「こんちくわ」の5歳

2歳2ヶ月で初めての言葉
「もぐもぐもぐ、あ~、おいち~」と言えた以降、
実に1年半以上の長きに渡って、
言葉はなかなか増えなかった、うちの双子。

通園施設で過ごした2歳児クラス、年少クラスの二年でも
「おいしい」と「痛い」ぐらいしか言葉が増えず、
このあまりの語彙の増えなさ加減には愕然とした母でした・・・。

私の住むエリアでは
OTや(作業療法)ST(言語療法)の訓練を受けるためには
一年に一度、小児科医の診察を受けなくてはならないらしく。

3歳9ヶ月で診察を受けた際には、医師に
「こんなに言葉が増えないのであれば
次回の手帳の更新時には軽度→中度になるはず」
「つきましてはウチも特別児童扶養手当を申請したい」と
自ら申し出た母なのでした・・・。


いつやって来るか!もうやって来るか?!と
首を長くして待った「言葉の爆発期」とやら。

うちの場合は、爆発・・・とまでは全然いかない印象ですが、
それでも4歳を過ぎてから、ずいぶんと言葉が増えていった感じです。

しかしながら、
イントネーションがおかしかったり、
何を言ってるのか、分からないことの方が圧倒的に多かったりしますが
まぁ、ウチの子達なりの「言葉の爆発期」が来たんだと、
思うことにしています。


想像よりも、しょぼい「爆発期」ではありますが・・・。
それでも2年前よりは格段に言葉が増えた双子っち。


でも、いまだに
彼らの「こんにちは」は「こんちくわ」。

言えてない~(笑)。

「こんちくわ」がちょっと進化?して
最近は「こんにちくわ」になりました(笑)。


「ありがとうございます」は
「ありがとーごまだーしゅ」。

「ごめんなさい」は「ごめねねなしゃい」。

「おやすみなさい」は「おやみみなしゃい」。
または「おやみなしゃい」。



待たされた期間が長かった分だけ、
うまく言えてないのも、かわいく思えます。


そんな、5歳後半期の言語の現状です。
この春からウチの双子は、療育園最後の年長さんに進級します。

療育での最後の一年。
どんな成長を見せてくれるか、楽しみに思っています。





にほんブログ村 子育てブログ 双子へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村



                                
スポンサーサイト
2歳6ヶ月 次男も脱走デビュー | Home | 双子2歳半頃の私の心境

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/04/21 (Tue) 01:28 | # | | 編集

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する