療育キャンプは魔法?!①

なんだか久しぶりにパソコンの前に座りました。
皆様、お元気ですか?
私は元気と病気の狭間を危うく行ったり来たり・・・な感じで
ギリギリなんとか過ごしておりましたよ。(+_+)


就学前に通っていた療育園主催の「療育キャンプ」に、
今年は初めて双子を参加させました。

このブログを読んでくれている障害育児同志ママに
(私はあえて「知人」とは書かないわよ~(^_-)-☆)
「ブログを読むと不思議に思うのだけれど
お宅の通っていた療育園とは一体どんな園なのか?
公立? 私立?
卒園以降もあんなに何だかんだと繋がってくれる園なんて、聞いたこと無いよ!」
と、驚きつつ言われました。

まぁ、確かにそうですね(笑)。
同じ市内でも、療育先によってかなりの温度差は有るらしい・・・とは聞いています。

その中でも、双子の通った園は「暑苦しいほどの熱血支援が特長」だと
実は私は思っているのです( ◠‿◠ )

私は何年も前に、元のおじさん園長先生に言われたことがあります。

「この園に通った歴史を『無かったこと』にしたい人も、中には時々居るんだよ。
そういう親御さんの場合は、成長したその親子と町ですれ違っても、声もかけられない。
こちらは寂しいけれど
それはそれで構わないし、世の中にはそういう人だって居ると思う。

でもね、そうじゃない親子とは今後も、できればずーっと付き合っていきたい!と
僕たちは思って、支援していくから。
親御さんから拒否されない限りは、ずーっとね」

実際、その言葉通りなのです。
そんな、熱血支援の療育園を卒園できて本当に幸せな双子です。


今回初参加した療育キャンプは、
大きな観光バスに乗って山奥に行って、川で遊んで、寝袋で眠るという二泊三日。
カレーライスを作ったり、バーベキューをしたり、スイカ割りを楽しんだり、
最後の夜はいっちょまえにキャンプファイヤーもするのだとか。

障害のある子供達と療育の先生達だけで行くので、親はお留守番。
残される親としては
「え~?! 先生、大丈夫ですか~?!」とか思ってしまうけれど、
そこはそれ、療育の先生方は、日常的にたくさんの障害児を扱いなれたプロです。
しかも毎年この療育キャンプに行っているわけで、それだけ経験を積んでおられます。
だから、先生方におまかせしたら、きっと大丈夫。

それに、うちの双子は、自閉のわりに変化に強い(笑)。
というか、わりと非日常を好むので、親としては
「ま、楽しんで帰ってきてくれるでしょ」と楽観視はしていました。


ただ、キャンプに送り出す前日までは
双子は夜討ち朝駆け状態で、睡眠も乱れがちだし、
家の中では双子がトムとジェリー状態になってしまうことが多くて・・・(涙)。

早朝からダマになって取っ組みあいする双子に向かって、私が
「お願いだからケンカしないで~!」と止めながら号泣したり、
かと思えば、
私も一緒に巻き込まれて双子と三つ巴になったりの、かなりハードな毎日。
なかなか大変な日々だったので、キャンプに送り出すのもそれなりには心配でした。


9:30、小雨降る中、キャンプ場に向かう観光バスを見送って自宅に戻ってからは
私はお昼過ぎまでぐったりとして横になったまま、
眠ったり起きたりはしながらも、どうしても体が動きませんでした。

双子がキャンプ中の二泊は、私は実家で過ごす予定をしており、
なかなか実家に来ない娘を心配して、母から昼過ぎに電話がかかってきたので
私は、ようやく無理矢理に現実世界に戻ってきた感じでした。

母 「あんた、今、どこ?」
私 「ごめん。まだ家に居るー」
母 「どうしたの?」
私 「・・・なんかね、双子を見送ったら、疲れちゃって体が動かなくって・・・(泣)」
母 「・・・(!) 早く、なるべく早くウチに来なさい。お父さんも待ってるから」

私の母は、昔から勘のいい人です。
私が多くを語らずとも、だいたいのことは察していたことでしょう。


両親のおかげで、双子が不在の間の二泊は、
私は本当に久しぶりに、まるで独身時代のように実家で安心して過ごせました。

そして、今になって思えば
それは当時の、私の荒み切ったメンタルを回復するためには
本当にタイミングばっちりで、必要不可欠なことだったのだと思います。

ありがたや、ありがたや。



以下のいずれかのボタンを押して下さると、
私の更新のモチベーションがちょっぴりアップするかも知れません。(*^-^*)

いつも来て下さって、ありがとうございます。


にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村


自閉症児育児 ブログランキングへ



     
スポンサーサイト

テーマ: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) | ジャンル: 育児

とりあえず、生きてます | Home | たまには癒し風な内容を

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する