FC2ブログ

ママ、病気になっちゃった

私ががんセンターに行くことが決まってすぐ、
療育園の園長先生に会って、そのことを話しました。

先生は私に「子供たちには、もう話した?」と訊きました。

ウチの子は、どうせ話したって理解できなさそうな重度知的障害の双子なのに、
そんな子供たちにですら、
「子供たちに話したか」と、先生はまじめに訊いてくれるんだなぁ!と、
私はちょっとだけ笑ってしまいましたが(笑)、

私は「まぁ、一応、話しましたよ」と答えました。

先生は「二人は、どんな反応だった?」となおも訊くので、
「長男は『病院、行く!』『お泊り、入院する!』と、自分も病院に行きたがりました。
先月の個室一泊入院がすごく楽しかったみたいで、また行きたいみたいでした。
先月の退院直後にも『病院お泊り、楽しかったー』『ありがとございましたー』って
言ってたぐらいですからね(笑)。
次男は、どこまで分かったのか分かりませんが、
なんだか、ちょっと神妙な顔をしていました。」と答えました。


がんセンターの検査は二日間で、どちらも「一日仕事です!」と説明を受けました。
子供のデイからの帰宅までに帰れるか?と訊いたら
「それは個人差があるので分かりません!」とのこと。
う~ん、それじゃあ仕方ない。双子にはショートにお泊りに行ってもらいましょう。

しかし、長男は、ショートステイに行きたがらない子で、
次男は逆に、ショートステイに行きたがる子(笑)。

「ママ、病気になっちゃったから、(カレンダー指して)ここからここまでは、
ショートステイでお泊りしてきてね」と、長男に説明したら、
いつもなら「ショートステイ、行かない! (バッグを)隠すー!」と騒ぐのに、
今朝はちらりとカレンダーを見ただけで、ちっとも騒ぎませんでした。

たいちゃん、結構分かってるのかも。

次男は・・・もともと何回も「ショートステイ行く! 矢田さん会いたい♡」と言って、
ショートステイの職員さんにすごく会いたがっていたので、
まぁ、次男には事前の説明もしなくてOKでしょう(笑)。
いつもは一泊のショートステイだけど、今回はちょっと長めで三泊ね。

さて、お泊りが確定したら、小学校、デイ、ST、ヘルパーさんなどなど、
日々、双子に関わってくれている関係各所に、変更の連絡をしまくらなくては。



以下のボタンを押して下さると、
更新する励みになります! o(^-^)o

いつも来て下さって、ありがとうございます。


にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村


自閉症児育児 ブログランキングへ



     
スポンサーサイト



テーマ: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) | ジャンル: 育児

なんとか助けてあげたい!という気持ちだけで | Home | がんセンターへの紹介状

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する