fc2ブログ

長男と次男、どっちが大変か?

自閉症で、
おまけに共に重度の知的障害の双子を一緒に育てていると、
『長男と次男のどちらの世話がより大変か?』というのは
母である私にとっても、正直いってよく分からない状態でした。
だって、毎日がてんやわんや。
日々、混乱状態(笑)。

なにせ、「手のかかる双子を、食べて、寝て、登校させる」という、
ごく普通の、当たり前の日常生活をさせるだけで
重度の子達を抱える私にとってはもう精一杯な日々!なので。

長男と次男、どっちがより大変な子なのか? だなんて、
今までの私には、考える余裕も有りませんでした。

だから、私は今まで知りませんでした。

世間から見たら、重度知的障害の双子を抱えた、
いわゆる「大変過ぎる生活」と言われるのが、
実は、私にとっての「普通の生活」だったのですね~!(@_@)


いや、マジで知らなかったわー!
ちょっとぉ~、誰か私に教えといてよー!(笑)




いやいや、私も実は薄々、その事実に気がついてはいたけれど、
実際に落ち着いて一人ずつの育児を家庭でしてみると、
「障害児でも、一人っ子だとこんなにも楽ちんだったのかーーー!( ゚Д゚)」
って、感じることが多いですよね。ウチの場合。



実は今、双子っち、
我が家では期間限定ながら、「なんちゃって一人っ子」な生活を送っております。
長期予測だと、12月には二人揃って帰宅できるかな?という見込みです。


双子は夏以降、
児童相談所の介入により、「子どもの行動観察の為」という理由で、
一人ずつ交代で、施設で暮らしているのです。

施設で暮らす子の行動は、施設職員のプロの眼で。
家庭で暮らす子の行動は、いつもよりは多少の余力ある母(私)の眼で。

子供達の個々の問題行動発生の
原因、経過、その着地点などをより細かく観察するためです。


そして、施設に居る間の子供の様子を
専門職員さんのプロの眼で観てもらえて、
その考察などを私にフィードバックしてもらえることが、
私にとっては本当にありがたいことです。

だって、私のこの行き届かない二つの目だけではなく、
児童相談所や、小学校の先生や、施設職員さんなど
複数機関の専門家のたくさんの目で
ウチの子達の育ちを観察して、共有して、おまけにプロの知恵を絞ってもらえる。

しかしそれは同時に、
我が家の為にジャブジャブと税金を投入してもらっている、ということを意味していて、
私としては申し訳ない気持ちが非常に大きいのですが、
それ以上に、とてもとてもありがたいことです。

私一人ではなんとも情けないですが
どう頑張っても、この手のかかる双子を穏便に育ててはいけないので。


とりあえず、児相の介入によって、双子を片方ずつの一人っ子生活してみたら
期せずして私は、長男と次男の「違い」を実感することになりました。

結果として、長男の方がずいぶんと楽でした~。
でも、次男の方がいつもニコニコしてて、周囲のウケが格段に良いのよね~( *´艸`)



以下のいずれかのボタンを押して下さると、
私の更新のモチベーションがちょっぴりアップするかも知れません。(*^-^*)

いつも来て下さって、ありがとうございます。


にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村


自閉症児育児 ブログランキングへ



     
スポンサーサイト



テーマ: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) | ジャンル: 育児

外出先での一人トイレはドキドキ | Home | 行きたい気持ちが溢れ過ぎ!

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/10/13 (Fri) 23:57 | # | | 編集

今までの記事、多分全部読みましたが、息子は次男くんにそっくりです。大変だけど、愛嬌があるのかもしれないですね☆

2017/10/15 (Sun) 17:53 | やっちん #mWt2sFS6 | URL | 編集
Re: やっちんさんへ

このブログの過去記事、かなりの量があると思いますが、
やっちんさんは全部読んでくださったのですね~(@_@)

次男タイプって、大変だけどカワイイんですよね(笑)。

2017/10/16 (Mon) 09:22 |  hana #- | URL | 編集

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する