次男のリスパ、お盆に休薬

今年のお盆は、12~17日は夫と次男ペアが東京の夫実家。

私と長男ペアは、13~16日が隣県の私の実家へ。
私の実家、ジイジバアバが疲れちゃうので、2~3泊が限界です・・・。

17(月)は朝9:45から二ヶ月ぶりのOT(作業療法)の訓練予約が入っていたので
お盆の前に、旦那から帰省のスケジュールを聞いた時に

「17の朝、次男も訓練の予定だから前日の16日に帰ってきてよ」と伝えるも、

「いや、無理」と夫に即答されました。



ここでも夫、子供のことは一切、考えない。なぜなら俺が少しでも長く実家に居たいから。



そして次に夫が言い放ったのが

「じゃあ別にいいよ。次男も置いて、俺、一人で実家行くから」




はぁ!?
次男の訓練を理由に、アンタは去年と同様に単身で一週間も帰省するってか!?

で結局、私が一人で一週間も双子の面倒見るんかいっ!!!
バカも休み休み言え!!!(気分はグーでパンチ!)



ということで、残念ながら次男はまた今回も訓練なし。

OT、久しぶりだったのにねぇ。

就学までしか受けられない、貴重な訓練の機会だということは、
夫にはどうせ説明しても理解不能。



だって、きっと返ってくるのは

「じゃあ俺が実家に帰省する機会は貴重じゃないって言うのか!」に決まってる・・・。

・・・あんた、そこそこ長期で毎回帰省してまっせ。

年末年始、3月、GW、お盆。毎回一週間。




しかしどこまでいっても「子供優先で考える」ということが一切出来ない、コドモ旦那。
驚かされます。



いつも「俺が」「俺が」しか無い。

いつも、俺にあるメリット、デメリットでしか考えられない。

そういう病気なんだ!と思うようにしてはいますが、それでも腹は立ちます。





その話をしていた時に、私が

「帰省中は、次男の薬、どうする?」と訊ねると

夫は 「いや、別に・・・」 。
これ、夫の口癖。



いや、そこ、「いや、別に・・・」じゃねーだろっ!!(怒)。


私と夫の、それぞれ考えてること。


私・・・せっかく合っている薬だし、子供の安定を考えれば、飲ませた方がいい。
    でも、双子の相方が居ない状況なら大パニックにはならないだろうから、
    まぁ、飲まなくでも死ぬワケじゃなし、大丈夫。

        
俺・・・ただ単純に、朝晩の投薬管理をするのが面倒。




私が

「いや、別に・・・じゃなくってさ!
私は、あなたの実家滞在中にお薬をちゃんと飲ませられるか?って訊いてるの」

と再度問うと、

旦那は即答。
やや喰い気味に「無理です。だから要らないです」とのこと。


そういうワケで、次男は約一週間、休薬することになったのでした。


なんでも「いや、別に・・・」で済まそうとするな!!!という話(?)でした。

テーマ: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) | ジャンル: 育児

今度はリスパダール(2)

子供に薬を投与することの是非については、
以前のコンサータの投薬の前にかなり考え抜いたので、
今回はあの時に比べたら、ずいぶんライトな感じで投薬に踏み切れました。

あーだ、こーだと考えまくるというのも、後で役に立つのかもしれません。


それに、
思慮の浅い夫が大パニックの双子の様子に驚き、
児童相談所に「子供を施設入所させたい! でないと子供が死ぬ!」と
騒ぎたてたせいで、児童相談所が動き、
「お薬を試して、それでもダメだったら・・・もうこの子達と一緒には暮らせない!」という、
ある意味(夫のせいで)切羽詰まったような、緊急事態でした。


だから今回、投薬の是非は、言葉が良くないけれど「二の次」だったような気もします。

今後もこの子達と一緒に暮らしていくためには、投薬の多少のデメリットには目をつむろう・・・。
私はそんなふうに思っていました。

処方されたリスパダールは、朝と晩の、一日2回。
夜だけは、眠りに入りやすくなるように抗ヒスタミン薬も。

とにかく、飲ませてみました。

幸い、お薬は嫌いじゃない子達です。素直に飲みます。



処方されたお薬の量は、本当に微量なようで、
調剤薬局では、処方した医師にわざわざ電話をかけ、
「リスパダール細粒1%の0.02gはあまりに微量だが、処方は正しいか?」
と確認をしたほど、らしいです。

それでも、
今のウチの双子にはその少量で、バッチリ効いたようです。

リスパダールを飲ませたその日からピタリと、
朝晩の二人の大荒れが無くなりました。

彼らはずいぶん穏やかになり、コミュニケーションが取れやすくなりました。
指示が一発で通ることが多くなったし、
私の目を見てコミュニケーションを取るシーンが格段に増えました。

副作用?として、少し眠気が来るようですが
午後に少し昼寝をすることで、問題なく過ごしています。

何より、
大パニックを起こして手におえない双子に私が抱いていたネガティブな感情を、
忘れて、育児に向き合えるようになったのが
一番大きなメリットかもしれません。

朝晩、子供に向かって「死ねっ!!!!」って言わずに過ごせるだなんて、
もうそれだけで幸せです。

睡眠も、投薬を始めてからは安定しています。
飲み始めてからは10日以上経ちますが、
夜中に起きたのは、たった1日。
しかもそれも、背中をトントンしたらすぐに再度眠ってくれたので、
実質、睡眠障害に悩まされたのは0日です。


せっかく双子に合っている薬だというのに、
お盆の期間中は夫の都合で、次男は休薬することになったのでした・・・。


にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村


自閉症児育児 ブログランキングへ



      

テーマ: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) | ジャンル: 育児

今度はリスパダール(1)

皆さま、お盆休みはいかがお過ごしだったでしょうか?
我が家は夫と私で双子を山分けしてそれぞれの実家で過ごしたおかげで
とても平和でした。

これから書く、リスパダールの投薬記録は、お盆に入る前のものです。


今年の4月に、初めての投薬に挑戦してみたのですが、
薬があまりにも合わなくて、投薬初日にドクターストップがかかった、ウチの双子。

あの時はコンサータというお薬でした。

で、最近の朝晩の双子の大荒れがあまりに大変で、
あやうく夫によって子供を施設に入れられそうになったので(実話)、
「施設に入れられるよりは、一緒に暮らしていけるように、
敬遠していたお薬に再挑戦してみよう!」ということになりました。

というか、少なくとも夫以外の、
私と、園長先生と、(夫から連絡を受けた)児童相談所の人は、
「いくらなんでも、いきなり施設に長期入所させるというのは、あまりにも短絡的だ。
その前にまだ出来ること(投薬含む)が無いか、一緒に考えて行きましょう」と、そう考えました。

しかしさしあたってまず、朝晩の双子の大荒れが早急に何とかならないと、
私の精神も体のケガも問題になるので、小児科の医師に相談。

以前、コンサータを処方した(処方しっぱなしの)児童精神科の医師とは別の、
投薬初日にドクターストップをかけた方の小児科の医師です。

私から、家庭での双子の様子をヒアリングして、
私がスマホで録画した、大荒れ時の双子の様子を見て、
「あらー、想像以上にこりゃ大変だ・・・」と、お薬を出してくれました。

それが、リスパダール。

出された処方箋を持って、かかりつけの薬局に走ったのですが
「これはねぇ、そんじょそこらの薬局には置いてないよー」と言われてしまいました。

薬剤師のおじさんいわく、
「コンサータよりもリスパダールの方が古い薬でね、
コンサータはいうなれば『今、売り出し中』の薬だから、わりと置いてあるよ。
でも、リスパダールは値段が高いわりにそうそう売れるワケじゃない薬だから、
ウチも、仕入れては古くなって処分!って何度かやったんだよねぇ。
だから、近くに精神科があるような薬局じゃないと、
リスパダールはなかなか、置いてないんだよねぇ。」と。

で、薬剤師のおじさんは、
リスパダールを置いていそうな近隣の薬局に3件ほど電話をかけて
在庫確認をしてくれたのですが、
やっぱり有りませんでした・・・。

「おじさん、わざわざ確認してくれてありがとう!
この薬を飲んでる(と思われる)お友達のママに、入手先を聞いてみるわ!」
と、かかりつけ薬局を辞し、

息子の同級生のママ二人に入手先を訊いたら、二人とも同じ薬局で入手してました。

そして二人とも、薬局の詳細情報や、リスパダールの在庫確認まで
わざわざしてくれて、ホントもう、至れり尽くせりな、私の頼れる情報源!!!

私、本当に、実家の家族や、友人、支援者には恵まれているなぁ。
ありがたいことです。
いつか、私もこんなふうに誰かのお役に立たなくちゃ!と思わされる瞬間が、
私の毎日には、いっぱい有ります。

こうして、たくさんの人たちに協力していただいたおかげで、
診察当日に、無事、リスパダールをゲット☆することが出来ました。



自閉症児育児 ブログランキングへ

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村



                

テーマ: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) | ジャンル: 育児

服薬初日でドクターストップ!

moblog_2dd300fe.jpg


以下、コンサータ服薬の顛末記、みたいになってます・・・(苦笑)。

①息子達への初めての投薬に心が乱れつつ、

②なんとか上手にゴックンできた錠剤も、

③効果は???な状態で、副作用だけはバッチリ!



服薬したその日の15:30頃から、双子が大荒れ。

2人が大声で泣き喚き、
跳び、
走る!
止まらない!
私、この子達を6年間育ててきたけど、こんなの見たこと無い!

・・・私は、怖い、と思いました。
息子達を。
脳味噌に作用するクスリというものを。

泣き喚きながら体当たりしてくる息子を抱き留め、
背中を撫でてやりながら、
それでも双子で二人も居るから、私の手が足りず・・・。

あー。
早くヘルパーさんが来てくれる時間になってくれー!
と、時計ばかり見ていました。

16:30。
ヘルパーさんが来てくれて、
私の気持ち的には少しほっとしたものの、
それでも双子は変わらずに大荒れ。

双子の普段の様子を知るヘルパーさんとも
「うん、これはやっぱりおかしいよね」と確認しあい、
17:00、療育園の常勤小児科医に電話。

息子達にコンサータを処方したのは、
別の児童精神科医なのですが非常勤のため、
あらかじめ、小児科医にも服薬の件で相談してあったので。

電話に出た小児科医は
私の後ろで泣き喚く子供達の様子にとても驚いていました。

子供達の大声にかき消されそうになりながらも
服薬から今までの詳細を小児科医に伝え、
薬が合ってないとしか思えない、
初日でこの状態だと、もう飲ませるのが怖い、と相談。


私が「飲み続けることで軽減されるものですか?」と尋ねると、
先生は「この薬はね、慣れるものではないのよ。
     合うか、合わないかなの。
     だから、たいちゃん、ようちゃんにこれは合わなかったんだと思う」

そして先生は「これ(コンサータ)は、止めましょう」と。

まさかの、服薬初日でドクターストップ。

まぁ、そうなりますわな。こんな大荒れの状態になるようでは・・・。


私 「先生。じゃあ、この2人の大荒れは薬が抜けるまで・・・?」
先生 「そう。効果が切れるまで、あとちょっと。お母さん、頑張って!」と
電話は切れました。


えーと、飲んだのが朝の7時だからー、
うん、もうちょっとで12時間。
ヘルパーさんと励まし合いながら?過ごしました。

ヘルパーさんが帰る18:30頃には、すっかり落ち着いて
いつもの息子達に戻りました。

ただ、副作用で減退する食欲は、当日中は戻らないままでした。


コンサータって、体に合う子には、すごく良いらしいんですけどね。
落ち着きが出たり、集中力が増したり、
お友達とも仲良く穏やかに過ごせるようになったり。

残念ながら、今のウチの子達には著しく合わなかったんですね~。

いつも以上に落ち着きが無くなり、
衝動性が増して脱走を企て、
おまけに副作用の食欲減退だけはバッチリ出ちゃって。

私の判断でコンサータを飲ませたのですが、
息子達には可哀想なことをしてしまいました・・・。




自閉症児育児 ブログランキングへ

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村



                    

テーマ: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) | ジャンル: 育児

コンサータ錠を飲んでみて・・・

moblog_2dd300fe.jpg

朝、7時に初めてのコンサータを飲んでみて、息子達がどうなったか。

朝、9時頃。
「なんかいつもよりも、独り言をよくしゃべるなぁ」と感じました。
シャープとか、東芝とかのメーカー名。
コマーシャルのセリフ。
Eテレの番組の歌やセリフを断片的に。

10時、登園。
服薬の件を担任の先生達に伝え、
副作用で給食の食欲が落ちるであろう旨も伝えました。

給食後の12:30にお迎え。

「お母さんとの分離が辛くて大泣きした後も、
いつもとは違って、気持ちを立て直せないままでした。
動きに関しては、いつも以上にハイパーアクティブでした。
三輪車の上に立って、柵から身を乗り出そうとしていて
(また脱走されるかと)ヒヤリといました。
いつもはお替わりする給食も、
今日は一口、二口しか食べられませんでした」とのこと。

おや?
やはり、薬の効果は真逆に出ていないだろうか?

求めている効果は出ず、むしろ真逆に。
副作用だけは、ばっちりと。

帰宅後、次男だけは14時~15時まで昼寝。

あれ?
薬が効いていると『なかなか寝ない』と聞いていたけど・・・?

起きる時はいつも通りスッキリと起き、ほっとしました。



さぁ、ここから
薬が切れるまでの数時間が、本当に大変なのでした。




自閉症児育児 ブログランキングへ

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村



   

テーマ: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) | ジャンル: 育児