FC2ブログ

我が家の困り事の原因は?

昨年、児相の介入によって8月~12月まで行われた、
施設と家庭で別々に暮らす双子の行動観察でしたが、これは、
家庭内限定で起こる、双子の激しいケンカやパニックに
私が困り果てたことがきっかけでした。

これに関わってくれたのは、
行動観察の為に入所した施設、
卒園した療育園、
児童相談所、発達障碍者支援センター、
通っている小学校、何年も通っているデイサービス。

困っている我が家のために、
支援のプロを含む10名越えの支援チーム(ドリームチーム)が結成されて、
満を持して行われた行動観察でした。
本当にありがたいことです。


昨年9月と12月の2回、小学校の会議室にて
ドリームチームによる我が家の為の支援会議が開かれました。

9月の専門家からのフィードバックは → こちら★


今回は、12月の会議で分かち合ったことを書こうと思います。

5ヶ月間の行動観察によって、更によく見えてきた二人の特性を持ち寄り、
情報を共有し、今後の支援体制を見直すための会議でした。


・ 二人とも同時入所の集団生活の中では全く問題行動が無いことから、
  家庭生活内で「家事」をする母と、双子の関係性に問題があると推察される。

・ 弟の方が知的に少し低い為、常に「兄より出来ない自分」「勝てない自分」という
  ネガティブな感情体験の積み重ねや自信の無さが、
  兄に対しての暴力行為の根底に有りそう。
 
・ 弟は自分一人の時間を楽しむことが苦手なので、
  人の気を引くための行動が多いが、家庭内でこれが行き過ぎると
  兄に対しての暴力行為になってしまう。

・ 兄に対しての暴力行為を止めるにも、
  知的に低い弟の方が衝動性が高く、自己コントロールが困難。
  暴力行為を止めるにも、発達の理解と力が必要。

・ 双子だからこその「家事に忙しい母の激しい獲得競争」も問題を大きくしている。



次男はいつも、とても明るく朗らかな子なのであまり気にならなかったけれど、
そう言われてみれば確かに、
長男よりも自信が無さそうな素振りが、生活の随所に見え隠れします。


支援のプロの皆さんに力を貸していただいた行動観察のおかげで、
「次男の自信の無さ、発達の低さが家庭生活のネックになっている」
という、ありがたい指摘を頂くことが出来ました。

私一人では、日々を暮らすだけで精一杯で
とてもじゃないですが、この視点は持てなかったです。
今回我が家に関わってくれた、大勢の力のある支援者のおかげです。


次回は、このフィードバックをもとに立てられた
その後の支援体制について書こうと思っています。


以下のいずれかのボタンを押して下さると、
私の更新のモチベーションがちょっぴりアップするかも知れません。(*^-^*)

いつも来て下さって、ありがとうございます。


にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村


自閉症児育児 ブログランキングへ



     
スポンサーサイト



テーマ: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) | ジャンル: 育児

支援者達の知恵の結集 | Home | 悪いのは子供じゃなく、お前だ!

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する