくは「ココ、違う~!」って嫌がって、双子があの席を拒否するとか(苦笑)。
もちろん、それも良し!です。
選択できるってことも大事。

そうやって少しずつ、彼らの「いつもの」のバリエーションが増えていけば、
生活の質も上がるし、きっと今後も生きていきやすくなることでしょう。

「いつもの」を増やすにあたって発生してしまう彼らの不安感は・・・
うん! 私が生きているうちはなんとか受け止めよう~!o(^-^)o


明日は療育園の卒園児イベント♪
皆でいちご狩りに行く予定。楽しみです。(*^-^*)

いつも来て下さって、ありがとうございます。


にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村


自閉症児育児 ブログランキングへ



     
スポンサーサイト

テーマ: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) | ジャンル: 育児

ウチの場合、自閉っ子も一人なら楽♪ | Home | 見通しを持つ!

コメント

お店の席に限らず、春は特にいろんな変化も多いので不安定になりやすいですよね。
学校のお友達も卒業したり、入学してきたりで顔ぶれが変わるでしょうし…。

2017/03/28 (Tue) 23:45 | 恵美 #IBnbX9Sw | URL | 編集
Re: 恵美さんへ

> お店の席に限らず、春は特にいろんな変化も多いので不安定になりやすいですよね。
> 学校のお友達も卒業したり、入学してきたりで顔ぶれが変わるでしょうし…。

あぁ、ほんとう。
その通りなのです。
支援級の担任の先生も代わるし、六年生も卒業していったし、
新しい環境に慣れるまで不安定になるだろうなぁと、親も子もドキドキです。

2017/03/31 (Fri) 00:33 |  hana #- | URL | 編集

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する