嘔吐の気配【次男の場合】

知的障害のある自閉っ子が体調不良を訴えることの難しさについては、
以前も書いたことがありますが、→ ☆

今回のインフルエンザではちょっと進歩した姿が有ったので、書こうと思います。

リビングに二つ布団を敷いて、そこに双子を寝かせていたのですが、
咳がひどくて、熱が高くて、嘔吐することが多かったので、
枕元に、嘔吐の備えて吐瀉物受け用に容器を置いておきました。

そうしたら、知的に遅れが大きくて手のかかる次男でも
吐きそうな気配を感じたら、ずぐに自らちゃんと起き上がって
私が差し出す容器を手にして、ちゃんとそこに吐くではありませんか!

吐くまでに多少の余裕がある時には、
「ゲー、出る・・・」と言葉で言ってくれたりもしました。

ビックリ。
ようちゃん、そんなこと出来るようになってたのね。
ママ、感激。

なんだか、以前と比べて嘔吐対策がとっても楽になりました。


以下のいずれかのボタンを押して下さると、
私のインフルエンザ看病疲れが少し癒える・・・かもしれません。
(*^-^*)

いつも来て下さって、ありがとうございます。


にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村


自閉症児育児 ブログランキングへ



     

テーマ: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) | ジャンル: 育児

次男の二度目の熱性けいれん!

まず、今回のインフルエンザは次男の熱性けいれんで始まりました。
1/11(木)の明け方、3:40頃。

もともと、睡眠障害持ちの双子なので、この時間に目覚めることは、
まぁごく普通ですが、
私としては、この日は朝まで次男にしっかり眠って欲しかった!

なぜならこの日、私と次男は
ちょっと遠方のテーマパークに初めての一泊旅行に出発する予定だったので。


混んでいる人気のテーマパークなら絶対に無理だけど、
空いていそうなテーマパークなら、面倒くさい次男を連れていても初挑戦できるかも☆と、
期待を込めて、(私が)年末からず~っと楽しみに企画していた一泊旅行でした。

その楽しみにしていた旅行の出発5時間前に、次男が、いきなりの熱性けいれん!(涙)。

普段はとてつもなく丈夫なのに、その発熱って一体どういう確率?!
ムキー!(怒)。


ちなみにこの時、一泊旅行に備えて
長男は一足早めに二泊のショートステイに出しておりまして、
次男は自宅で一人っ子状態でした。

3:40頃、次男は起きて私の布団に潜り込んできたのですが、
私の足に絡めてきた次男の足が、なんだか妙に熱かったので、
私はその時、『湯たんぽのせいで、こんなに熱いのかな?』と、
発熱よりも、低温やけどの方を心配しました。

半分寝ぼけた私がトントンしながら、
「ようちゃん、まだ夜中だから寝なくちゃ。
朝になったらママと一緒に遊園地、行くんでしょう?」と言い聞かせようとするも、
次男は、
「ゆうえんち、行かないの~」と答える。

あら、ようちゃん、遊園地、行かないの?
なんだか、つれないわね・・・。

私はめげずに
「そんなこと言わないで、ママと一緒に遊園地行こうよ~。まだ寝ようよ~」
と、次男を二度寝に誘ったのですが、
その直後、私に寄り添ったまま、
腹ばいの状態でけいれんを始めた次男でした・・・。

次男がけいれんを始めた直後は、ふざけているのかと思ったのですが、
1~2秒ですぐに『これはふざけてるんじゃない! けいれんだ!』と理解しました。

長男と次男。
双子のトータルで言えば、私にとっては、これで四度目の熱性けいれん。


だから熱性けいれんに関しては、経験豊富と言えるはずだけれど、
その都度、年齢が違うからか、毎回、けいれんする子供の様子が違います。

それにきっと
どれだけ回数を重ねても、けいれんする子の様子に、親が慣れることは有りません!

私は毎回、激しく動揺します。
心細くて、不安で不安で、泣きたくなります。

ただ、何度も経験しているので
ここで泣いてもどうにもならないことが分かってるから、泣かないだけ。

次男がふざけているのではなくて、けいれんだと分かってからは、
私の寝ぼけも吹っ飛んで、
けいれんする次男のおでこに手を当てて、現在の体温を確認。

うん、今は体感だとまだ37度台。
でも過去の(長男の)経験から推測すると、きっと、これから急に熱が上がる!
私が、しっかりしないと!!!

引き続き観察をしていたら、うつぶせの次男の体はピーンと硬直した状態で、
今回は初めて、次男の顔の筋肉は、緊張と弛緩を繰り返していた。
断続的に、リズミカルに『クシャおじさん』みたいになっていた。

可愛い我が子ながら、その異様な様子は、涙が出そうに怖い・・・。

けいれんしている時間は、親にとってはとてもとても長く感じるのだけれど
うちの子の場合は、時計で確認するとせいぜい、1~2分といったところです。

今回はけいれん後の嘔吐も無く、チアノーゼも無く、
ただ大きないびきをかいて、爆睡していった次男でした。

熱は、数分ごとにぐんぐん1度ずつ上がっていき、最終的には41度まで上がりました・・・。


そしてその日のうちに、インフルエンザA型が確定したのでした。


その後の二日間は少し熱が下がっても
『ふいに時々、首を2~3回、ふるふるっ!と振る』という症状がとても心配でしたが、
完全に熱が下がった今日は、それも無くなりました。


インフルエンザは、最初の二日間ほどがとても大変ですね。
三日目になると、もうすっかり熱も下がって元気で、
寄れば触ればケンカしている双子です(苦笑)。

出校停止が解けるまで、まだもう少し。
母は頑張らないといけません。


楽しみにしていた旅行に行けなくなった私を不憫に思って、
実家の父が、心配して電話をくれました。
「お父さんは、もう何もしてやれないけど。
がんばれよ。」って。

父の、その気持ちだけでとても嬉しいです。


あと数日、インフル双子の相手を頑張ったら、またお見舞いに行くからね。
お父さんも頑張ってね。


以下のいずれかのボタンを押して下さると、
私の更新のモチベーションがちょっぴりアップするかも知れません。(*^-^*)

いつも来て下さって、ありがとうございます。


にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村


自閉症児育児 ブログランキングへ



     

テーマ: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) | ジャンル: 育児

初めての「双子が揃ってインフルエンザ」

当ブログのタイトルは、「双子が揃って自閉症。」ですけれどもね。

双子を8年育ててきて、今まで経験したことが無かったのですが、
ただいま、「双子が揃ってインフルエンザA型」という悲惨な状況です・・・。

インフルの予防接種については、過去に病院で悲しい出来事もあって、
おまけにわからんちんの双子に受けさせるのはそれはそれは大変過ぎて(-_-;
今年も接種できないで居ります・・・。


とはいえ、
過去、子どもたちがインフルエンザに罹患することは有っても、
一年おきに長男→次男→長男→次男みたいに、なぜか交互でしたので、
がっつりと二人が同時期にインフルエンザ!ということは無かったのです。

不思議と(というか実は秘策がありまして)、
家庭内でインフルエンザが移ったことは無かったのです。

しかし、例年に比べてインフルエンザの流行の早い今年は!

初めての双子、同時罹患!という初めての憂き目に今現在、遭っております・・・。
笑っちゃうぐらいに、全くの同時!
ほぼ同じ時間に、それぞれが発熱!
遺伝的にほぼ同じ、双子だから!?(泣き笑)

長男はショートステイ先で。
次男は自宅で。

おそらく二人同時に、小学校かデイでインフルエンザをもらってきたのでしょうね。
さすがにそれじゃあ、いつものインフル同時感染予防の秘策も、役には立ちません・・・。


二人同時のインフルエンザは初めてですけど、二人を看病するのって結構大変ですね。

「ジュース飲む」だの「お茶飲む」だの「うどん食べる」だの「ゲー、出る」だのという、
患者からのリクエストはいつもの何倍も増えるし、

高熱のあまり、水分を飲んだ後、数分で『飲んだ分以上の量の嘔吐』されたりするから、
洗濯物もやたらと多いし、

二人とも40度とかの高熱で、かたときも目が離せないにも程があるし、

リビングに布団を二組持ち込んで、
リビングに二つあるうちの一つの明かりは煌々と点けっぱなしで、
私はコタツで仮眠。

子どもたちの少しの異変にもすぐに気づいて対処できるように、臨戦態勢。

コタツで仮眠の私は、
テレビは点けずに静かな明るい部屋で、まんじりともせずに朝を迎えました。

もちろん、自分自身が感染しないように意識しつつの看病です。
まぁ、正直言って「移らなかったらラッキー☆」ぐらいの気持ちで、やってます。



・・・もう、山は、越えたと思います。


私にとっては大いなる受難であった「双子が揃ってインフルエンザ」でしたが、
ありがたいことに、
そんな中にも、気づけた色々なことがありました。

それはまた後日、落ち着いて書きます。

っていうか、書けるといいな。
書きたいことが多すぎて、忙しすぎて
書き忘れちゃうことも多いのよね~(笑)。


いつも来て下さって、ありがとうございます。

インフルエンザの山は越えた!と思っていますが、
解熱剤の効果が切れるとまだ40度近く熱が上がってしまいます・・・。
昨夜は久しぶりに穴が開くほど、双子の寝顔を観察しました。
それは、またしても熱性けいれんも起こしたからです・・・。

あー、もうホント、心配のタネが尽きない育児です(´Д`)


にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村


自閉症児育児 ブログランキングへ



     

テーマ: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) | ジャンル: 育児

メンタル由来の発熱

長男は時々、精神的に不安定になると微熱を出す傾向があります。
私がそれに気が付いたのは、双子が5歳ぐらいの時だったと思います。

今はもう利用していないショートステイ先が有って、
そこは2~3回お世話になったのですが、
そこに行くと決まって発熱するので「あれ?」と思ったのが最初でした。

昨日、デイサービスから「たいちゃん、微熱です」とメールで連絡が来ました。
やっぱりかー。
昨日の朝、珍しく自分から次男にちょっかいをかけていて、
ちょっといつもと様子が違っていた長男でした。

デイサービスのスタッフさんと、長男の様子をお互いに情報交換して、
「うん、やっぱりメンタル由来の発熱だよねー」と双方納得しました。


そういえば、次男が帰宅した日から長男はずっと様子がおかしいとも言える。
長男が不安定なのは、やはりそこからだ。

毎日毎日3時、4時、5時に起きたり、
いつもはしないのに、ひたすらにオモチャを床に並べてもいた。
(それをどけても怒ったりパニクったりはしないのはありがたいけど)

ウォークインクローゼットの引き戸は開けっ放しを許さず、いちいち閉めるし、→ ☆
次男に対して、他害もある。

まぁ、他害についてはお互い様というか、次男からの方が圧倒的に多いけど。



5ヶ月ぶりに双子が相方が帰ってきて、今まで一人っ子生活を満喫していただけに
長男にとっては精神的な混乱が大きいのだろうなぁと思います。

まぁ、分からないでは、無い。

しかし、我が家の支援の専門家達(通称:ドリームチーム)の方針として、
先日の支援会議で出された喫緊の課題は、
「次男の発達の底上げ」 「次男の自己肯定感をいかに高めるか」だというのに、
落ち着いていたはずの長男の方も、ちょっとこのままではいけない感じがしてきました・・・。

う~ん。
長男も次男も、難しい子達だわ・・・(悩)。
あちらを立てればこちらが立たず。
自閉双子育児は難しい~!


とりあえず、年末年始は例年通り、
我が家では夫と私で双子を山分けして、それぞれの実家で過ごすので、
そこで長男の様子を注意深く見て過ごそうと思います。


以下のいずれかのボタンを押して下さると、
私の更新のモチベーションがちょっぴりアップするかも知れません。(*^-^*)

いつも来て下さって、ありがとうございます。


にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村


自閉症児育児 ブログランキングへ



     

テーマ: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) | ジャンル: 育児

お菓子が入ってたブーツ

15141574900.jpeg


お菓子が入ってたクリスマスのブーツ。
二人分なので、ちゃんと一足になりました♪

これ、子供なら絶対に一度は履いてみようと試みますよね~。
私も大昔、やった記憶があります。

当然のことながら長男もトライしていましたが、もちろん入らず諦めてました(笑)。
いやいやいや、キミどー見ても、入るわけ無いってば!

でも、やる。
一応ね。
これって子どもならではお約束だー( *´艸`)
クリスマス、あるあるネタ。



こんななにげないクリスマスの出来事も、
記憶力の良いこの子が大人になった時に、
クリスマスの楽しい記憶として、彼の心をあたためてくれたらいいなと思います。



以下のいずれかのボタンを押して下さると、
私の更新のモチベーションがちょっぴりアップするかも知れません。(*^-^*)

いつも来て下さって、ありがとうございます。


にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村


自閉症児育児 ブログランキングへ



     

テーマ: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) | ジャンル: 育児